わたあめ機のレンタルをするとき金額はいくらかかるもの?

  • 幼稚園・小学校・中学校でPTA役員をされていたり
  • 自治会の役をしていて夏祭りのお店を任されたり
そんなとき「夏祭りでわたあめをしよう!」という話になることがあります。

小さなお子さんは甘い物が大好きですし、ボリューム感があって華やかですもんね。

作っている姿も不思議で、大人でもついつい見入ってしまいますよね。

私が小さい頃は、わたあめの色は白一色でしたが、今のわたあめってとってもカラフルです。

  • ピンク
  • 水色
  • 黄色

と、その他にもいろんな色だけじゃなく、香りや味まで楽しめます。

大きさも、食べている顔が見えないほどの大きなものもありますよね。

「映える写真も撮れてしまう」、そんなおしゃれな食べ物です。

でも、なかなか「映えるわたあめ」を作るのって難しそう!って思っていませんか?

実は、レンタルの綿菓子機でも、カラフルなものや大きなものが作れるようなんです。

そこで今回は、子供たちの大好きわたあめを夏祭りで作ってみようと思っている方のために、「わたあめの機械」について詳しく見ていきましょう!

スポンサードリンク

わたあめの機械のレンタルにかかる値段の相場!気を付けておくべきポイントは?

わたあめの機械は、インターネットでレンタルすることができます。

以下の値段や情報は2020年2月現在のものです。

★「イベント用品のお届けレンタル サークルランド」
2日レンタルで12,960円(税込)~(※2020/2/16現在)
■「イベント用品のお届けレンタル サークルランド」の詳細を見てみる

★「綿菓子機レンタル専門店」
1泊2日で17,800円(税別)(※2020/2/16現在)
■「綿菓子機レンタル専門店」の詳細を見てみる

★「コーエィレンタルショップ」
3日間で14,400円(税込)(※2020/2/16現在)
■「コーエィレンタルショップ」の詳細を見てみる

上記でご紹介したレンタルショップは、全て送料無料のところです。

機械単体でのレンタル料のみ記載しました。

地域により送料が発生するかもしれませんので、ご自身でチェックして見積もりをとるようにしてくださいね。

これらの「わたあめ機のレンタル」での値段の差は、

  • 配送料の有無
  • 設営までしてくれるか(コードをさすだけの簡単な機械もあります)
  • 返却時の機械の清掃が必要か、不要か
が大きいと思います。

そして綿菓子を作るには、上記以外にも

  • ザラメ
  • 割りばし
  • 椅子
  • 延長コード
などが必要ですので、その分の予算も必要になってくることも忘れないようにしてくださいね。


スポンサードリンク

わたあめを作る機械を購入するなら値段はどのくらい?種類や大きさは?

一口に「綿菓子機」と言っても、サイズによって価格は様々です。

★「ジャンボわたあめ屋さん」 (ライソン KDCC-003R)
家庭で大きな綿菓子を作れるような機械だと、7,000円程度で購入できます。

イベントの規模によりますが、少人数であればこの程度のサイズでも使えるかもしれません。
■「New わたがし名人 Pro」の詳細を見てみる

★「New わたがし名人 Pro」
こちらは、業務用の綿菓子機なので、イベントなどに問題なく使えると思います。

約28,000円で購入できます。

送料を入れると約3万円程度になると思います。

私が調べた業務用綿菓子機の中では、この機械が一番お手頃でした。

綿菓子が恒例行事となっている場合は、レンタルではなく購入しても良いのかなと思える金額です。

しかし、お手入れはきちんとしなければいけませんし、保証は1年間と書いてありました。

使用頻度が1年に1回であれば、2回目に使ったときに不具合があった場合に有料修理になる可能性もあります。

そのあたりを考慮する必要があると思います。
■「New わたがし名人 Pro」の詳細を見てみる

★「全自動わた菓子機」 TK-5(CA-6)型
レンタルされているわた菓子機のほとんどがこのタイプです。

こちらの金額は、約66,000円。

確実に4回以上、綿菓子機を使うのであれば、購入する方がお得かもしれません。

しかし、これも前述したように、お手入れの手間と保証期間に注意する必要があります。
■「全自動わた菓子機 TK-5(CA-6)型」の詳細を見てみる

綿菓子機は、高ければ28万円以上するものもあります。

さすがに、これほどに高価なものは限られた予算でのやりくりは厳しい団体が多いと思います。

「その金額なら、新しいパソコン買いたいわ!」とか言われてしまいそうですよね。笑

このレベルになると、おまつりなどの出店の綿あめ業者さんが購入されるものかもしれませんね。

わたあめを作る機械のレンタルをしたい!のまとめ

わたあめを作る機械のレンタルについてみてきましたが、いかがだったでしょうか?

簡単にポイントをまとめておきますね!

★わたあめを作る機械のレンタルをしたい!のポイント
  • 綿菓子機は、2日で約13,000円~レンタルすることができます。
  • 送料、設営、返却時の掃除が必要か、なども業者によって異なります。
  • 家庭用綿菓子機は7,000円~購入できます。
  • 業務用綿菓子機は28,000円~購入できます。

限られた予算の中で、楽しいイベントを考えようとされていると思います。

レンタルするのか、購入するのか、今後の使用頻度や保管環境などを含めてお考えいただければと思います。

少しでもご参考になれば嬉しいです。
イベントの成功、お祈りしております!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。