フロントガラスの水垢や油膜の除去!簡単で効果抜群の方法は?

雨降りの日や、夜の運転のときに、フロントガラスがギラギラして、前が見にくく感じたことのある方いらっしゃいませんか?
子供を乗せて運転しているときにこんなことになってしまうと、とっても怖いですよね!

これはフロントガラスに付いた「水垢(みずあか)」や「油膜(ゆまく)」が原因なのです。
前が見えにくいと、車の運転に影響し、事故のもとにもなりかねません。

きれいなフロントガラスで、安全で楽しいドライブを手に入れませんか?

水垢落としは、実は家庭にある身近なもので簡単に落とすことが出来るのです。
みなさんも挑戦してみてはいかがですか!

スポンサードリンク

車のフロントガラスにつく水垢って何?

水垢ってよく聞く言葉ですが、みなさんは「その正体」が何だか知っていますか?

実は、水垢とは、水道水に含まれるミネラル分やカルシウム分などが、蒸発できずに残って固まってしまったものなのです。

車のフロントガラスについた水垢は、家の中の水垢よりも頑固なのですよ。
雨の中にはほこりやチリが混ざっていて、同じ水でも水道水よりも圧倒的に汚いんです。

車のフロントガラスにつく水垢には不純物がいっぱい

  • アスファルトの油がタイヤにはじかれて、フロントガラスに飛び散ったり
  • 車のワックスの成分が雨に流されて、フロントガラスにくっついたり
フロントガラスの汚れって、こんなにもいろんな成分がこびりついているのです。

雨で濡れたあとそのままにしておくと、水垢がどんどん蓄積されて、落としにくい頑固な汚れになってしまうんですよね。

身近なものでフロントガラスの水垢や油膜を落とそう!

フロントガラスの水垢や油膜を落とすには、昔ながらの「新聞紙を使った窓磨き」がおすすめです。

新聞紙をおすすめする理由は

  • 新聞紙についているインクが、油分を落とすのに効果的
  • 新聞紙の繊維がフロントガラスに残らないので、拭き上げが楽チン
このような理由で、新聞紙をおすすめします。

新聞紙に含まれるインクの油分が、汚れになった油分を分解する性質があるので、簡単にきれいになるのです。

新聞紙の繊維は、タオルで拭いたときのように残らないので、拭き上げたときにストレスになることがありませんよ。


スポンサードリンク

新聞紙を使った水垢落としの方法は

まず最初に、バケツに水を入れて用意しておきます。
新聞紙はあらかじめクシャクシャにしておくと、あとの作業が楽ですよ!

クシャクシャにした新聞紙をバケツの水で濡らして、ギユッと絞ったら、フロントガラスをこすります。

ひととおりこすり終えたら、乾いた新聞紙で拭き上げると、フロントガラスがピカピカに!

タオルを使って磨くのと違って、ガラスに繊維が残らないので、拭きあとが残ってイライラしなくてすみますよ。

フロントガラスの水垢や油膜を除去する!のまとめ

「フロントガラスに付いた水垢を落とすには、新聞紙が効果的!」ということでお伝えしてきました。

特別に用意しなくても使える新聞紙は、お手軽で簡単です。特別な洗剤を使うのではないので、手あれの心配も要りませんね。

きれいなフロントガラスで、気持ちよく安全なドライブが出来ますように、普段から心がけるようにしましょうね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント