ディフューザースティックの本数は部屋の広さに応じて変えるもの?

この記事は約6分で読めます。

ディフューザーって最近では、種類がとても増えましたよね!

ちょっとお高いブランドものもあれば、コスパが良いものまで様々です。

私自身も昔からディフューザーが好きでよく使っています。

でも、置いたのになかなか香りがしない…という経験も何度もありますよ!

そもそもディフューザースティックって、部屋の広さによって本数を変えるべきなのでしょうか?

結論からお伝えをすると、まずはサイズが部屋にあっているかどうかが大切です!

ディフューザースティックの本数よりも、部屋の広さにあわせたサイズを選びましょう。

そしてディフューザースティックにも、おすすめの使い方があります。

スポンサードリンク

リードディフューザーのスティックは6畳だと何本使えばいい?

リードディフューザーのスティックは、6畳だと何本が良いのでしょうか。

スティックの本数に関しては、6畳だから何本!という目安はありません。

どちらかというと、大事なのはディフューザーのサイズ感です。

部屋が広いのに小さいディフューザーを選んでいると、失敗します!

置いたのになかなか香らない…という悩みがでやすいですよ。

6畳の部屋には200mlのディフューザーが目安

実は私自身も、サイズ感を考えずに置いていたことが多かったです。

せっかく置いたのに香らなくてショック…ということもよくありました。

ちなみに6畳の部屋だと、最低でも200mlのサイズを選びましょう!

200mlよりも少ないと、ほとんど香りません。

逆に200mlよりも容量が多いものを選ぶと、香りがキツすぎることもあります。

ほんのり香らせたいという時は、200mlよりも少ないサイズでも良いかもしれませんね。

このあたりは、好みもあるかと思います!

ちなみに我が家でも、6畳ぐらいの部屋には200ml。

10畳ぐらいの部屋には500mlを置いています!

いろいろと試して、個人的にはこのサイズ感がぴったりでした。

サイズは合っているのに香らないのはなぜ?

でも、わりと悩みとして多いのが、サイズを考えて置いても香りがしないことです。

例えば部屋の広さはサイズ感とあっているものの、置き場所がよくないとかもあります。

置き場所については、のちほど詳しくお話していきますね。

あとはマンションやアパートなどで、リビングとキッチンが繋がっている間取りってありますよね。

そのような間取りだと、サイズ感はよくても香らないこともよくあります。

リビングに置いても、キッチンで料理をすると香りが負けてしまうものです。

近くに行けば香りがする…という感じでしか、楽しめないこともあるあるです。

ただ、広い部屋でもデスクの上の作業スペースだけで楽しみたいという場合。

ちょっと小さなディフューザーでも良いかもしれませんね。

部屋全体に香りを広げたいなら、サイズやスティック使い方を考えていきましょう!

ディフューザースティックの効果的な使い方とは?

実はディフューザースティックには、効果的な使い方があります!

ディフューザースティックの効果的な使い方①まずは3本から試す

まず、いきなり付属している全てのスティックを入れるのはNGです。

これはちょっと、もったいない使い方ですね。

私も最初は全てのスティックを一度に入れてしまっていました。

ただ、買ってきたディフューザーがどのぐらい香るのかは、使ってみないと分かりませんよね。

例えばスティックが6本ついていたなら、まずは3本入れてみましょう。

3本で十分香るのであれば、そのまま使い続けるとちょうど良いと思います。

でも3本だとやっぱり全然香らない!という場合。

4本や5本、6本など、少しずつ増やしていくのがおすすめです。

そうすることで、香りも長持ちしますよ。

ディフューザースティックの効果的な使い方②香らなくなったらスティックの向きを変える

あとは、スティックは使い続けると、どんどん香らなくなります。

それはなぜかというと、オイルを吸った部分が汚れたりして、詰まってしまうからです。

一度オイルを吸うと、限界まできたらもう吸わなくなってしまいますよ。

そのままスティックをさしておいても、香りがしなくなります!

香らなくなったかな…と思ったら、まずはスティックの向きを変えてみましょう。

こうすることで、また香りが復活することが多いです。

それでも香りがしなければ、新しいスティックを使うのがおすすめですよ。

香りがしない状態で放置しておいても、意味がなくなってしまいます。

スティック以外の原因だと、オイル自体なくなっていることも考えられます!

スティック交換やオイル補充は、定期的に行ってくださいね。


スポンサードリンク

ディフューザーを置くところの高さは?風通しがいいところはダメ?

ディフューザーを置くところの高さについてお話をしていきますね。

風通しがいいところではダメなのかも、気になるポイントだと思います!

ディフューザーを置く高さは鼻より下がおすすめ

まずディフューザーを置く高さについてです。

香りは、上から下にどんどん広がっていくと言われています。

空気の流れと一緒に、広がっていくということですね。

なるべく、人の鼻よりも下の位置に置くことで、香りを楽しみやすくなりますよ。

高すぎると、逆に香りがしなくなる可能性もあるので、注意しましょう。

人が動くと、空気が循環しやすくなりますよね。

なので、人が動きそうな場所と考えると、やっぱりなるべく下の方が良いです。

近くに行った時や、近くを通ると香るのは、空気が流れているからということですね。

我が家でも基本的には、顔の位置よりも下にくるような場所に置いています。

テーブルとか、棚などの上が多いですね。

ディフューザーを置く場所は風通しが良い場所・暖かい場所がおすすめ

そして、空気の流れがある場所の方が良い…ということは、風通しの良い場所がおすすめです!

香りは、暖かいとより香りやすくなると言われていますよ。

なので、ある程度暖かくて風通しが良い場所って、とても良いのではないかな?と思います。

ただ、風通しがよすぎてしまうのも危ないです!

なぜかというと、瓶ごと風で落ちてしまうと大変ですよね。

最近ではおしゃれな瓶も多いので、見えるところに置きたい方も多いです!

置くときは必ず、安全な場所なのかどうかも確認してみて下さいね。

ディフューザースティックの本数のまとめ

ディフューザースティックは、とにかく本数よりも容量です!

部屋の広さにあったものを置かないと、全く香りません。

せっかく置くなら、香りを楽しみたいですもんね。

買うときは必ず、どこに置くのかを決めてからが良いと思います。

買ったけど置き場所がない…というのはもったいないですよね!

なるべく鼻より低い位置で、暖かく風通しが良い場所がおすすめです。

そしてスティックやオイルも、買ったらそのまま放置はやめましょう!

こまめにチェックして、スティックやオイルを補充してみて下さいね。

今回ご紹介をした使い方を試してみると、香らないというお悩みが改善するかもしれません!