夜泣きがで暴れるのはなぜ?3歳でさらに激しくなるときの対処法

子育て中の「最初にして最大の悩み」と言ってもいい、「夜泣き」問題。

子どもも大人も、へとへとになってしまいますよね。

「もう!なんで寝てくれないの!!」と怒っていたかと思えば、「泣きたいのはこっちだよ!!」と涙があふれる。

そんな夜泣きで眠れないパパママにむけて、今回は「3歳の夜泣き」についてお話しようと思います。

もう3歳にもなったのに、まだ夜泣きが続く…というか暴れてしまってさらに激しくなってきた。

もしかして、このまま夜泣きが終わらないんじゃ…と思ってしまっているあなたに、ぜひ読んで欲しいと思います^^

スポンサードリンク

夜泣きっていつまで続くもの?3歳になってもなくならないのは変なの?

そもそも夜泣きっていうのは

  • お腹が空いている
  • オムツが気持ち悪い
  • 暑い
  • うるさい
など、はっきりとした起きる理由がないのにも関わらず、泣いてしまうことを言います。

原因がはっきりしている場合はいいのですが、わからない場合困ってしまいますよね。

理由がわからない場合は、

  • 添い寝をしたり
  • 抱っこしてあやす
などで落ち着かせることが多いようです。

夜泣きはいつまで続くのか

この「夜泣きはいつまで続くのか?」には、はっきりとした答えはありません。

ただ、小学校に入ることには終わる子がほとんどのようです。

大方の子は2、3歳までと言われているようですが、それはおそらく「寝ることに慣れてくる年齢」なのだと思います。

眠りが浅いときにふと起きてしまっても、もう一度ちゃんと自分で寝ることができれば、わざわざ泣いて起きる必要がなくなりますよね。

しかし、中には3歳をすぎても夜泣きが終わらない子もいるようです。

では、その原因について考えてみましょう。

★普段の不満
  • 「怒られた」「緊張した」などの生鮮的苦痛
  • 日中の刺激
  • 夜驚症

このようなものがあげられます。

ちなみに夜驚症は「やきょうしょう」と読みます。

まず、普段の不満です。

2~3歳になる、とだんだん自我が芽生えてきます。

自分の思い通りにいかないことがあると、イライラした気落ちになるのは大人も同じことですよね。

その気持ちを日中にうまく発散できずにいると、夜寝ているときにフラッシュバックすることがあるようです。

2つ目の精神的苦痛も似ています。

精神的苦痛というと、すこし大げさかもしれませんが、

  • ママにひどく怒られた日に寝ない
  • パパママがケンカしていると寝ない
  • パパママの期限が悪いと寝ない
など、子どもは案外「パパママのことをみている」ようですね。

3つ目の日中の刺激。

これは年齢に関係なくですが、テレビやスマホを寝る直前までみていた時に、寝れなくなることはありませんか?

子どもは大人以上に、刺激に敏感です。

激しい音や映像によって、うまく寝ることが出来ないようです。

または、普段と違う環境だったり、パパママが緊張する場所に行ったときなども同様です。

最後に夜驚症です。

私自身も、今回初めて知ったのですが「夜驚症」というものがあるようです。

夜驚症とは、深い眠りの時に突然大泣きしながら怖がって起き上がって、泣いたり、叫んだりするそうです。

大人があやしても、なかなか声が届かずに落ち着いてくれません。

疲れ果てて症状がおさまれば、元のようにぐっすり眠るようです。

夜泣きとの違いは、夜泣きは浅い眠りの時に起きるので、対処法として

  • 背中をたたく
  • 電気をつける
などで解決することが多いですよ。


スポンサードリンク

夜泣きがおさまらない3歳への対処ってどうするのが正解なの?

「夜泣きへの対処法」といっても必勝策はありません。

でも、原因と思われる点に注意してみてはどうでしょうか。

「怒らない」や「子供の思い通りにさせる」といったことはなかなできませんよね。

でも、そのストレスをできるだけ日中に発散できるように、外遊びを増やすなどして夜に備えるのもいいですね。

いつもと違う環境に連れていく場合は、少しでも安心できるように「お気に入りのおもちゃ」などをを持って行くのもいいですね。

夜泣きがなくならず3歳になると暴れる!のまとめ

「夜泣きが続くと、精神的にも疲れてしまうし、イライラして子供にあたってしまう」なんてことはありませんか?

そんな時は、自分にご褒美をあげたり、できるだけ子どもと一緒に昼寝をして睡眠時間を確保したり、パパママの健康も維持してくださいね。

「終わらない夜泣きはない」

悩んでいる人はたくさんいると思います。

全国でがんばっているパパママにエールを送っておわりにします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント