金魚の水換えのとき!砂利もたまには洗った方がいいものなの?

スポンサードリンク

金魚を飼っていると、結構な頻度で水換えをしている方も多いのではないでしょうか?
でも水槽の中に入れている砂利や、水槽の掃除の頻度はどうでしょうか?
ちょっと面倒なこともあって、あまりしていないかもしれませんね。
でも水換えだけじゃなく、砂利も定期的に掃除してあげないいけません。

砂利のすき間に汚れが蓄積されていくと、金魚に悪影響を及ぼします。
金魚の体調が悪くなってしまったり、病気になるかもしれません。
大事な金魚のために適切な掃除方法を知っておきましょう。

スポンサードリンク

1.金魚の砂利を掃除ってどれくらいの頻度ですればいいものなの?

まず、水槽の砂利はそんなにしょっちゅう掃除するものではありません。
砂利を敷き詰める理由は、見栄えだけではありません。
水槽内のバクテリアのためでもあります。

(1)砂利の掃除のしすぎは金魚にとって逆効果

バクテリアは、汚れた水をきれいにろ過してくれます。
金魚にとって必要不可欠な存在なんですよね。

そのバクテリアは、砂利があることで生息できます。
なので、砂利をきれいに掃除しすぎると、バクテリアのためにはよくありません。
せっかく住み着いたバクテリアまで、キレイにはがしてしまうことになるんですね。

でもだからといって、全く掃除しないわけにはいきません。
では、どれくらいの頻度で掃除したらいいのでしょうか?

(2)砂利の掃除はどれくらいの頻度ですればいい?

まず水換えは月に1回は必要です。
月に1度は水槽内の水を総入れ換えします。
でも、一度にその作業を行ってはいけません。

いきなりどばーっと新しい水が入ってくると、金魚が驚いてしまいます。
そして金魚がすぐに水になじめないと、弱らせてしまう原因になります。
そのため、2週間に1度水槽内の2/3の水を入れ替えましょう。
それを月に2回することで全部の水を総入れ換えします。

砂利の掃除は月に一度でOKです。

(3)具体的な掃除頻度は?

水替えは月に2回、砂利は月に1回の頻度で掃除が必要です。
では、水槽はどうでしょうか?

水槽の掃除頻度も月に1回が適切です。
でもこれは、砂利の掃除と同じ日にしてはいけません。

水槽をきれいに洗うと、付着していたバクテリアが洗い流されます。
そうすると、見た目はきれいにはなっても水質をきれいに保てなくなります。

つまり、月に2回の水替えは水槽と砂利の掃除をそれぞれ行います。

たとえばこのように決めておくといいですね。


  • 毎月1日 水換え2/3+砂利の掃除
  • 毎月15日 水換え2/3+水槽の掃除

飼育に慣れてくると、水槽の水を見て掃除をするタイミングがわかってきます。
でも、飼い始めの初心者はこのように「掃除の日」を決めておくといいですね。

夏は金魚の活動が活発になり、冬は落ち着きます。
そのためきせつによって、水の汚れるスピードが違います。

活発な夏の方が水は汚れやすくなります。
なので夏場は「月に2回の水換え」が必要と考えておいた方がいいですね。
あとは、水の汚れ具合を見て、必要であれば掃除の頻度を上げてあげてください。


スポンサードリンク

2.金魚の水槽と砂利の掃除 手順を間違えると大変なことに!?

先ほどもお話した通り、水槽と砂利は別の日に掃除してください。
それが金魚を弱らせないコツです。

ではここでは、砂利の実際の掃除の仕方をご紹介していきますね。


砂利の掃除の仕方
①水槽と別の容器を準備します。

②水槽の水と金魚をその容器に移します。

③残った水で砂利を洗います。

④汚くなった水は捨てます。

⑤別容器の元の水と金魚を水槽に戻します。

⑥.捨てた水量分、新しいカルキ抜きした水を追加します。

次に、水槽の掃除の仕方です。


水槽の掃除の仕方
①エアーポンプなどの器具をはずす

②別容器に金魚と水を移す

③水槽の水を使って水槽を洗う(スポンジで軽く洗います)

④器具も水槽の水を使って洗います。

⑤汚くなった水は捨てます。

⑥別容器の元の水と金魚を水槽に戻します。

⑦捨てた水量分、新しいカルキ抜きした水を追加します。

どちらもポイントは「水槽の水を使って洗うこと」です。
また、意外かもしれませんがきれいにしすぎてはいけません。

バクテリアを完全に消滅してしまうのは、金魚のためには絶対にNGです。
砂利と水槽の掃除は、別日に行うことも忘れないでくださいね。

3.金魚の水換えで砂利も洗うべき?のまとめ

金魚の水槽の掃除は、毎日しなくても大丈夫です。
水は汚れてきたタイミングで交換してくださいね。
全部変えずに一部交換できれいにしてあげましょう。

金魚はデリケートな生き物なので「水質が命」です。
せかっく金魚のために掃除するんですから、金魚に負荷のかからないようにしてあげましょうね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。