算数セットはいつまで使う?何年生になれば処分していいの?

この記事は約5分で読めます。

小学生になると色々な学用品が必要になりますよね。

習字セットや絵具セット、鍵盤ハーモニカなど、大きいものから小さいものまで様々です。

「算数セット」もそんな道具のひとつです。

1年生の時に購入する算数セットですが、これはいつまで使うものなのでしょうか?

妹や弟が小学校に入学するときに

「もう使わないんだったら、お下がりにできるんじゃ?」

とは思っても、「もしもまだ使うことがあったら・・・」なんて考えると、小学校を卒業するまでお下がりにするのを考えてしまいますもんね。

それに、小さなおはじきなども一つ一つ記名をしてあるので、処分するにしても少し困ってしまいます。

スポンサードリンク

算数セットはいつまで使う?処分はいつすれば良いの?

まずは、この「算数セットはいつまで使うものなのか」という点です。

これは、それぞれの学校の方針や、算数を教える先生のやり方によって差があるようです。

小学校2年生までは授業で使用するという声が多数ですが、3年生になると使うかどうかは、学校によって違うようです。

「おはじきなどの一番使うもの以外は、3ねんせいになったら学校には持って行くことはない」ということが多いようです。

なので、算数セットは

「小学2年生までは使う」
「小学3年生になったら、学校によってはおはじきなどは一部使うことがあるので、聞くことができる人がいれば聞いてみる」
「小学校4年生にはもうつかわない」

と判断して、おさがりに使ったり、処分を考えても良いでしょう。

算数セットの処分はいつ頃しても大丈夫?

使い終わってどこかに保管しておくにしても、意外とかさばり場所も取る算数セット。

小さな道具も色々入っているので、「赤ちゃんやペットがいる家庭では、誤飲しないように早めに処分したい」というご家庭もあるようです。

「算数セットをもう使わない!」と断言できるのは、小学校4年生という声が多く聞かれます。

なので、早めに処分したいという家庭では、小学校4年生を目安に考えてはいかがでしょうか。

ただし、学校や先生の方針によっては高学年になっても使うことがあるかもしれません。

なので、まず間違い何のは「一度先生に確認をとってから処分する」ことをオススメします。

使わなくなった算数セットをお古で譲るのは失礼なこと?

使わなくなった算数セットを、兄弟などで下の子に回すというのは良くあることです。

色々入っている算数セットの中には、ほとんど使っていない道具もありますよね。

我が家には現在1年生の娘がいるのですが、

「算数カード」
「数を数えるためのブロック」

この2つは、ヘビーに使用しているようです。

しかし、今のところはそれ以外のものはほぼ手付かず。

おはじきや数え棒を今後使うとしても、かなりきれいな状態のまま使い終わる気がします。

我が家にはまだ下に妹がいるので、算数セットだけでなく回せるものはどんどん下の妹に回していこうと思っています。

ただ、このお古に関して、姉妹兄弟であれば気兼ねなく回すことができますが、それ以外の人にお古を譲るのは失礼なのでしょうか?

これは人によって意見がもちろん違いますが、私は全く問題ないと思っています。

まだ使えるものを必要な人に渡すことは、なにも失礼とはいえないですよね!

ただ、中には色々な人からお古を集めて転売したりする人もいるので、気心の知れたお友達に譲るのが1番正解かなと思いますよ。

算数セットには細かく名前もついているので、その対処もしっかりと譲るお相手と話をしてから渡してくださいね。


スポンサードリンク

算数セットを捨てる前に!寄付もできるって本当?正しい捨て方はあるの?

算数セットを処分しようと思っている方に、ぜひ知ってほしいことがあります。

実は「算数セットを寄付することができる」ことはご存じでしょうか?

ご近所の方やフリマアプリなどで販売する方法もありますが、「海外の恵まれない子供たちに寄付をする」という方法もあるのです。

これは、アジアやアフリカの色々な国に寄付をすることになります。

もちろん「寄付」ですので、送料や手数料などは寄付する側の負担となります。

でも、その寄付によって救われる子供たちがいるかもと考えると、少し嬉しい気持ちになりますよね。

アジアやアフリカへの寄付は算数セットだけでなく、絵本やサッカーボールなどの寄付も募集されています。

自宅に眠っているものがあれば、捨てるくらいなら「寄付」という方法もご検討してみてはいかがでしょうか。

算数セットはどうやって捨てる?

算数セットを処分しよう!と思った時、迷うのが捨て方についてです。

こまかく名前がついていたり、色々な材質を使っていたりと、捨て方に迷う方も多いのではないでしょうか。

まずは、材質によって分別をします。

プラスチックや紙などは問題ありませんが、マグネットシートの捨て方はそれぞれ地域によって分別が異なることがあります。

事前にゴミの処理についての問い合わせをしておくと安心です。

分別が終わったら、できるだけ名前をとりましょう。

シールであればはがせば良いですし、直接書いたものなどはマニキュアの除光液などを使うと簡単に落とすことができますよ。

やっぱり名前の書いてあるものをただそのまま捨てるのは気が引けますよね。

とりきれない名前などもあると思いますので、中身の見えない袋にいれて、それぞれの分別でゴミにだしましょう。

マグネットシートだけは確認を取ることを忘れずにお願いします。

算数セットはいつまで使うの?のまとめ

小学校の入学時に購入する「算数セット」はいつまで使うのか?ということについて見てきましたが、いかがだったでしょうか?

小学校の学用品は、使わなくなったとたんに場所をとって処分したくなるんですよね!

ただ捨てるだけではなく、譲ったり寄付する方法もありますので、それぞれのご家庭にあった処分方法を検討してみてくださいね。

「ものを大事にする」ということを子供に態度で示す、貴重な実体験にもなるはずですよ。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント