夏休みの国内旅行の予約はいつから?余裕のある計画の立て方

夏休みの計画は進んでいますか?

夏休みや年末年始はいわゆるオンシーズンです。

旅行する人が多い時期は、早めの予約が吉です。

早ければ早いに越したことはありません。

でも、果たしていつから予約が可能なのでしょうか?

国内旅行の予約時期や、予約の際に失敗しないポイントについて、詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンク

そもそも夏休みの国内旅行の予約っていつくらいからできるもの?

旅行は予約には一つポイントがあります。

旅行会社は一般的に1年を上期と下期の2つに分けています。

上期は4~9月、下期は10~3月となります

上期の受付は早いところで1月下旬からです。

2月上旬からの受付が多いです。

下期は早いところは7月下旬の受付です。

一般的に葉8月中旬以降が多いでしょう。

このことからおのずと予約時期がわかってきますね。

夏休みの旅行は上期になります。

つまり予約は2月上旬頃から受けつけています。

夏休みの旅行は、お正月過ぎたら考え始めないといけないですね。

家族や親族でお正月に集まる機会があると思います。

そのときにおおよそのことは決めておくといいですね。

一般的には旅行に行く1か月前に予約する人が多いです。

そのため、これくらい前に検討を始めておくと安心です。

きっと希望通りの予約が可能です。


スポンサードリンク

夏休みの旅行 予約までの流れと失敗しない為のポイントは?

子どもたちの夏休みは1カ月以上と長いですね。

そのため、平日であれば混雑を避けることができます。

土日であっても夏休中に何回かあるので特別混まないでしょう。

問題はお盆休みです。

お盆休みは多くの会社が休みですね。

帰省する人も多く、旅行のピークになります。

旅先の旅館の空きが少なくなるだけではありません。

新幹線や飛行機などの交通機関もすぐに埋まってしまいます。

そのため、お盆休みの旅行は注意が必要です。

予約の失敗をしないためには、事前予約を検討しましょう。

旅行会社によっては、そのような制度があります。

事前予約は、旅行の商品が売り出される前に受け付けてもらえるものです。

ただ仮予約状態なので、絶対予約可能かは確約されていません。

でも、旅行商品が出てから慌てて申込むよりは安心です。

絶対にここに行く、と決めている場合は事前予約をしましょう。

人気のあるところは発売して10分で空きがなくなる場合もあります。

★早割を狙う
早めに申し込むことでもう一つ利点があります。

「早割り」が適用されることがあります。

家族旅行は何かとお金がかかるので、お得にいきたいですよね。

夏休み直前にお得な旅行商品が出される場合があります。

これを狙うのは少々危ないです。

そのお得な商品が出るかどうかを事前に予測できません。

それに出たとしてもちょうどいい日程かわかりませんね。

家族が多ければ人数も合うかわかりません。

そのため、旅行に行くことを決めているのであれば早割りを狙いましょう。

★ホテルと交通機関の同時申込
ホテルと交通機関を同時に申し込むと安くなるケースが多いです。

なかには交通機関を選択してから、後日ホテルを選べる旅行会社もあります。

ホテルは旅行の中の楽しみの1つです。

焦って決めると後悔してしまうかもしれません。

ホテルの位置や口コミなど確認してから予約するようにしましょう。

★インターネットでの予約は慎重に
インターネットで旅行予約する人が増えています。

そういったサイトもたくさんありますよね。

インターネットの予約は慎重に行ってください。

予約できていると思っていても、実はエラーが出ている場合があります。

逆にエラーが出て、二重予約になりお金を倍取られてしまうこともありえます。

インターネットで予約した際は、電話で確認しましょう。

いつ、何人で、どういうプランで予約しているかを聞いてください。

「当日にホテルに行ったら、なんと予約できていなかった…」という事態にならないように事前に要確認ですね。

夏休みの国内旅行の計画っていつから?のまとめ

夏休みは旅行に行く人が多いです。

特にお盆はピークを迎えます。

狙ったホテルや期間がある場合は早めに行動しましょう。

事前予約も利用して賢く旅行の予約をしましょう。

早めの予約は料金も、安くなる可能性があります。

希望通り予約ができて安くなれば、一石二鳥ですね。

ぜひ楽しい旅行にしてください!
【旅行の予約で人気の楽天トラベル】で宿泊先を探す

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント