わたあめの作り方!ザラメだけあれば簡単にできるって本当?

この記事は約6分で読めます。

お祭りの屋台でよく見る「わたあめ」。

甘くてふわふわで、みんな大好きですよね。

わたしも小さな頃はお祭りに行くたびに親にねだっていました。

そんなわたあめですが、材料は至ってシンプル。

実は「ザラメ」のみ!

わたあめ機があれば、ザラメを用意するだけで簡単に作ることができちゃいます。

しかも最近はおうちで使えるわたあめ機も色々販売されています。

コロナ禍で様々なイベントが中止になってしまった昨今。

お祭りに行けなかった子どもさんも多いのでは?

今回はおうちでわたあめを作る際のお役立ち情報として

  • 必要なザラメの分量
  • わたあめ作りに適したザラメの種類
についてまとめました!

また、ザラメからわたあめができる理由や、余ったザラメの活用法についても触れています。

おうちでわたあめ作りがしたいあなた、必見です!

スポンサードリンク

わたあめを作るのに必要なザラメの分量はどのくらい?

お祭りの屋台などで売られているわたあめ1つを作るのに必要なザラメは15gから20gといわれています。

上手な職人さんだと15gで大きなふわふわのわたあめが作れるのだそう。

実はわたしも学生時代に作ったことがありますが、15gではなかなか大きなものはできなかった記憶があります。

そして家庭用のわたあめ機は専用の計量スプーン付属のものが多く、1回あたり約10から15g使うものが多いです。

ただ屋台などで使われている機械よりも小さめなので、できあがるサイズも小ぶりです

ちなみにこちらの動画では、家庭用のわたあめ機で大きなわたあめを作るコツを紹介されています。

参考にしてみてくださいね。

ザラメからどうしてわたあめができるの?

そもそもどうして固いザラメからふわふわのわたあめができるのか、あなたは知っていますか?

気になって調べてみました。

わたあめの原理①ふわふわのわたの正体
熱で溶けたザラメが、冷えて糸のように固まったもの。

空気を含むためふわふわとしたわたのような状態になります。

わたあめの原理②わたあめ機の仕組み
わたあめ機の中央には小さな穴がたくさん開いた釜があります。

その釜でザラメを温めて溶かして、釜を回転させることによって溶けたザラメが遠心力で穴から出てきます。

このとき出てきたザラメは、①の通りふわふわの状態です。

それをわりばしで絡め取ったものがわたあめになります。

この仕組みについて、子どもさん向けにわかりやすく解説されているサイト

★日新製糖 シュガーラボ

こちらに詳しくわかりやすく説明されているので、興味のある方は参考にしてみてくださいね。


スポンサードリンク

わたあめに使うザラメの種類は?ザラメの特徴や選び方は?

わたあめに使うザラメは、白ざら糖とよばれるものがおすすめです!

と言われても、なかなかイメージが付かないと思う方も多いはず。

お菓子の上にトッピングされているキラキラとした砂糖がこの白ざら糖です。

クセがなく、上品な甘さを持っています。

ちなみにスーパーでよく見かけるザラメは茶色のものが多いと思いますが、これは中ざら糖といわれるものです。

中ざら糖はカラメルが添加されているため、独特の風味やコクがあり、煮物や和菓子作りに向いています。

もちろんこの中ざら糖でもわたあめは作れます。

ですがザラメを熱で溶かす際に、この独特の風味が苦みとして残ってしまうことがあるようです。

すっきりとした甘さのわたあめを作りたいときには、ぜひ白ざら糖を使ってみてください!

ザラメの特徴!他の砂糖とはどう違う?

上白糖やグラニュー糖などの普通の砂糖は、一般的なわたあめ機には使うことができません。

この理由は、ザラメの持つ特徴にあります。

それは
粒が大きい

  • ゆっくり溶けて、加熱しても焦げにくい
  • という点です。

粒が細かい砂糖を使うと、わたあめ機の穴につまってしまいます。

また加熱したときに焦げ付いてしまったら、真っ白なわたあめを作ることはできないですよね。

わたあめ作りにザラメが使われるのはこんな理由があったんです。

色つきのわたあめが作れるザラメも!

わたあめ作りにおすすめのザラメは他にもあります。

いま原宿などで大人気のカラフルなわたあめを知っていますか?

大きなレインボーわたあめや、カップに入ったかわいい色のわたあめが若者に大人気なんです。

実は色付きのザラメを使えば、おうちでも簡単にカラフルなわたあめが作れちゃうんです!

行列に並ばなくても“インスタ映え”のわたあめが食べられたら、子どもさんも大喜び間違いなしですよね。

たとえばこちらの「「カラーざらめ 5色セット」

作り方については、こちらの動画が参考になると思います。

動画内では業務用のわたあめ機で作っておられますが、家庭用のわたあめ機でも同じように作ることができますよ。

★「カラーざらめ 5色セット」の詳細を見てみる

他にもかき氷のシロップのように味付きのザラメもあります。

食べ比べしてみても楽しいかもしれませんね。

余ったザラメの活用法

最後に余ったザラメの活用法についてお伝えします。

実は砂糖は不純物をほとんど含まず、品質の劣化が極めて少ないといわれています。

そのため法律でも賞味期限はないと定められているのです。

つまり密閉容器に入れてきちんと保管しておけば、ずっと使えるということです。

とは言え、一度開封したものは上手に使い切りたいですよね。

家庭でのわたあめ作りだけではなかなか使い切れない・・・と心配な方もおられるのでは?

そんなときは、クッキーやパウンドケーキなどの焼き菓子を作るときにトッピングして焼くのがおすすめです。

焼いても溶けずに残るため、食感が残ってまるでお店のお菓子のようになりますよ。

またすっきりとした甘さを持つためジャムなど、素材の味をいかすものに使うのもおすすめです。

ちなみに我が家は食パンにバターを塗ってザラメを振りかけて焼く事が多いです。

食感ザクザクのおいしいシュガーバタートーストが手軽にできますよ。

わたあめの作り方のまとめ

わたあめの作り方についてみていきましたが、いかがだったでしょうか。

本当にザラメさえあれば簡単にできちゃうんです。

しかも少量でできるのでコスパも最高です。

屋台で買っていたわたあめがいつでも作って食べられるなんて、大人にとっても夢のようだと思いませんか?

作る工程も楽しいので、家族ですればみんなで盛り上がること間違いなし!

ぜひおうちで楽しくわたあめを作ってみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント