旅行のキャンセル待ちで空きがでる可能性はどれくらいあるの?

旅行に行きたいと思ったとき、もう手遅れだった…。

そんな経験ありませんか?

急に小学生の娘に旅行に行きたいと言われても、宿探しだってなかなか難しいですよね。

慌てて探したところで、簡単にみつかりません。

ましてや、夏休みともなれば旅行シーズンです。

そんなとき、夏休みの旅行でキャンセル待ちって、実際に可能なのでしょうか?

さらには「キャンセル待ち」って、はたしていつまで待てばいいのでしょうか?

今回は、そんな夏休みの旅行でのキャンセル待ちについて、詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンク

夏休み時期の旅行ってキャンセル待ちの可能性ってほぼゼロに近い!?

夏休みの旅行は、かなり前から計画を立てている人が多いです。

そのため、簡単にキャンセルにはならないでしょう。

人気の有名ホテルともなると、余計難しくなります。

そもそも人気のあるホテルは、ホテル自体を目当てに予約している可能性が高いです。

そのためみなさん計画を持って予約しています。

どんなホテルでもいいのであれば、近隣でもしかしたら見つかるかもしれませんね。

でも観光地で有名なところは、それも可能性は低いですね。

(1)キャンセル待ちで予約が取れる確率は50%以下

キャンセル待ちで予約が取れる確率は、50%以下です。

そう!半分以下の確率でしか、キャンセル待ちの場合には予約は取れません。

キャンセル待ちで、順番がまわってくるかは先着順です。

そのため、ダメ元でも早めに旅行会社でキャンセル待ちの予約をしておきましょう。

でも実際のところ、予約できるのは半分以下の確率です。

いつ順番がまわってくるかわかりません。

旅行会社も先着順が一つ繰り上がったところで。わざわざ連絡してきません。

なので、キャンセル待ちの場合は、諦めて別のところを探した方が早いです。

どこにも行けないとなると、それはそれで悲しいですもんね。


スポンサードリンク

夏休み旅行でのキャンセル待ちっていつまで待てば諦めるべき?

宿泊を含む旅行であれば、たいてい14日前までキャンセル可能です。

キャンセルを考えている人は、そのあたりで連絡をいれます。

日帰り旅行であれば、2~4日前までキャンセル可能なことが多いです。

そのため、かなり日が近づくまで待つ必要がありますね。

正直、3日ほど前までキャンセル待ちを待つのは辛いものです。

確率も低い上に、直前まで待つのは予定の目途が立ちませんからね。

宿泊であれば14日前、日帰りであれば4日ほど前までがチャンスです。

この期間を超えてもキャンセルが出ないようであれば、スパッと諦めましょう。

キャンセルが出なかったことについて、旅行会社からは連絡がありません。

でもこのまま諦めるわけにはいきませんね。

その気にさせておいてどこにも旅行に行けないとなると、お子さんの機嫌が悪くなってしまいます。

(1)当日割引を狙おう

そこで、検討していただきたいのが「当日割引」です。

予約している人の中には、当日やむを得ず行けなくなる人がいます。

  • 体長が悪かったり
  • どうしても仕事が入ってしまったり
理由は様々です。

ただ、お目当ての旅館で「ピンポイントの当日キャンセル」なんて都合のいいものはほとんど期待ができません。

しかし、少し範囲を広げてみると意外に見つかるので、おすすめですよ。

ただ「当日のキャンセル」なので、行くとなると当日の朝は、当然バタバタすることになります。

最後の賭けになりますね。

それでもよければ、もしかしたら希望に近いところが見つかるかもしれません。

また、当日の予約は割引が効くことがあります。

それをあえて狙ってみるのもいいですね。

夏休みの旅行でキャンセル待ちのまとめ

夏休みの旅行のキャンセル待ちは、ハッキリ言って気が遠くなります。

キャンセル待ちが出る確率は、半分以下です。

完全に「運任せ」ですよね。

ただ、「どうしても、そこにしか行きたくない!」という場合は待つしかありませんね。

キャンセル待ちの待つことのできるリミットは、宿泊で14日、日帰りで4日です。

運がよければ、当日空きの出ることもあります。

でも旅行当日の朝まで行き先が決まっていないのは、心が落ち着きませんよね。

旅行は計画をしっかり立てて、慌てず済むようにしたいです。

夏休みであれば、2月上旬から予約可能なケースが多いです。

早めに検討して、楽しい旅行を実現してくださいね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント