一年生になっても毎朝泣いて通学…子供の不安を取り除くには?

小学生にワクワクしながらの入学式が終わり、本格的に一年生としての生活が始まりましたね。

今まではママさん・パパさんと一緒の登園だったのが、これからは一人で行動することに。

お子さんの気持ちはワクワクとドキドキとがいりまざった、複雑な感じなのです。うれしいようなはずかしいような…

朝、元気にそして笑顔で

「いってきます」
「いってらっしゃい」

と送ってあげたいものです。それなのに、なぜだか毎朝泣いてしまって困っています。そんなママさんはいらっしゃいませんか?

きっとお子さんの中に何らかの困りごとがあって、それを取り除いてあげることが必要っていうサインなんですよね。

この記事でお伝えしたいこと

  • 泣いてしまう理由は何?お子さんのお話から困りごとのヒントがあるかも
  • 担任の先生とママさんとのコミュニケーションはとれている?
  • 我が家の経験からのアドバイス

っていうことについて、お伝えしていきますね。

スポンサードリンク

朝泣いてしまう理由 子供との会話から見えてくることも

お子さんは学校での出来事を家に帰ってお話してくれますか?

お話の中にかたよりがあったり、何か違和感を感じたりしたことは、ありませんか?

その違和感こそがお子さんの困りごとかもしれませんよ。

学校でのお話をあんまりしてくれないとき

学校であったことを聞いても、お話をあまりしてくれないというお子さんの場合。

実はそんなとき、困りごとがあってもどう話していいのかが分からないっていう可能性もありますよ。

まずは、あせらずにゆっくりとお子さんとお話してみましょう

  • 何か学校で困っていることはない?
  • お友達はできた?
  • お勉強で分からないところはない?

ママさんから聞いてあげることで、お子さんも「そういえば…」とお話してくれることがありますよ。

もしも悩みを話してくれたら

もしお子さんがお話してくれたら、ママさんで何かできることを探してみましょう。

お友達関係ならば、そのお友達とお話してみたり、担任の先生にお話してみることをおすすめします。

ママさんが何らかの行動を起こしてくれることが、お子さんにとって励みになると思いますよ^^b

家庭と担任の先生とのコミュニケーション

先程もお話しましたが、今のお子さんの様子を学校の担任の先生にお話してみてはどうでしょう?

担任の先生に相談してみることで、担任の先生から見て何か思われることがあるかもしれません。

担任の先生とお話ししておくことで、普段の学校生活の中でちょっと気になるようなことがあるときには、お子さんに対して何か声がけをしていただくことができて、お子さんが安心できるということも実際にありました。

些細なことでも、お子さんの事で何か気がついた事は、先生と情報共有しておくことがポイントになります。


スポンサードリンク

我が家の娘の場合の体験談

わたしの子どもの場合ですが、小学校に入学してからしばらくの間、子供が自分では「学校には行きたい!休まない!」と言っているのに、朝起きることができない日々が続いていました。

そこで、話をじっくりと聞いてみると、私から毎朝のように言われる

「集合時間に間に合わないよ!」
「おくれるよ」

このような言葉を言われるのがイヤだったそうです。

そこで、起きる時間を少し早くして時間に余裕を持たせたことで、朝の渋りはおさまりました。

あとあとでわかったことですが、どうやら娘は集合場所に一番に着くことにこだわりがあったようです。

一年生になっても毎朝泣いて通学・・・のまとめ

困りごとの原因が分かってしまえば、あとは親身になって一緒に解決の方法を考えてあげればよいのです。

ママさんからみたら何でもないようなことでも、お子さんからしたらとても大変なことのように思ってしまっているなんてことはよくある話です。

普段からできるだけたくさんお話をして、お子さんの声を聞いてあげてくださいね

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント