食事中に唇の裏をジョリって噛むのは加齢のせい?どうすれば防げる?

食事中に、無意識のうちに唇の裏を「ジャリッ!」っと噛んでしまうことありませんか?
食事に集中しているはずなのに、なぜか噛んでしまうんですよね。

せっかく美味しい物を食べていても、あの激痛と噛んだ感覚のせいで、一瞬で食事が台無しになってしまいます。
しかも、同じ場所を何度も噛んでしまった…なんて、本当に最悪です。

そもそも唇の裏を噛んでしまうのには、何か原因があるのでしょうか?
「もしかしたら、年のせい?」なんてことも、頭をよぎる方も多いのではないでしょうか?
でも、この「口の中を噛んでしまう」には、実は加齢以外にも意外な原因があったのです!

そこで今回は、唇の裏を噛んでしまう原因とその対処方法。
噛んだあとにたま~にできる、あの嫌な口内炎を早く治す方法を紹介します。

最近、「口の中をよく噛んでしまうんだよね」と思っている方は、安心して美味しく食事を食べるために、ぜひ参考にされてみてくださいね。

スポンサードリンク

唇の裏を噛むことが増えてきた その原因には何がある?

それではさっそくその「口の中を噛んでしまう原因」を見ていきましょう。

加齢や肥満によるほっぺのたるみ

ほっぺがたるんでくると、口の中の柔らかい部分が歯の方向に向かって増えていきます。
ですので、自然と噛んでしまいやすい状態になってしまいます。
バランスの良い食事を心がけ、表情筋のマッサージを行うなどして、たるみを改善していきましょう。

ストレスや疲労

表情筋が疲れてくると、うまく口や舌を動かせなくなります。
また、ストレスが原因で無意識に口の中を噛んでしまうことがあります。
こちらもしっかりとした食事を心がけ、十分に睡眠をとったり、ストレス発散のために体を思い切り動かしたりしましょう。
これらを意識するだけでも、全然違ってきますよ。

噛み合わせが悪い

歯の噛み合わせが原因で、唇の裏を噛んでしまうことがあります。
歯が欠けていたり、親知らずがあると噛んでしまう確率がさらに上がってしまいます。
もしあまりにも噛むような場合、歯科医院での受診をおすすめします。


スポンサードリンク

唇の裏を噛むとなる口内炎がつらい 早めに治す方法

唇の裏側を噛んでしまった後にしばらく放置して、何日か経った後急に口内炎になったことはありませんか?
これは唇の裏を噛んだ後の傷にバイ菌が入ってしまったから、化膿して口内炎になってしまうんですね。

噛んでしまったときの激痛はすぐ治まりますし、噛むのは仕方ないとしても、口内炎になるのはつらいと思います。
こちらでは、口内炎を早く治す方法と口内炎を予防する方法を紹介します。

患部に薬を塗る

噛んでしまったあとが口内炎になっている場合、傷が化膿している状態なので、薬で鎮静させてあげましょう。
市販のものでも十分効果がありますし、決して高価なものではないので、口の中をよく噛んでしまう人は一個常備しておくと良いでしょう。

味が濃いもの、刺激物を避ける

口内炎ができたときに、薬が手元にないときもあると思います。
そんなときは、少しでも味が濃いものや刺激物を食べるのは避けましょう。
タバコも口内炎を悪化させることがあります。

「ちょっとしみるくらい大丈夫!」と思って我慢して摂取していると、治らないどころか悪化してしまうことがあるので、きちんと治るまでこれらのものは避けるようにしましょう。

唇の裏を噛んでしまったら

先にも書きましたが、傷が化膿してしまうのが口内炎の原因になります。
なので、噛んだあとは口の中をできるだけ清潔に保ちましょう。
歯磨きはもちろんのこと、マウスウォッシュで口をすすぐのもおすすめですよ。

口内炎パッチを貼る

口の中を清潔にしていても、どうしても睡眠時は口の中の菌が増えてしまいます。
それが原因で口内炎になることもあるので、口内炎パッチを貼ってみるのも手です。
口内炎パッチとはコンタクトレンズより少し小さいくらいの、シートタイプの治療薬です。

この口内炎パッチを唇の裏に押し当てると、ピタッとくっつきます。
最初は貼っている感が気になるかもしれませんが、寝ている間であればあまり不快感はないかなと思います。
また、ひどくなってしまった口内炎を守るときにも有効ですので、ぜひ一度試してみてくださいね。

食事中に唇の裏を噛むことのまとめ

唇の裏を噛んでしまう原因と対処方法、口内炎の予防と治し方についてお伝えしてきました。
口の中を噛んでしまう原因は様々ですが、対処方法がわかれば未然に防ぐことができますね。

口内炎もしっかり対処すればすぐに治りますので、できてしまったとき用に薬を用意しておきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。