甘皮ケアオイルを使う頻度はどれくらいが効果的?正しい使い方してますか?

甘皮って、放置しておくとちょっと見栄えが悪くなりますよね。

きれいな爪にするためには、甘皮ケアは必須です。

そんな甘皮ケアですが、実際に

「甘皮ケア正しい使い方って?」
「甘皮ケアの頻度ってどれくらいが効果的なの?」

と思っている方も多いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

甘皮ケアオイルを使う頻度は?2週間に一度スペシャルケアを!

甘皮ケアオイルを使う頻度はどのぐらいがいいのでしょうか?

基本的には、やりすぎはよくありません。

個人差はあるものの1~2週間に1度ケアをするのがおすすめです。

甘皮のケアをしすぎるのがよくない理由①細菌を防げなくなるから

なぜケアのしすぎはよくないのかというと。

甘皮は細菌が入らないように防いでくれています。

甘皮を取りすぎてしまうと、体にとっては少々ダメージですね。

ただ、全く処理をしないというのもよくないです。

見栄えが悪いというのはもちろんですよね。

甘皮のケアをしすぎるのがよくない理由②ささくれができやすくなるから

それ以外にも、皮膚が乾燥してささくれができやすくなる原因にもなります。

よくささくれができるという方は、爪にとって必要な栄養素が届いていないこともあります。

栄養素が届かない原因は、甘皮にもあるというわけですね。

そのため、適度に取り除くというのがおすすめですよ。

爪って、縦長ですらっとしていると綺麗に見えますよね。

甘皮がちゃんと処理されているだけで、見栄えも違います。

マニキュアとかジェルネイルも、甘皮が処理されているだけで、持ちが良くなりますよ。

甘皮ケアの正しい使い方を解説!

甘皮ケアの正しい使い方について、解説していきますね。

甘皮ケアのやり方①準備するもの

まずは、「甘皮ケアオイル」や「ネイルオイル」、「キューティクルプッシャー」を用意しましょう。

プッシャーがない場合は、爪やすりにコットンなどを巻き付けてもOKです。

爪が傷つかないようなものを選んで下さいね。

甘皮ケアのやり方②オイルを塗る

手順としては、甘皮周辺を中心に、オイルを塗っていきます。

指でやさしくマッサージするように、塗りこんで下さいね。

甘皮ケアのやり方③プッシャーで甘皮を削る

次に、プッシャーの先端を軽く水で濡らします。

傷つかないように、くるくると回しながら甘皮を削っていきましょう。

プッシャーで上手く削れない場合は、ニッパーなどでカットしても大丈夫です。

ただ、爪の表面を傷つけないようにして下さいね。

プッシャーを使うのが恐い場合は、コットンなどを指に巻き付けるだけでもOKです。

甘皮を軽くこすると、簡単に取り除くことができますよ。

通常は、甘皮は固くて綺麗に取り除けませんよね。

無理に引っ張ると、出血をしてしまうこともあります。

そのため、甘皮処理をするときは、オイルを使うのがおすすめですよ。

私自身も日頃から、オイルで爪のケアをしています。

甘皮を取り除くことで、爪も手もきれいに見えるので、是非行っていきましょう。


甘皮ケアオイルのおすすめ3選!ささくれ対策にもなるものも!

スポンサードリンク

甘皮ケアオイルのおすすめを3つご紹介していきます。

どんなものでも、甘皮ケアできるものを1つは持っておくと便利ですよ。

家にいる隙間時間に簡単にケアできるので、おすすめです。

ささくれ対策になるものも多いので、是非試してみて下さいね。

おすすめの甘皮ケアオイル①〇無印良品 甘皮ケアオイル

こちらは、ここ最近話題になっていたものですね。

私自身も、ほしくても近場の店舗でなかなか手に入らないぐらいでした。

植物性オイルで作られているので、うるおい成分はもちろん、爪にも優しいです。

先端がプッシャーになっているというのも、使いやすいポイントですよね。

コスパも良いので、見かけたら買っておくのがおすすめです。

「無印良品 甘皮ケアオイル」について詳しく見てみる

おすすめの甘皮ケアオイル②アンドネイル キューティクルリムーブペン

100%ナチュラルで、オーガニックや植物成分にこだわって作られています。

肌が弱い方でも安心して使えるのも魅力的ですよね。

これ1本で優しく甘皮ケアができて、サロン級の仕上がりになりますよ。

爪に負担をかけないソフトチップというのも魅力的です。

「アンドネイル キューティクルリムーブペン」について詳しく見てみる

おすすめの甘皮ケアオイル③エテュセ クイックケアコート

こちらは、二枚爪やささくれなども防いでくれるケアオイルです。

自然由来の成分でできていて、爪自体も手間暇かけたような輝きになります。

無香料なのと、速乾タイプというのも良いところですね。

甘皮ケアとしても、美容液としてもおすすめです。

「エテュセ クイックケアコート」について詳しく見てみる

ネイルケアと甘皮ケアの違いって何?あなたにはどちらが必要?

スポンサードリンク

手先のケアにはネイルケアと甘皮ケアと2種類あります。

どっちもおんなじ手先のケアを指しますが、具体的に何が違うのでしょうか?

まず「ネイルケア」は、爪を乾燥から保護するためにすることです。

一方の「甘皮ケア」は、甘皮を柔らかくして取り除きやすくします。

それぞれどんな人に合っているかというと、

ネイルケアは

  • 日常的に手洗いや水仕事が多い人
  • 紫外線をよく浴びている人
  • 食事の栄養バランスがあまり良くない人
  • 除光液を使う人
に必要です。

爪は水分や油分で保護されて潤っていますが、乾燥してしまうと爪のひび割れや2枚爪、ささくれなどに繋がります。

こう言ったトラブルを抱えている人もネイルケアがぴったりです。

かたや甘皮ケアは

  • ネイルをよくする人
  • ネイルを長持ちさせたい人
  • 自爪をきれいに見せたい人
  • 自爪を長く見せたい人
といった人におすすめです。

甘皮ケアは、トラブルを防ぐというよりきれいに見せるためにします。

どちらも手先のケアではありますが、実はその目的が全然違うんですね。

もちろん甘皮ケアもオイルを使うので爪の保湿につながります。

ただ2枚爪や縦に筋が入るなど爪にトラブルがあるなら、ネイルケアが得意なオイルなどを選ぶとより効果的!

自分の手をどうしたいのか理想を思い浮かべて、必要なケアをしましょうね!

甘皮ケアオイルの使い方のまとめ

スポンサードリンク

甘皮ケアは、ついつい放置してしまうことが多いですよね。

面倒…と感じても、ケアしておく方が美爪に近づけます。

やはり、甘皮がない方が爪自体もきれいに見えますよね。

でも、甘皮を取りすぎてもよくないので、1~2週間に1度のペースでやってみましょう。

毎日やるものでもないので、忘れなければ継続できそうかな?と思います。

甘皮ケアのオイルは、いろいろなところから発売されていますよ。

ネイルオイルで代用することもできます。

オイルなしだと、甘皮が固くてきれいに取り除けません。

やはりオイルを使って、やわらかくしながらケアをしてみて下さいね。