赤ちゃんへの日焼け止めはいつから?選び方や塗り方のポイント

毎日毎日、炎天下の中、移動するのが辛い日が続きますよね。

こんなに暑くて日差しも強くて、紫外線に体中が晒されているにも関わらず、私は、日焼け止めとか紫外線対策をせずに日焼けしまくりですが。

でも最近は、赤ちゃんも日焼けを気にするような時代になってきたのですね。

確かに、オゾン層が破壊されて紫外線B波が原因で

  • 肌の炎症を起こしたり
  • 皮膚がんのリスクを増大させたり
なんて言われていますから、これからのお子さんは、紫外線対策を小さいうちからしておかないと怖いですよね。

そこで今回は

  • 赤ちゃんへの日焼け止めって、いつから使っていいの?
  • 赤ちゃんに使っても安心安全な日焼け止めの選び方
  • まだとっても敏感な赤ちゃんの肌に、日焼け止めを塗るときのポイント
っていうことについて、お伝えしていきますね。

スポンサードリンク

赤ちゃんの日焼け止めはいつから塗っても大丈夫なの?

とても薄くて敏感肌の赤ちゃん。肌の厚みに関しては大人に比べて3分の1しかなくて、すごくデリケートにできています。

他にも、お肌の水分や皮脂も大人に比べて少ないので、お肌が乾燥しやすくなっています。なので、赤ちゃんの日焼けに関しては、大人よりも何倍も注意する必要があるんですよね。

赤ちゃんへ日焼け止めを使ってもいいのは…

それでは、赤ちゃんに日焼け止めをいつから使っていいのかについてです。

まずは、紫外線に注意する期間については、3月半ばから9月くらいになり、その中でも、朝の10時から14時は紫外線が強い時間帯になります。

特にその期間は、紫外線に注意するとともに、日焼け止めを塗ることを強くおすすめします。

そして、赤ちゃんに日焼け止めを塗ってもいい年齢については、生後3から4ヶ月頃から日焼け止めを塗った方がいいと言われます。

生後6ヶ月を過ぎてからという意見も

けれど、生後6か月が過ぎてから塗った方がいいという意見も中にはあります。

なので、日焼け止めを早くから使う事に抵抗がある親御さんは、赤ちゃんが6カ月を過ぎてから、日焼け止めを使うようにするといいでしょう。

赤ちゃんに安心安全な日焼け止めを選ぶ時のポイント

大人が日焼け止めを選ぶときには、塗りやすさや伸ばしやすさなどで選択しがちですよね。けれど、これが赤ちゃんの日焼け止めとなると、安全性を考慮に入れる必要が出てきます。

例えば

  • 肌への負担が大きいもの
  • 化学物質が含まれている日焼け止め
については使用しないほうがいいでしょう。

日焼け止めを買う前には、成分の表示を見て

成分表表示に含まれないことを確認したい成分
  • 合成ポリマー
  • 防腐剤
  • 合成界面活性剤

これらのものがなどが含まれているものについては、購入を控えるべきです。

オーガニックな日焼け止めクリーム

基本的に「オーガニックのもの」「無香料」「無着色」である日焼け止めを選ぶようにしましょう。

できれば、ノンケミカルタイプで、紫外線吸収剤が含まれていない物を選ぶと、肌の刺激が少なくて安心して使用することができますよ。

赤ちゃん用に使う日焼け止めのSPF

赤ちゃんに使う日焼け止めのSPFの数値に関しては、10から20くらいのものであれば十分です。

大人が使うような、数値があまりにも大きいものにならないように選ぶようにしましょう。

赤ちゃんには落としやすい日焼け止めを

この事に加えて、前もって「その日焼け止めが、落としやすいかどうか」についても確認しておきましょう。

日焼け止めの成分が、長時間赤ちゃんの肌に残ってしまうのはお肌に良くありません。

赤ちゃん向けの石鹸や、ぬるま湯で簡単に落とせるものを選んでおけば、不安なく長時間使用することができるでしょう。


スポンサードリンク

赤ちゃんに日焼け止めを塗る時のポイント

赤ちゃんに日焼け止めを塗るときのポイント
  • 肌を強くこすらず、指の腹で優しく塗り広げるようにしましょう。
  • ムラや塗り忘れのないように、塗り過ぎに注意しながら、少ない量をしっかり伸ばし塗り広げて、再度同じ量を重ね塗りしてください。
  • 長時間の外出の際には、2~3時間おきに日焼け止めを塗り直しましょう。
    汗をかいている場合には、汗を拭きとって塗り直すようにしましょう。
  • 日焼け止めは終わったら、しっかりとシャワーやお風呂で洗い流しましょう。
    日焼け止めの落とし方は、赤ちゃん用の石鹸で落とせる日焼け止めがいいです。
  • 日焼け止めでアレルギー反応が起きないかパッチテストを事前に行ってから使用するようにしましょう。
  • 肌の敏感な赤ちゃんに日焼け止めの使用で、湿疹がでてしまったり、肌が乾燥して肌荒れを起こしてしまっている場合には、いくら、赤ちゃん用の日焼け止めだとしても、塗らない方がいいでしょう。
    すぐにかかりつけの医師に相談するようにしましょう。
  • 赤ちゃんは、塗った日焼け止めをなめてしまう恐れもありますから、なめてしまっても問題のない「赤ちゃん用の日焼け止め」を使用するようにしてくださいね

赤ちゃんに日焼け止めはいつから使うべき?のまとめ

「赤ちゃんの日焼け止めは、いつから?」
「赤ちゃんの日焼け止めを選ぶ時のポイントや塗る時の注意点」

について、取り上げてきましたが、いかがでしたか?

赤ちゃんに日焼け止めは、生後3から4ヶ月経った頃から使用してもいいようですね。日焼け止めの成分に関しては、オーガニックで、無香料、無着色、ノンケミカルタイプが敏感な赤ちゃんのお肌にいいようですね。

でも実際のところ、赤ちゃんも日焼け止めを塗られて、あまり気持ちよくないかもしれませんね。「でもね、将来、美白になるためには、赤ちゃんの頃からスキンケアを欠かしちゃいけないんだよん。我慢しようね!」

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント