子供に静電気がおきやすいのはなぜ?バチッの原因を取り除くコツ

秋と冬は、乾燥の時期ですよね。そして空気が乾燥してくると、厄介なアイツがやってくる…。

そう!厄介者の招待は、静電気です。

  • ドアを開けようとしてバチッ!
  • 服を脱ごうとしてバチッ!!
  • 子供と手を繋ごうとしてバチッ!!!
ムカーッ!ウキーッ!!もう嫌になっちゃいます。泣

特に、静電気は目に見えないという恐怖がまた油断につながって、忘れたときに限って「バチッ!!」ってなっちゃうんですよね~。
子供は不意打ちに弱いし、世のお母さん方は子供を守らねばなりません。

ということで今回は、その憎き静電気について

  • 静電気ってなんでバチッってなるの?その原因を徹底解明!
  • 子供は静電気がおきやすいってホント?
  • 静電気のバチッから子供を守る!除去して防止するおすすめの方法
っていうことについて、詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンク

静電気ってなんでバチッってなるの?その原因を徹底解明!

静電気とは何か簡単に説明しますと、それは「原子」に秘密があります。

原子ってなに?

原子とは何かというと、顕微鏡とかで見ても目に見えない、ミクロやナノサイズ以上にとっても小さい粒です。

そして、この世界にある物は何でも、

  • 酸素
  • 炭素
といった色んな『原子』からできているのです。

もちろん、我ら人間の体もこのとっても小さな『原子』からできているのです。

原子の特性に静電気の秘密が

そして、この『原子』には、

  • プラスの電気
  • マイナスの電気
を持ったものがあります。

石とか木とかの『物』は何でも、この『プラスの原子』と『マイナスの原子』がうまいことバランスをとっていて、お互いのプラスとマイナスを打ち消しあっています。

でも、誰もがやったことがある「下じきで髪の毛をこする」みたいに、2つの物をこすり合わせたりしちゃうと。。。
『プラスの電気』と『マイナスの電気』のバランスがとれなくなってしまいます。

すると、原子から電気が外に出てきてしまうのです。
この『外に出てきた電気』が静電気って呼ばれるものの正体なのです!

静電気が起こる2つの原因

そして、静電気が起こる原因には大きく分けて2つあります。

一つ目は、下じきと髪の毛をこすっておきる『摩擦帯電(まさつたいでん)』です。

そして二つ目は、重なり合ったものが離れるときにおきる『剥離帯電(はくりたいでん)』です。

服を脱いだりマフラーを外した時に、静電気が起こるのはこの「剥離帯電」が原因です。

子供は静電気がおきやすい?

ちなみに、子供は大人に比べて静電気が溜まりやすいって聞いたことがありませんか?
その理由は、子どもは髪の毛が細いから静電気が溜まりやすいことと言われています。

ドアノブを触ったときバチッとなるのはなぜ?

しかし、ドアノブを触ってバチッ!ってなるアレは、摩擦も剥離もしてないですよね?
ではなぜ「バチッ」となるのでしょうか?

人の体にはほんの微量ですが電気が流れており、電気がたまりやすくなっているのです。

そして、服を着たり脱いだりした時の剥離帯電により、発生した静電気が人の体に溜まることがあります。

その体に溜まった静電気が、指先とかで物に触れた時に指先に集中して放電することであの嫌なバチッという現象が起こるのです。

それに、指先には神経が集中しているから、痛みも感じやすいのもポイント!
手のひらで物を触れた時に、手のひらがバチッてなることはないですよね?

それは静電気が1点に集中せずに、手のひらから穏やかに放電されるからバチッとはならないのです。

夏には静電気が起きにくい?

ちなみに夏はほとんどバチッてなりませんよね?

それは、空気中の水分が多い(湿度が高い)と体に溜まった静電気が、空気中に放電しやすいことで体に静電気がたまることがないからなのです。
水は電気をよく伝わりますからね!

逆に、空気が乾燥する冬場は、体にたまった静電気が空気中に放電されにくいから、体に溜まった静電気がバチッてなっちゃうというわけです。


スポンサードリンク

静電気のバチッから子供を守る!除去して防止するおすすめの方法

さて、肝心の静電気の解消法をご紹介しましょう!
比較的痛みがない服脱ぎ脱ぎバチッ!は省略します。

ドアノブバチッ!

まず、家の中でのドアノブバチッ!を解消したいなら、加湿器を家に置くといいですよ。

家の中の湿度を高めれば、静電気は身体に溜まりませんし、手っ取り早い解決法です。

外での手つなぎバチッ!

家の中では加湿器を使うといいですが、外ではそうもいかないですよね。

そんな時は焦らずに、手のひらをどこかしらに置き、身体に溜まった静電気を放電しましょう。

コンクリートの壁でも地面でもいいので、ゆっくり慎重に心配な方は少し長めに手を置いて、子供と手を繋ぎましょう。

あと、静電気防止グッズを使うのもいいです。保湿クリームやコンパクトなキーホルダー型が売っていますので。

ただし、効果には多少個人差があるもようです。いろいろ試してみて、あなたにぴったり合うアイテムを見つけられるといいですね!

静電気除去アイテム 人気ランキング【楽天市場】

これで、「バチッがこわいから」と言って、冬場は手をつないでくれない…なんてことがなくなりますよ!

子供って静電気が発生しやすい?のまとめ

ちなみに、日本海側の地域は比較的湿度が高いので、冬場でも静電気が起きないのだとか。
静電気とは永遠にバイバイしたいなら、引越しをしてみてはいかがでしょうか。笑

あと、くれぐれも静電気で遊んだりしないようにしてくださいね。
静電気のちょっとした火花で引火し火事になる危険性がございますので。

下敷きで頭こするくらいならいいですが、それでもお子さんには是非とも注意をしてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント