子育ての中でも2歳はしんどくてイライラも限界!壊れない為の解消法

何もできなかった子供も、2歳になるとだんだんと1人で出来る事が増えてきて、少し手が離せて楽になる時期ですよね。

でもそれ以上にストレスの溜まる時期でもあるんです!

この時期になると

  • イヤイヤ期がきたり
  • トイレトレーニングを始める時期だったり

他にもいろんなしんどいことが重なって、ストレスも溜まるばかりです。

可愛い2歳児なはずなのに、気付けばイライラしてしまって「私はこんなにイライラするタイプだったかな?」と思うほどイライラしてしまう事が増えていました。

そんなとき、「もうストレスで壊れてしまいそう!」なんてなってしまう前に試してもらいたい、イライラの解消法をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク
  

2歳児の子育て どういう時にイライラする?

そんなストレスの溜まりやすい2歳児の育児。では実際に、どんなところにイライラしてしまうんでしょう?

全然言うことを聞かない

よく耳にする「魔の2歳児」という言葉…

その意味が、わが子が2歳になったとたん分かりました。

イヤイヤ期の到来です!!!

このイヤイヤ期っていうのは、成長の過程のひとつ。

子供が成長していく中で大事な時期なのに、子供は何を言っても

  • イヤ!
  • 反抗する
  • 怒る
  • 泣く

親である私も、そんな子供に

  • イヤイヤ
  • プンプン
  • イライラ

子供の自己主張の激しさに、私も受け止める余裕がどんどんなくなり、ついつい怒ってしまい、「嫌だよね、うんうん」と話を聞くことすら出来ず…

本当に1番イライラしていた時期でした。

何度も同じことを繰り返す

この時期になってくると、言葉への理解もだいぶ出来てくるので、子供との会話も楽しくなる時期!

でも逆に期待しすぎてしまう事もあり、私の言っている事を理解している(はず)なのに

「どうして同じ事をするの?」
「どうして何度も同じ事で怒らせるの!」

と思ってしまいイライラ…

でも、よくよく考えてみれば、まだたったの2歳。

それは分かっていても、毎日同じ事をされるとイライラしてしまうんですよね。

なかなかうまくいかないトイレトレーニング

2歳になると、そろそろ「トイレトレーニング」の事を考え出す時期ですよね。

私の子供は、嫌がることなくおまるには座ってくれるけど、もちろん最初のうちは出ることもなく…

ちゃんと座ることから練習し、徐々にトイレでおしっこも出るようになるけど、いつもトイレに行かずに出てしまって「でちゃった」と事後報告ばっかり。

毎回「次はトイレでしようね」と声を掛けてもなかなか。

「毎日毎日、何回トイレに連れて行ってるだろう?」と思うくらい、頻繁に子供をトイレに連れていくことに疲れを感じたり。

「いつになったら出来るの?」と、先が見えなくなったり、失敗するたびにイライラしたり…

まずは「自分が覚悟を決めて始めないといけなかったな」と後悔しました。


スポンサードリンク

2歳児の子育て イライラの解消法

そうやって、どんどん溜まっていくイライラとストレス。

「もう限界!」
「子育てなんかしたくない」
「逃げ出してしまいたい」
と思ってしまう前に、ぜひ試して欲しいイライラの解消法をご紹介したいと思います。

少し時間を置く

「私って今イライラしているな」と感じるときには、少し子供から離れて1人になってみます。

もちろん1人で子供を見ているときには出来ないので、夫がいる時限定ですが。

きっと「今この状態で一緒にいたら怒鳴っていたな」と思うときも、ちょっと時間をおくことで、イライラした気持ちも治まっていきますよ。

何事にも笑ってみる

子供が怒らせるようなことをした時にこそ、「やりすぎだよー」と笑って言ってみましょう!

不思議と自分自身のイライラが半減していきます^^

もちろんイライラも、溜まりに溜まるとそんな余裕はなくなるのですが、実際これを試してみると「今日1日楽だったな」と思える日が増えていきますよ。

思い切って愚痴をこぼしてみる

子育てのことって、なかなか愚痴は吐けないですよね。

「そんなんだったら、子供産まなかったら良かったのに!」と言われるのではと思ってしまってビクビクしたり…

でも信頼できる人には、たまに本音で吐き出してみましょう。

もう「これでもか!!!!」というくらい吐き切るとスッキリしますよ。

さいごに

2歳になるとお喋りも上手になり、可愛い時期でもありますが、親は色んな壁とぶつかる時期だと思います。

イライラした時こそ、子供との楽しいことや嬉しいことを思い出せると、また違った明日が待ってますよ。

ぜひご紹介してきたことを参考にして、「魔の2歳児」の時期をイライラせずに乗り切ってくださいね^^b

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。