赤ちゃん連れの花火大会は大変!いつから一緒に楽しめる?

夏の楽しみと言えばやっぱりお祭りに花火大会ですよね♪私は毎年お祭りで屋台を楽しんだり、花火大会で綺麗な花火を観るのが大好きでした(^^)

でも出産をし、その夏はさすがに小さな赤ちゃんを連れて、人の多いお祭りや音の大きい花火大会に連れて行くのは難しかったので、初めて「夏の最大の楽しみ」である花火大会を我慢しました。

我慢といっても、大切な子供の事を思うと苦ではなかったんですけどね。でも子供が1歳を過ぎた夏!すごく悩みましたが大好きな花火を一緒に見たいと思い、花火大会に行ってきました♪

その時に経験した「大変だったこと」や、子供と一緒に花火大会を楽しめるのはいつからなのかについて、お伝えしていきたいと思います。

同じように、花火大会が大好きで、でも赤ちゃんを一緒に連れて行くのもなぁ…と悩んでいるママさんは、ぜひ参考にされてみてくださいね。

スポンサードリンク
  

1歳の赤ちゃんを連れての花火大会で大変だったこと

覚悟はして行ったものの、想像以上に「小さい子供を連れての花火大会」は、大変で疲れてしまいました。

花火大会の会場は身動きが取れない

花火大会って、本当にすごい人で溢れかえっていますよね。小さな子供と一緒に行くと、今まで以上にその多さを実感します。

みんなシートを敷いて場所取りをして。ある程度の時間になると、規制がかかりその場から動けなくなります。

でも小さな子供って、長い時間じっとしとくなんて難しいですよね。私の子供も何度もハイハイして脱出しようとしたり、好きなように動けずグズってしまったり…

小さな子供を連れて、動けない状況で長時間そのままでいるのは本当に大変でした。

花火の大きな音で泣く

小さい子供にとって「花火の音」って、想像以上に大きくて、迫力もありビックリしちゃいますよね。

もちろん平気な子もいると思いますが、私の子供は花火の音はアウトでした。打ち上がるたびにビックリして泣いて、でも立ってあやすことも出来ず…

周りの人も花火を楽しみに来ているのに、子供の泣き声が響き渡って。

幸い周りの方が優しかったので良かったのですが、よく思わない人や、親としても周りの目を気にして疲れてしまいました。

花火大会の会場では簡単にオムツが替えられない

花火大会って、隣近所の人たちと結構密集しますよね。そんな中子供がオムツを汚してしまった時…

屋台のお料理を楽しんでいる周りの方がいるのに、その中でオムツなんて替えれないですよね(><)

さらには子供本人は、気持ち悪くて泣いてしまって。

結局おむつを替える事もできず、子どもには我慢してもらい、かわいそうな事をしてしまいました。


スポンサードリンク

子供と一緒に花火大会を楽しむために

花火が綺麗と理解しながら見るのは、幼稚園に入る頃の夏くらいだと思います。その時期に見に行けば、子供も親も楽しめますよね(^^)

でも下の子がいるとか、私みたいに早めにデビューする場合は「観覧場所は遠い所から!」をオススメします♪

遠い所だと花火の音もそこまで大きくなく、赤ちゃんへの耳への負担も小さくなると思います。そして遠い所だと人もまだ少なく、席を外したい時に外せやすかったり、帰る時もすぐに出ることが出来ますよ!

赤ちゃん連れでの花火大会のまとめ

「どれだけ工夫をしても、赤ちゃんを連れての花火は大変!」ということを、まずは頭に入れておくといいかもしれませんね。

「幼い子供を連れて、花火大会なんて…」という方もいらっしゃると思いますが、考え方はそれぞれだと思うので「大変な事や危険な事もある」という事を忘れず、目を離さずお子さんと一緒に楽しめるといいですよね(^^)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント