フローリングを掃除してもホコリが!床をキレイに保つ簡単な方法

この記事は約3分で読めます。

フローリングの床を毎日掃除をしているのに、何故だかほこりが見えてしまう。
掃除をしたのに、ほこりが残っていると感じることはありませんか?

赤ちゃんがいるおうちでは、特に「目に見えるホコリ」には、神経質になってしまいますよね。
「ちゃんと掃除してるのに、どうしてなのだろう?」
「このほこり、いったいどこから出てくるんだろう?正体はいったい何なの?」
「もしかして、私の掃除のしかたが間違っているかも…」
そんな疑問や悩みをお持ちのあなた。

フローリングのお掃除をした後に、どこからともなく出てくるホコリに悩まされなくなる、効果的な掃除の方法を見ていきましょう。

スポンサードリンク

フローリングに転がるホコリの正体

ほこりって、実は「私たちの体」から出ていることをご存知ですか?

「え~?髪の毛はわかるけど、ほこりって体にないですよ!!」とか、「私、ちゃんと毎日お風呂にも入って清潔にしてるし!!」と思われますよね。

でも!体から落ちてほこりになるのは、何も髪の毛やフケだけではないのです。
実は、あなたが毎日着ている服やタオルなど布製品から、少しずつ「糸くず」などが発生しているのです。

その糸くずが空中を舞っていて、ゆっくりゆっくり落ちてきたものが「ほこり」となっているのです。


スポンサードリンク

ほこりを出にくくするための効果的な掃除の方法

生活をしている限り、完全には防ぐことの出来ないホコリ。
この「ホコリ」をできるだけ少なくするための、効果的な4つの掃除の方法がありますよ。

1.朝一番のフローリングワイパー

ほこりは、私たちが寝ている間に床に落ちてきます。人が歩けば、床のほこりは空中に舞い上がってしまいます。

なので、家族が起きてくる前に、床にたまったほこりをそっと取り除いておくと、あとあとのお掃除が楽になりますよ。

2.床にあるものはできるだけ片付けて掃除機をかけましょう

掃除機をかける前に、床にあるものを取りのぞいておくことも大切です。

物を動かしながらの掃除機がけは電気代の無駄です。それに、物を動かしているときにほこりが空中に舞ってしまい、ぜっかくお掃除をしているのに、肝心のほこりが掃除機の吸い込み口に入らないことになりかねませんよ。

3.フローリングの板目に添って掃除機を動かしましょう。

フローリングワイパーだけでは、フローリングの板と板の間にある「溝のほこり」までは取ることができません。

掃除機で効果的に取り除くには、板目に添って掃除機をかけるのがおすすめです。

これを意識して掃除機がけをするだけでも、ほこりの取れ具合が全然違ってきますよ。

4.フローリングワイパーで仕上げ

さいごにフローリングワイパーをかけて、おしまいです。

いきなりの掃除機掛けよりは、フローリングワイパーをかけてからの掃除機掛けをした方が、一度の掃除でほこりをたくさん集めることができますよ。

フローリングにホコリが目立つ!掃除しても出てくる!のまとめ

「毎日掃除をしても出てくる、ほこりの正体と効果的な掃除のコツ」ということでお伝えしてきました。

少し方法を変えるだけでホコリが少なくなるのでしたら、試さない手はありませんね。ご紹介してきた内容を、さっそくあなたのお掃除に取り入れてみてくださいね。すぐに効果を実感できるハズですよ!

フローリングのホコリを見て、毎日のうんざりする気持ちから、少しでも開放されるお手伝いになれましたら嬉しく思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント