鍵盤ハーモニカのお下がりって衛生的にどうなの?

この記事は約6分で読めます。

小学校の入学準備ってお金がかかりますよね。

その中でも、意外とコストがかかってしまうのが「鍵盤ハーモニカ」。

「え、そんなに高いの?!」と思われるかもしれませんが、7000円前後はします。

自分が子どものころ使っていた時には、そんなにお高いものだとは、思いもせずに使っていましたが、親になると「そのお値段」にびっくりしますよね!

そんな鍵盤ハーモニカですが、激しい使い方をしなければそうそう壊れることはありませんよね。

なのでで、兄弟や親戚、知り合いからお下がりをもらうこともあると思います。

ただこのとき、鍵盤ハーモニカは口をつけて吹くものなので、衛生的に気になることもあるんですよね。

今の時代は特に…。

しかし、「使えるものは使いたい」とも思います!

まず、鍵盤ハーモニカは、きちんとお手入れをすると長く清潔に使うことができます。

今、娘がおもちゃとして使っている鍵盤ハーモニカは、私が兄からお下がりでもらったもののお下がり品。

なんと30年以上も前のものですが、今も問題なく使うことができています。

私が普段しているお手入れも含め、お下がりの鍵盤ハーモニカを使う場合のポイントを見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

鍵盤ハーモニカのお下がり後の手入れ方法!本体を洗ったりしても大丈夫?

お下がりをいただいたら、家庭でできる限りのお手入れをして清潔に使いましょう。

鍵盤ハーモニカの部分ごとにお手入れ方法をご説明します。

鍵盤ハーモニカの鍵盤本体のお手入れ

本体の中には金属で作られたリードが入っているので、水洗いはできません。

固く絞った布で拭き、その後乾いた布で乾拭きしてください。

なんとなく、本体の中に雑菌があったらそれが口の中に入ってしまうんじゃ…と思ってしまいますが、鍵盤ハーモニカは息を吐いて音を出す楽器なので、本体の中の空気を吸い込むことはありません。

そのため、本体の中の衛生状態はそこまで気にすることはないのではないかなと思います。

それよりも、水洗いなどをしてリードが水で濡れてしまうと、錆びて音が出なくなってしまうことがあるので、水洗いはしないでください。

吹いている最中に水滴がたまることがありますが、それは本体の右端にある「水抜きボタン」を押しながら強く息を吹き込んで取り除いてください。

私も、使ったあとは必ず水抜きをしています。

ドレミなどを直接鍵盤に書いている人もいるかもしれませんが、

  • シンナー
  • ベンジン
などの強い液体で拭くのはやめましょう。

表面が変質してザラザラしてしまうかもしれません。

鍵盤ハーモニカのパイプや吹き口のお手入れ

鍵盤ハーモニカで衛生状態が一番気になる部分がこれ。

口でくわえますし、唾液がそのままパイプの中に流れ込んでいる場合もあります。

ニオイが出てくることもあります。

お下がりでいただいた場合、パイプや吹き口は新しいものを購入した方が良いと思います。

私は口の吹き口を噛むクセがなかったので、綺麗な状態で保存できていました。

そのため、娘にはそれをよく洗ったあとに使わせています。

しかし、噛むクセのある子であれば、吹き口はすぐに傷んでしまうかもしれません。

経年劣化でパイプが割れてしまうこともあるので、そのような場合も新しいものを買うようにしましょう。

お手入れは、基本的には水洗いでOKです。

我が家では、使ったあとは必ず水洗いをしています。

毎回水洗いをきちんとしているので変なニオイもしません。

特に決まりはないと思いますが、私は、口の方から水を流し入れて接続部分の方から排出するようにして洗っています(気持ちの問題)。

水洗い後は、台所の手袋掛けにぶら下げて、接続部分にたまった水を何度か捨てて乾かします。

乾ききるのに半日ほどかかりますが、じゃばらの部分は水がたまりやすいです。

そんな状態のまま、半乾きでなおしてしまうとカビが生えてしまうので、しっかり乾かしてからなおしましょう。

どうしてもニオイなどが気になるなら、中性洗剤を使うこともできるようです。

カビが生えた場合は、キッチンハイターでのつけ置き洗いもできます。

ただ、メーカーによって扱い方が違うかもしれないので、お持ちの鍵盤ハーモニカのメーカーの説明書をよく読んでくださいね。

鍵盤ハーモニカのケースのお手入れ

この鍵盤ハーモニカのケースは、水洗いできません。

ぱっと見ただけではわかりませんが、ケースの内側部分は衝撃を吸収しやすいように空洞が作られています。

小さな穴が開いているのですが、万が一、そこに水が入ってしまうと水を出すことはできません。

ケースも洗剤などを使うことができないので、固く絞った布で拭いてから乾拭きしてください。

あと、我が家でも、鍵盤ハーモニカのお下がりをもらったことがありまうs。

そのときに、本体はまだピカピカだったんでづが、ケースが汚れでくすんだ感じになってしまってました。

いくら拭いても、なかなか取れなかったのですが、そのとき「あるアイテム」を使ってキレイにすることができたんです!

そのアイテムは「消しゴム」です!

いくら固く絞った布で拭いてもキレイにならなかった汚れが、なんと「消しゴムでこする」ことで、気持ちいいくらいキレイに取れて行ったんです!

汚れ具合や、汚れの種類にもよるかもしれませんが、ぜひ試してみてくださいね!


スポンサードリンク

鍵盤ハーモニカでケースのみは売ってないの?本体との色が違っても大丈夫?

鍵盤ハーモニカは、ケースのみでも売っています。

前述しましたが、鍵盤ハーモニカのパイプや吹き口だけでも売っています。

なので、衛生的に気になる場合やじゃばら部分が割れているなどの場合は、その部分だけ新しく買っても良いですね。

ケースと本体との色が違う場合もあると思いますが、それを子どもが気にしないのであれば、違っていても大丈夫だと思います。

ただ、メーカーが違う場合だと、形が違ってはまらないかもしれませんので、そこだけ注意してください(吹き口もメーカーによって形が違います)。

数年間使うものなので、子どもと話し合って決めてくださいね。

鍵盤ハーモニカのお下がりは衛生的にどうなの?のまとめ

鍵盤ハーモニカのお下がりの衛生面にについて見てきましたが、いかがだったでしょうか?

最後にポイントをおさらいしておきますね。

  • お下がりの鍵盤ハーモニカを使う場合は、パイプや吹き口だけ購入すると、衛生面では安心だと思います。
  • 本体は水濡れ厳禁です。水で固く絞った布で拭き、そのあと乾拭きしてください。
  • パイプや吹き口は、基本的に水洗いでOKです。汚れが気になる場合は、中性洗剤やハイターでのつけ置きも可能ですが、メーカーの説明書をよく読んでから行ってください。
  • ケースも水濡れ厳禁です。表面は布で拭くようにしましょう。
  • ケースのみでも販売されています。中身との色が違っても子どもが納得するなら、それで良いと思います。
  • ケースや吹き口は、メーカーによって形が違うので、本体と同じメーカーのものを買うようにしてください。

鍵盤ハーモニカのお下がりを使うときの、お手入れの参考になれば嬉しいです!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント