子供部屋の収納方法!小学校も楽しみながら簡単にできるアイデア3選

スポンサードリンク

小学生くらいになると、子供用の子供部屋を用意するご家庭が多いのではないでしょうか?
子供部屋ができると出てくる悩みが、「子供が中々自分で片づけてくれず、部屋がぐちゃぐちゃ(><)」ということでお困りのママも多いです(^^;

子供部屋の収納方法、簡単アイデア3選!
どうせ収納をつくるなら、子供たちが自分でお片付けをしてくれるような楽しい収納が良いですよね(^O^)/
小さな子供でも自分でお片付けしたくなるようなアイデアをご紹介します。

★100均のクリアウォールポケットで細かいものを収納
男の子であればウルトラマンや戦隊ものの人形やミニカー。
女の子ならお人形やビー玉などの細かいものを、100円ショップのクリアウォールポケットに見せる収納にしてしまいましょう。
クリアなので、どこになにをいれれば良いか、一目瞭然なので、子供でも簡単にお片付けができますよ。
こどものオモチャはカラフルで可愛いので、ただいれているだけでも可愛いインテリアになりますね(^^)

★手作りハンモックでぬいぐるみを収納
手作りでハンモックを作って、そこにぬいぐるみなどを収納するアイデアです。
手作りハンモックは、布と紐があればすぐに完成します。

好きな布を100×125にして、両端に紐を結び輪を作ります。
そこにフックを掛けてつるせば完成です。
お気に入りのお人形やぬいぐるみは、ここにポイっと簡単に片づけてしまいましょう。

★壁にワイヤーネットを設置してそこにかけられる収納をつくる
子供部屋の壁面にワイヤーネットをとりつけて、そこに色々なものをかけて収納してみましょう。
S字フックでかけても良いですし、ワイヤーのかごを取り付けてそこにポンポンいれても構いません。
子供が自分でかける方法を考えるのもオススメです。
ワイヤーネットは100円ショップのもので自作もできますよ(^^)

スポンサードリンク

子供部屋にみんながマネしたくなる遊びスペース作り!

子供部屋は、子供にとっては寝室であり、勉強部屋であり、遊び場でもあります。
ママとしては、お勉強と遊びの切り替えをしっかりしてほしいですよね!
そんな時にオススメなのが、子供部屋に遊びスペースを作ってあげることです。

遊び専用のスペースを設けることで、遊ぶ場所とお勉強する場所の区切りがしっかりするので、子供達も切り替えがしやすくなりますね(^^)
オススメしたい遊びスペースをご紹介します☆

★壁に特徴をつける
遊びスペースにする壁に特徴をつけてみてはいかがでしょうか?
オススメなのは、ボルダリングのステップや、黒板シート、磁石がはりつくマグネットにするのも良いですね(^^)
壁も遊び場の一つにしてしまうアイデアです。

★ラグとクッションで仕切りを作る
遊ぶスペースには、子供が喜ぶようなラグを敷きます。
また、そのままゴロンと寝れるようなビーズクッションを置くのもオススメです。
遊びながらそのままお昼寝できるスペースになりますね(^^)

★本棚で勉強スペースとの区切りをつける
本棚はお勉強にも遊びの絵本にも使うものです。
その本棚を仕切りとして使用するアイデアです。
少しDIYをして、黒板シートを張り付けたり、子供と一緒に可愛く飾り付けをするのも良いですね。


スポンサードリンク

子供部屋にテント?手作りでできて子供も大喜びの空間に!

子供部屋にテントをおくと、秘密基地のようなワクワク感があり、子供達も大喜びです。
我が家も市販のキッズテントを置いていますが、ぬいぐるみなどを中に入れて、いつもお家ごっこを楽しんでいます(*^^*)

でもこのテント、自分で手作りできるのはご存じですか??
見た目もかわいくて子供が喜ぶテントの作り方をご紹介します☆
手作りで作るテント、普通のキャンプで使うようなテントではなく、アメリカ先住民が使っていたティピーという形のテントになります。
先住民は移動しながら生活をしていたので、簡単に作れるテントが使われていたんですね。

材料
  • 支柱用の棒(長さ1.8m/直径19mm)6本
  • お好みの布 4~5mくらいあればOK
  • ロープ1本
  • 余り布 適量
作り方
①ロープで支柱を束ねて六角形に成型する
ドリルで穴をあけて、ロープで固定するとより安定します。

②支柱を広げながら束ねて、しっかりとロープで固定します。

③支柱が六角形になるようにたてます。

④用意した好きな布をかけたら完成です♪

子供と一緒にさらに飾り付けをしたり、下に好きなラグをしいたりすると、さらに可愛くオシャレなインテリアが完成します(^^)
長い棒の取り扱いが少し大変ですが、それ以外はとても簡単ですので、是非チャレンジしてみてくださいね(^O^)/

小学生の子供部屋の収納方法!まとめ

いかがでしたか??

ちょっとしたアイデアで素敵な子供部屋を作る事ができます。
ご紹介した内容を参考に、子供と一緒にワクワクするような子供部屋作りを楽しんでみてくださいね(^^)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント