アロマオイルの使い方で部屋の香りが全く違う?簡単にできる効果的な方法

この記事は約5分で読めます。

部屋の中にいい香りが充満すると、それだけでリラックスできたりしますよね。

いい香りといえばアロマオイルですが、どのように使うといいのでしょうか。

あまりに香りが強すぎても、頭痛がしてきそうですからほのかに香るくらいがいいですね。

ほんとに軽くがいいという場合は、ハンカチなどにしみ込ませておいておくとかするとふんわり香る程度でいいですよ。

スプレーボトルに水を入れて、アロマオイルを1滴たらせばアロマオイルスプレーができちゃいます。

カーテンなどに一吹きすれば、カーテンが風に揺れた時にふわっと香って素敵ですね。

あとは空間にしゅっとスプレーすれば、ほんのひと時だけいい香りが楽しめます。

ずっと匂ってると嫌だという人はこういう感じで使うといいですね。

あるいはお風呂タイムの時に、お湯の中に数滴アロマオイルを垂らせば、お風呂から上がっても自分自身がいい香りに包まれます。

スポンサードリンク

アロマオイルを匂わせる方法は?どんな道具を使えばいい?

アロマオイルを匂わせる方法は、どんな道具を使えばいいでしょうか。

アロマオイルを匂わせる道具①アロマディフューザー

道具を使うなら「アロマディフューザー」ですね。

ここで1つアロマについて勉強しましょう。

アロマオイルと一口にいいますが、実は2種類あります。

1つは人工的に作られたもの、もう1つは植物から抽出した純度100%のオイルです。

アロマオイルには「人工もの」と「純度100%」のものがあるので要注意

人工的に作られたものは、

  • 化学香料
  • 鉱物油
  • エタノール
などが原料です。

こちらの場合は、水にアロマオイルを混ぜて吸い込むと体に害がないとはいえません。

アロマディフューザーなどは、加湿器にオイルを入れて空気中に放出します。

なので、人工的に作られたオイルだと、それがそのまま肺に行ってしまいます。

また、化学物質過敏症などの体質の人の場合、この香りをかぐことで体調が悪くなることもあるので、もしそうなった場合は選択ミスということです。

純度100%のエッセンシャルオイルを使えば、具合が悪くなることはないですからね。

入浴剤代わりにアロマオイルを入れるなどの場合も、肌に直接ふれるものなのでできればエッセンシャルオイルを選びましょう。

今では100均などでもアロマオイルが売られていますが、100円で買えるものですから人工的と思った方がいいです。

オイルの瓶に棒が何本が刺さっているタイプのアロマディフューザーなどもあります。

でも、こちらは直接吸い込むわけじゃないし、肌に触れるわけでもないので、香りが楽しめればよいというのであればアリだと思います。
人気の「アロマディフューザー」を見てみる

アロマオイルを匂わせる道具②アロマウォーマー

次にお勧めの道具は「アロマウォーマー」です。

キャンドルの炎で水に垂らしたアロマを温めて気化させるというものなのですが、見た目がとてもおしゃれでかわいいんです!

ぱっと見はコーヒーメーカーのような?発想が貧困ですみません。

画像を見てもらえばわかりますが、部屋を暗くしてキャンドルの明かりだけにすると幻想的で素敵ですよ。

人気の「アロマウォーマー」を見てみる

他にもドライフラワーにオイルを吹きかけたり、石に垂らすなどいう方法もあります。


スポンサードリンク

アロマオイルの匂いは部屋全体に広がる?効率よく匂わせるには?

アロマオイルを効率よく部屋全体に匂わせるには、1か所じゃなく何か所かに置くのが多いと思います。

部屋の壁や花瓶などにドライフラワーを挿したり吊り下げたりして、オイルを吹きかければ全体的に香りますよ。

一か所に集めるより、あちこちに散らばせる方がどこにいても香るのでいいと思います。

加湿器タイプのディフューザーを使えば蒸気で部屋中に広がりますよ。

加湿器買うのもなぁ・・・という人のために。

まったくおしゃれではないですが、キッチンの鍋に水を入れてお湯を沸かしアロマオイルを数滴たらす、これだけです。

形は違えど一応加湿器と効果は同じなので、部屋全体にアロマオイルの香りが広がります。

香りが弱ければ少し足してみて調整してください。

注意点が1つ、アロマオイルは加熱しすぎると香りがあまり感じられなくなるので、弱火にしてください。

それではここで、安眠効果のあるアロマオイルを5つご紹介します!

安眠効果が期待できるアロマオイル①ラベンダー

アロマオイルの王道ともいうべき香りです。

嫌いな人はいないんじゃないかと思うくらい人気のアロマです。

安眠効果が期待できるアロマオイル②イランイラン

甘い香りのアロマです。精神安定効果の期待できるアロマなので、寝室向けの香りです。

安眠効果が期待できるアロマオイル③オレンジスイート

オレンジのフレッシュな香りがイライラした気分を沈めてくれる効果がきたいできます。

柑橘類の皮を枕元に置くといいとも言われますよね。

安眠効果も期待できますよね。

安眠効果が期待できるアロマオイル④ネロリ

柑橘系のような、それでいて花の甘い香りも混じったいい香りです。

自律神経を整えてくれる効果が期待できるアロマです。

安眠効果が期待できるアロマオイル⑤セージ

セージといえばハーブでもあります。

少しスパイシーな香りと花の甘い香りが混じった精神の高ぶりを抑えてくれる効果の期待できるアロマです。

ホルモンバランスなどを整える効果も期待できますよ。

アロマオイルの使い方で部屋の場合のまとめ

ディフューザーを使うのが王道ではありますが、何かにしみ込ませて飾っておくだけでも十分効果は期待できます。

「ドライフラワー」
「カーテン」
「石」
「ハンカチ」

などなんでも使えます。

化学物質に敏感な人は、エッセンシャルオイルという植物から抽出した自然由来のオイルを使うようにしてくださいね。

スポンサードリンク

コメント