夏休みの沖縄旅行でレンタカーは必須?!予約開始はいつから?

待ちに待った沖縄旅行!

計画を立てるところからワクワクが止まりませんね。

ところで、もう旅行の予約はしましたか?

ご存じのとおり、沖縄は人気観光スポットです。

早めの予約をオススメします。

そこでこの記事では

  • いつから予約が可能?
  • キャンセルっていつまでできる?
そんな疑問を解消していきたいと思います。

スポンサードリンク

夏休みの宿の予約はいつからできる?宿によって全然違うもの?

パックツアーだと、上期と下期で商品が別れています。

上期は4~9月出発、下期は10~3月出発です。

つまり夏休みは上期にあたりますね。

上期の予約は早くて1月からできます。

一般的には2月上旬から受けつけていることが多いです。

(1)初めての沖縄旅行にはパックツアーがおすすめ

はじめての沖縄旅行だとパックツアーが安心ですね。

はずせない観光スポットを迷うことなくまわることができます。

でも沖縄に行ったことがあったり、旅慣れしている人もいます。

そんな人はパックツアーでなくてもいいですね。

それでも沖縄旅行は3か月前には予約をしましょう。

8月に行くのであれば5月には検討しておきたいです。

5月はゴールデンウイークの時期ですね。

目先の連休にとらわれがちですが、夏休みの計画も立てましょう。

ゴールデンウイークは仕事の休みが重なりやすいので相談しやすいですね。

早いに越したことはありません。

(2)人気の宿は半年前から要検討

「絶対この宿に泊まりたい!」
と決めているのであれば半年前から検討をはじめましょう。

人気のある宿はすぐに空きがなくなります。

特に夏休みともなれば予約開始すぐに売り切れることもあり得ます。

宿を予約するときは、航空券とレンタカーなども一緒に考えましょう。

「宿は取れたのに、航空券が取れなかった」
なんてことのならないようにしたいですね。

(3)沖縄はレンタカーが必需品

沖縄はレンタカーがあると、とっても便利です。

人気スポットの美ら海水族館は、国際通りから離れています。

行くなら車になるので、レンタカーは要チェックです。
■「楽天トラベル」で沖縄の人気のレンタカーを捜す

(4)宿によって違う予約開始時期

宿によって、予約開始時期は異なります。

同じ宿でも、予約サイトによって値段も異なります。

焦って予約すると後悔するかもしれませんね。

早めの計画と予約が、あなたの旅行を成功させますよ。


スポンサードリンク

夏休みの旅行ってキャンセル料はいつくらいからかかってしまうの?

「楽しみにしていた旅行をキャンセルしなければならない…」そんなときも、もしかしたらあるかもしれません。

そこで気になることがあります。

「キャンセル料」は、いつからかかってくるのでしょうか。

旅行予約をする際には、キャンセルについての規定が書いてあります。

それをよく確認しておきましょう。

宿によって、キャンセル料がいつからかかるか異なります。

こちらは一般的な例になります。
パーセンテージがキャンセル料のかかる割合です。

★キャンセル料率の一般的な例
  • 当日のキャンセル 100%
  • 無断キャンセル  100%
  • 前日のキャンセル 40%
  • 1週間前 30%
  • 10日前  20%
  • 20日前  20%
  • 21日以上前 0%(キャンセル料はかからない)

つまり21日以上前であれば、キャンセルしてもキャンセル料はかかりません。

宿も予約を受けてから準備を始めます。

宿は、食材や部屋などに予約が入ったら、準備をはじめます。

キャンセルが入ったらその分、宿側に迷惑がかかります。

また、部屋が空くことで本来の利益も出ません。

改めて予約を待つことになります。

その費用の保障のために、キャンセル料がかかります。

たとえば飛行機が飛ばなかった場合でも、キャンセル料はかかります。

台風や何らかの原因で、飛行機が飛ばないことがありますね。

お客さんからしたら、避けられないことです。

でも、それは宿側としても同じです。

飛行機が飛ばなかったことは宿側も悪くありません。

そのため、キャンセル料はかかるのが普通です。

夏休みの沖縄予約はいつから?のまとめ

旅行の予約は、早めが安心です。

旅行会社によっては「早割」を行っています。

お得に予約できるかもしれませんね。

キャンセルについては、それぞれの予約内容によって異なります。

キャンセル規定をよく確認しておきましょう。
【旅行の予約で人気の楽天トラベル】で沖縄の宿泊先を探してみる

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント