ディズニーランドへの食べ物の持ち込みはどの程度なら大丈夫?

大人も子どもも大好きなディズニーランド。

ディズニーランドの楽しみ方は、何もアトラクションやショーだけではありません。

ディズニーランドの中にあるレストランも、楽しめるポイントです。

それらのレストランでは、

  • ディズニーのキャラクターが登場したり
  • そのお店独自のディズニーランドにちなんだメニューがあったり
と、食べたり飲んだりするだけではなく楽しめる空間となっています。

一方で、ディズニーランドのレストランにも難点があります。

それは何かというと

  • 値段設定が若干高めなこと
  • お客さんが多く混雑しやすいこと
です。

なので、レストランで食べるよりも、自分たちで持ってきたもので済ませたいと思う人がいるのも当然と言えば当然なんですよね。

でも実際に、ディズニーランドは飲食の持ち込みはOKなのでしょうか?

東京ディズニーリゾートのHPによると、東京ディズニーランド・東京ディズニーシー共に、

  • 酒類
  • カン
  • ビン
  • 持参した食べ物
これらの持ち込みを禁止しています。

ただし、同じ飲み物や食べ物でも

  • あめやガム
  • 小さい子どものおやつ
  • 水筒
  • ペットボトル
これらのものは、持ち込み可能でした。

確かに、大人がディズニーランドで大袋のスナック菓子を食べていたら、悪い意味でちょっと目立ってしまいますね。

ただし例外的に、アレルギーなどの理由で食事制限がある方に限り、持参した食べ物をレストランに持ち込むことはできるようです。

レストランに入るときに、キャストに声をかけてその旨を伝えれば大丈夫ですよ。

そういったことを知らずに、持ち込めないものを持って来てしまった場合には、パークの外にあるコインロッカーに預けることができます。

お弁当を作ってきたからディズニーランドで食べたいという場合には、パークの外にあるピクニックエリアで食べることができます。

その場合は、パークを出るときに再入場の手続きをすれば、ピクニックエリアでお弁当を食べた後、もう一度パーク内に入ることができますよ。

なお、お弁当をかばんに入れてパーク内で持ち歩くことはオッケーです。

パーク内で食べなければ大丈夫ということなんですね!

スポンサードリンク

ディズニーランド内に持ち込み禁止の意外なものは?

その他にも、ディズニーランド内に持ち込み禁止のものはあります。

公式HPには次のように書かれていました。

ディズニーランドに持ち込めない物
  • 刃物や火薬類および一般的に危険物と呼ばれるもの(模倣品を含む)、他のお客様に危害を加えるおそれのあるもの
  • ドローンやラジコン機等
  • 酒類
  • カン、ビン
  • 持参した食べ物
  • ハードケースおよびスーツケースやキャリーケース等のカート類
  • ペットや動物(アシスタンスドッグを除く)
  • その他、他のお客様のご迷惑となるおそれのあるもの

危険物だとか他のお客さんに迷惑がかかるものが持ち込み禁止なのは理解できるのですが、意外なことにスーツケースやキャリーケースも禁止でした!

ディズニーランドには、全国各地からお客さんが来ますよね。

遠方から来ている人はホテルに泊まったりするので、大荷物になると思うのですが、それでもスーツケースやキャリーケースはパーク内には持ち込めません。

確かに、大荷物だとパーク内の移動も大変で、アトラクションにも乗り辛くはあるので、入園する前にコインロッカーに預ける方が賢明ですね。

また、持ち込むことはできますが、種類と使用に制限があるものがあります。

それは意外にも「カメラの一脚・三脚」と「自撮り棒」です。

これらは、小さくたたんで片手で収まるくらいのサイズになる「ハンドサイズのもの」に限り持ち込みは可能です。

そして、使用するときには「頭の高さを越えない範囲で、小さくたたんだ状態で片手で持ったまま撮影すること」という条件があります。

もしも機材を伸ばした状態で撮影していると、キャストの方に注意されることもあります。

ディズニーランドで自動り棒などを使って記念に写真を撮る方も多いと思いますが、ルールを守って使うようにしましょうね。

注意されると、せっかくの楽しい気分もテンションが下がってしまいますからね(><)


スポンサードリンク

ディズニーランド内に持ち込みできるおすすめのものは?

では、ディズニーランドに行くときはどんなものを持って行くとよいのでしょうか?

私の「持っていくと便利ば、おすすめの持ち物」をご紹介します!

①モバイルバッテリー
スマホや携帯電話はみんな忘れずに持って行くと思いますが、モバイルバッテリーもあると非常に便利です。

スマホでアトラクションの待ち時間を調べたり、写真を撮ったりしていると、うっかり充電が切れてしまうこともあります。

スマホや携帯をよく使う方は、モバイルバッテリーを一つ持って行くと安心ですよ。

②ウェットティッシュ・ビニール袋
ディズニーランド内で売っているポップコーンを食べると、手が汚れて気になることはありませんか?

そんなとき、ウェットティッシュがあるとすぐに手が拭けるので便利です。

一緒にビニール袋を持っていると、ウェットティッシュのゴミを袋に入れて持ち歩くことができますよね。

③エコバック
使わないときは小さくたためるエコバックが一つあると重宝します。

ディズニーランドのお店に入ると色々買いたくなるのですが、エコバックがあれば買ったものを一つにまとめることができて、とっても重宝しますよ。

④塩飴など熱中症対策
特に暑い季節には必需品です。

ディズニーランドは広いので、熱い中歩きまわっているうちに熱中症になってしまう可能性も十分考えられます。

塩飴などあめは持ち込み可能なので、熱中症対策として持って行くといいですね。

ディズニーランドには飲食の持ち込みは可能?のまとめ

意外と知らないディズニーランドの持ち込み禁止のルールですが、持ち込み可能な飲食物は、

  • ペットボトル
  • 水筒
  • あめ
  • ガム
などでした。

食べ物を持参した場合には、ピクニックエリアで食べるようにしましょう。

ルールを守って、楽しく過ごせるようにしていきたいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント