現代の夫婦円満の秘訣は家事分担!秘訣はポイントを見える化すること

この記事は約3分で読めます。

皆さん、旦那さんは家事をしてくれますか?またはお手伝いをしてくれますか?

他の家庭では、夫とどのように家事の分担を決め、どこまで実践できているのか、実際のところどうなのかってすぐく気になりますよね。

この記事でお伝えしたいこと
  • ご主人とどのように家事を分担すべきなの?
  • 家事分担の秘訣とそのポイント

っていうことについて、お伝えしていきますね。

スポンサードリンク
  

日本は欧米に比べて家事分担の理解が遅れている

女性の社会進出に伴い、「家事」の概念も変化してきました。

  • 男性は家族のために外で仕事をし
  • 女性は家を守る

という考えはもう古いわけです。

それだけ現代社会では、共働きの家庭が増えており、男女ともに平等であるべきという考え方が定着してきたのです。

それでも欧米などに比べると、日本では専業主婦が未だに多いのも現実です。

これは、女性の家事労働負担が多い事が原因であると思います。

そのため、夫婦で家事をしっかりと分担し、妻の負担を減らすことで、専業主婦からお仕事を始める女性がさらに増えてくるのではないでしょうか?

家庭での女性の働き方によって家事分担を決める

では、ご主人とどのように家事を分担すべきなのでしょうか。

女性の働き方による分担と役割についての違いについて見ていきましょう。

共働きの場合

夫婦共に働いている場合は、家事の役割分担は平等です。

どちらかに負担が大きくならないように、夫婦で話し合い、同じ量の家事労働を分担するのが当然ですよね。

妻がパートの場合

この場合、共働きといってもフルタイムとは異なります。

パートですと、短時間勤務で週◯日となるので、家事労働時間も共働きよりあります。

ですので、2/3は妻が、1/3が夫という分担が理想的です。

妻が専業主婦の場合

専業主婦になりますと、やはりフルタイムで働く夫と家事を分担するのは、夫にかなり負担があると思います。

だからといって、全く家事労働なしというのも今のご時世問題です。

ですので、具体的に取り決めておくと良いと思います。

例えば...

  • 土日は夫に家事を任せる
  • 夕食後の食器洗いは夫に
  • ゴミ出しは全て夫に任せる
  • ちょっとした買い出しは帰宅途中にお願いする
  • 朝に洗濯を回すのは夫にお願いする(干すのは妻)

ぜひ参考にしてみてくださいね。


スポンサードリンク

出来る事出来ない事を夫婦間で明確にする

夫も妻から頼られることに嫌がる男性はいないと思います。

しかし、その役割と配分が大切なわけです。

夫に負担をかけ過ぎるのも良くありませんし、家の中では何もしない夫であっても夫婦間に溝が生まれてしまいます。

お互い正直にこれはやってほしい、これはできないを明確にしておきましょう。

さいごに

夫婦円満のための家事分担についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

そして家事を分担して、当たり前とお互い思わずに、感謝の気持ちを大切にしましょう。

人に何かしてもらったら素直に「ありがとう」と伝えるべきです。

親しい仲にも礼儀ありが夫婦円満の秘訣であると思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント