子育てで言うことを聞かないとき!爆発する前に効果的な方法とは?

この記事は約4分で読めます。

子育て中のママさん。

子供がママの言うことを聞いてくれなくて、毎日イライラしていませんか?

わたしも同じ、毎日言うことを聞いてくれない子供に、ストレスもたまって爆発寸前でした。

イライラしていて、つい子どもに当たってしまって、子どもは泣くし、

「わたしだって泣きたいの!!」

全てが悪循環でした。

スポンサードリンク

子供が言うことを聞かないときには無視してみると効果的!?

「子供が言うことを聞かないときには、無視してみると効果的」

こんなこと聞いても「え?どういうこと??」と思われますよね。

  • 言っても聞いてくれないのに無視なんかしたら、ますます聞かないよ。
  • 逆に子供はよろこんで、遊びまくるのでは?
と感じられると思います

私自身が、そんな言葉を最初から知っていた訳ではありません。

いつものように何度言っても言うことを聞いてくれないので、わたしが疲れてしまって、結果言うことをやめてしまったのでした。

「プチストライキ」のつもりで、子供のことを知らんぷりしているだけ…でした。

すると、気がつくと、わたしは何にも言っていないのに、子どもが自分で動き始めたのです。

不思議ですが、あれほど口うるさく言っていても知らん顔をしていた子供が、わたしが言わないと動くのですから。

子供を叱らずに無視した結果待ってあげることに気が付いた

そのことを、連絡帳で保育園の先生に報告したところ

「待ってあげることによく気がついてあげられましたね」

とお返事をいただきました。

そのときに気がついたのですが、実は子どもにも「動けるタイミング」があるようです。

大人にも、何かものごとをやろうとするとき「動けるタイミング」ってありますもんね。

子どもも、ママの気持ちは分かっているんですよね。きっと。

でも、動けない訳があるのです。

「ここまで遊んだら…」
「あともう少しだけ…」

その気持ちが上手に表現できなくて、それがママさんから見たら困った行動になっている可能性があるのです。

子供を叱らずに待つことは想像以上にとてもしんどい

「わたしが何も言わずに動くのを待ってあげれば行動を起こしてくれる」

そう思って、その日から口うるさく言うことをやめてみました。

でも、実際にやってみるとわかるのですが「じっと待つこと」は、想像以上の忍耐が必要です。

正直わたしは、黙って待っていながらイライラして、ストレスがたまって爆発しそうでした。

そんな時、やっと子供が行動を起こしてくれたので、その場はなんとか爆発をまぬがれて、ということの繰り返しでした。。

こんなことの繰り返しで、わたしのこころが折れそうになり

「このままでは、わたしがどうにかなりそうです」

って、先生に相談をしてみました。


スポンサードリンク

子供が次に頑張れるためにママができること

そのときに、先生がアドバイスしてくれた言葉

私が救われた先生からの言葉
ママさんが何も言わないと、子供は

「ママどうしたのかな?いつもとちがうね」

と思うのですよ。

そこで、ママさんに言われていた用事を思い出して、やらないといけないって気がついてくれるのよ。

子供がちゃんとできた時に、ごほうびに抱っこしてあげたら

「ママがよろこんでくれた!!」

と子供が思って、次からもがんばれる子になるよ。

そのために、今はつらいと思うけど、あとでたくさん笑うために。

がんばって。

この先生の言葉で、わたしは本当に救われました。

子育疲れのイライラのママに聞いて欲しい言葉のまとめ

みなさんの近くにも、相談に乗ってくれる人はいると思います。

でも、このわたしが救われた言葉で、今同じように悩んだり困ったりしているママさんを助けてあげられたなら。

ほんの少しでも、「大丈夫かも」って思ってくださったならうれしいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント