赤ちゃんとの旅行で大浴場には一緒に入ってもいいの?

「2時間おきだった授乳も落ち着いてきたから、そろそろ遠出をしてみようかな?」と思われるお父さんお母さんは多いと思います。

独身時代は、「ホテルは安くてもいいや!」と気にしなかった私ですが、初めて赤ちゃんを連れて旅行したときは、念入りに下調べをしました。

  • 部屋の床はハイハイしやすいかな?綺麗に掃除されてるかな?
  • ベッドよりも座敷にお布団が敷いてある方がいいかな?
  • おもちゃが備え付けてあるところもいいな。
など、考え出すとキリがありません。

宿泊するお部屋のことばかりに気をとられていると、忘れがちになるのが「お風呂事情」です。

当時、私は大浴場に赤ちゃんを連れて入れると思っていませんでした。

というか、大浴場はバタバタせずに一人で楽しみたいなと思っていました。

なので、部屋のお風呂にシャワーがあることを確認して、そこで子どものお風呂をさっと済ませました。

しかし、自分が大浴場に向かうと、赤ちゃん連れのお母さんを発見!

「あれ!なんか楽しそうに入ってるやん!赤ちゃんでも入れるんや!」とびっくりした記憶があります。

失礼ながら、どのように入っておられるのか、しばらくチラ見してしまいました。笑

貸し出し可能なベビーチェアに赤ちゃんを座らせて、手際よくちゃちゃっと体を洗って湯船へ。

手慣れた様子だったので、このような旅行を何度も経験されている方だとお見受けしました。

赤ちゃんもぐずらず気持ちよさそうにしている姿を見て、「こんなことだったら、うちの子も大浴場入れてあげたら良かったな~」と思いました。

私が利用した大浴場は「生後○ヶ月までは大浴場使用禁止」とは書いていませんでしたが、他のお宿では「オムツがとれていないと使用禁止」などと記載されている場合もあるようです。

赤ちゃんも入れるルールの大浴場であれば堂々と入れば良いのですが、最低限のマナーはきちんと守るようにしましょう。

おしっこやうんちが出そうなタイミングを避けるのはもちろんですが、利用者の少ない時間帯を選ぶと自分も他の人もゆったりと入れると思います。

そして、もしお風呂の中で粗相(そそう)をしてしまったら、きちんとスタッフの方に報告しましょう。

粗相する不安があれば、大浴場ではなくお風呂の付いているお部屋に宿泊することをオススメします。

ちょっと高いお部屋だと思いますが、家族で楽しくお風呂タイムを過ごせますよ。

スポンサードリンク

赤ちゃんとの旅行でお風呂で使うボディーソープはベビー用を持って行くべき?

大浴場には、ボディーソープが備え付けてあるところがほとんどだと思います。

私は少し肌が弱く、備え付けのものを使うとたまに肌に合わずに、痒くなったりすることがあります。

大人でも合わない場合があるので、肌の薄い赤ちゃんは特に、備え付けの大人用ボディーソープやシャンプーなどを使うことは避けた方が良いと思います。

赤ちゃん歓迎のお宿であれば、ベビー用のボディーソープが置いてあるかもしれませんが、それも我が子に合うのかどうかはわかりません。

小さな心配をするよりも、普段使っているボディーソープを持参する方が良いと思います。

かさばらないように、小さなボトルに詰め替えたり、試供品でもらえる小さなパックになっているものを旅行用としてとっておくことをオススメします。


スポンサードリンク

赤ちゃんとの旅行!お風呂上がりに使うバスタオルは持って行った方がいい?

肌の弱くない赤ちゃんであれば、お部屋に置いてあるバスタオルを使っても問題ないと思います。

でも、使われている洗剤にも肌に合う合わないがあるかもしれません。

お風呂上がりに全身を拭くものですので、もし気になるようであれば家から持参した方が良いと思います。

お風呂上がり、脱衣場で自分が着替えている間に子どもを座らせて待たせておくために床に直接敷いたり、ベビーベッドが設置されているところでも、清潔かどうか気になれば敷くこともできます。

赤ちゃんの体を拭いてから床に敷くのか、床に敷く用のバスタオルと体を拭く用のバスタオルの2枚使うのか、ご自身が良いと思う方法を考えてみてくださいね。

赤ちゃんとの旅行でのお風呂事情!のまとめ

赤ちゃんとの旅行でのお風呂について見てきましたが、いかがだったでしょうか?

最後にポイントをおさらいしておきましょう!


  • 赤ちゃんと入浴できる大浴場はあります。
  • 最低限のマナーを守りましょう。
  • 少しでも不安があれば、お部屋のシャワーか、お風呂付きのお部屋に宿泊しましょう。

部屋のスペックばかりに気が向いてしまいそうなお宿探しですが、お風呂もしっかり調べましょう!

ちゃんと確認して準備しておかないと、疲れた体でお風呂に入ろうとしたときに「…で?」となります。

「私が入れるの?パパが入れるの?」と、旅行先で余計な夫婦のいざこざが起こらないようにしたいものですね。

赤ちゃん連れの旅行は、どうしても荷物が多くて大変かもしれませんが、楽しい旅行になりますように!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント