消しゴムを使い切る方法!小さく使いづらくなったときの対処法

この記事は約6分で読めます。

小さい子どもから大人まで、絶対に使ったことのある文具の「消しゴム」。

消しゴムは身近な文具ですが、最後まで使ったことはありますか?

私は、ありません。

どうしたら最後まで使えるのかと思いいろいろと調べてみました。

スポンサードリンク

小さくなった消しゴムを最後まで使い切る方法なんてない!?

ですが、実際に「コレコレ!」といった方法は見あたりませんでした。

なぜなら、消しゴムは指でつまんで使うからです。

つまめるだけの大きさがなくなってしまえば使うことはできません。

小さくなって使いづらくなったときの対処法は、「買い替える」のみ。

あーなんて世知辛いんでしょう。

でもこれが現実。

仕方ありません。

今まで自分がつまんでいた部分もちゃんと消える能力を持っているのに、それを捨てるなんて忍びないですよね…。

でも、小さくなってしまった消しゴムを大きな消しゴムに、ノリやボンドでひっつけて使うわけにもいきません。

セロテープで貼り付けても、力を入れるとすぐ外れてしまいます。

その他にも調べてみると「小さい消しゴムを集めて溶かして再形成する」などがありましたが、家庭で消しゴムを溶かすのは危険だそうで…。

うーん、どうしたものか。

…そんなときの唯一の救済方法は「消しゴムはんこ」だそうです。

消しゴムはんこは、子どもの遊びだけではなく、素敵な消しゴムはんこ作家さんがおられるほど奥が深いものです。

小さな消しゴムのかけらであっても、うまくすればかわいい模様を彫ることができます。

彫刻刀やカッターなどを使うので少し危ないですが、子どもと一緒に作って楽しむことができますよ。

でも鉛筆は最後まで使い切ることができる

ちなみに、消しゴムと同じように最後まで使い切られない文具には「鉛筆」もありますよね。

私が小学生の頃は小さい鉛筆が流行っており、鉛筆の長さが2cmぐらいになっても後ろにキャップのようなものを付けて使っていました。

そして「こんなに小さくなった!」と友だち同士で自慢をしたものでした。笑

でも、どれだけ頑張っても消えてなくなるまで使い切ることはできず、歯がゆい思いをしていました。

しかし!!

先日、短くなった鉛筆同士をジョイントする専用の鉛筆削り「TSUNAGO(つなご)」というものが売られてるのを発見しました。

これなら鉛筆を最後まで使い切ることができるのです!

文房具好きの父はそれを見て即購入(ちょっとお高いんですが)。

これで鉛筆同士をつなぐと、鉛筆を最後まで使い切ることができます。

今は、小学生の息子の使用済みの小さな鉛筆をジョイントして自宅で使うためにTSUNAGOを愛用しています。

削るのに少しコツや力が必要ですが、物を大事に使うという気持ちを育むことができるのでおすすめです。

ジョイント部分を超えると「あ、一本丸まる使い切った!」という達成感が満ちあふれますよ。
★中島重久堂 想いをつなぐ鉛筆削り「TSUNAGO」の詳細を見てみる

消しゴムはどこまで使う?新しい消しゴムに替えるタイミングは?

先ほどもお伝えしたように、消しゴムは消えてなくなるまで使い切ることはほぼ不可能です。

なので、「指でつまんで消すことができなくなったら新しい消しゴムに替える」というのが一番良い目安かなと思います。

しかしそこまで使うのも、なかなか至難の業です。

半分ぐらいまで使った状態でも、力の入れ方や形によっては折れてボロボロになってしまいます。

私は、消しゴムがボロボロと小さく砕けてしまったら、まだ固まりが残っていても新しいものに替えます。

消しゴムはスムーズに字を消せないと意味がないと思うからです。

字を消すときに余計なストレスを感じてしまうのであれば、新しい消しゴムに買い替えましょう。

ちなみに、私の息子(小3)の筆箱の中では、粉々になった「元消しゴム」を発見することがあります…。笑

子どもの場合は、大人よりもさらにスムーズな消し心地を追求しないといけないと思います。

消すのに一生懸命になってしまうと、授業どころじゃありませんからね。

たまに子どもの筆箱チェックもしてあげて、消しゴムの状態を確認してみてくださいね。


スポンサードリンク

消しゴムが劣化してる?!復活させる方法なんてあるの?

消しゴムは、時とともに劣化します。

時とともに、人が老いていくのと同じですね・・・。

イヤーーー(><)笑

そして消しゴムが劣化すると、

  • 固くなったり
  • べたついたり
  • プラスチックや塗料にひっついてはずれなくなったり
してしまうことがあります。

このような状態になってしまうと、字をスムーズに消すことはできません。

そして、そのようになってしまった消しゴムを元の状態に復活させる方法は…ありません。

でも、劣化しないようにする方法はあるので、それをご紹介します。

消しゴムが固くなるのを防止する方法

消しゴムは、太陽の光にできるだけ当てないようにしましょう。

窓際の机の上に置きっぱなしにせず、引き出しの中や筆箱の中にしまいましょう。

太陽光が当たると、消しゴムの表面がひび割れ、固くなってしまいます。

消しゴムのべたつきを防止する方法

消しゴムを高温になるところは避けましょう。

車の中や暖房設備の近くなどの高温になるところに置きっぱなしにすると、消しゴムの中に含まれていた油が浮いてきてべたついてしまいます。

消しゴムのひっつきを防止する方法

消しゴムの中には「可塑剤(かぞざい)」という、樹脂をやわらかくする成分が多く含まれています。

そのため、長期間プラスチック製品の上などに置いたままにしておくと、樹脂がやわらかくなって溶けてしまいます。

それが「消しゴムのひっつき」の原因なんです。

これを避けるには、消しゴムのスリーブ(カバー)をきちんとつけておくこと。

消しゴムを使う頻度が少ないのであれば、スリーブをきちんとはめたままにして丁寧に扱ってくださいね。

消しゴムを使い切る方法!のまとめ

消しゴムを使い切る方法についてみてきましたが、いかがだったでしょうか?

最後にポイントをおさらいしておきましょう。

  • 消しゴムを最後の最後まで使い切る方法は残念ながらありません。
  • 消しゴムはんことして再利用することは可能です。
  • 消しゴムを指でつまめなくなったら新しいものと交換すると良いと思います。
  • 消しゴムが劣化してしまうと復活させることはできません。できるだけ劣化しないような環境で保管してください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント