自由研究を親が手伝うのはいつまで?どの程度手を出すべき?

一時期マスコミで「夏休みの自由研究を代行する業者がいる!自由研究を業者に頼むのはありかなしか?」と、話題になったことがありました。ご記憶の方もいらっしゃると思います。

実際、この業者に依頼するといった行為には
「子供の夏休みの宿題の自由研究は、親が手伝った方がいいの?」
「でも、親が口出ししすぎたら、自主性が損なわれるんじゃないの?」
「親が手伝って賞をもらうより、子供が頑張って作ることの方が大切だ!」
「評価なんて気にしないで好きにやらせて、親は堂々としていればいい!」

といったようなさまざまな意見があります。

ただ、実際問題ほとんどの子供にとっては、まだ小学校低学年のうちは、自由研究を1人ですべてやらせるのはかなりハードルが高いのも事実です。

子供に任せても、結局ギリギリまで仕上がらなくて

  • 最終日に親子で大変な思いをして何とか仕上げた!
  • かなりクオリティーの低いものができあがってしまった!

とかいうはめになってしまいますよね。

この記事でお伝えしたいこと

  • 夏休みの自由研究の宿題を、親が手伝うべきかどうか
  • 何年生ぐらいまで親が手伝った方がいいのか
  • 親が手伝った自由研究ばかりが賞をとる現実!?

っていうことについて、お伝えしていきますね。

スポンサードリンク
  

夏休みの自由研究 低学年のうちは親が手伝ったほうがいい

小学1年生の夏休みを前にして、小学校の先生が「低学年では、自由研究は楽しい!ということを教えてあげるために、親御さんも手伝ってください」と、いうようなことを伝えてこられていました。

最初っから「子供の自主性を育てるために、自由研究は手伝わない」と決めている親御さんもいらっしゃいますが、もしかしたら、子供が小学校低学年の間だけは、自由研究はできるだけフォローしたほうがいいかもしれません。

親が自由研究を手伝えるのは低学年までのこと

高学年にもなれば、「テーマを決めたり、研究を進めたり」ということを自分一人でもできるようになりますので、どんどん子供に任せて自主的に進めさせて構わないでしょう。

また、高学年にもなると親の干渉を嫌がることも多いので、「フォローしたくてもできない」という状況になりがちです。

つまり、親が子供の自由研究をフォロー出来るのは、低学年のうちだけなんです。

夏休みの自由研究は手伝うのではなくフォローする

低学年の子供の自由研究を、親が一緒になってやってあげる目的は、単に「宿題を手伝う」ということではありません。

これは、子供が高学年や中学に上がった時に、自分一人でちゃんとできるようになるための、訓練と考えた方がいいです。

なぜなら、小学校1、2年で、親に手伝ってもらい自由研究のやり方を覚えた子供は、それ以降自分で考えて出来るようになります。

でも、もしも低学年の頃から、自由研究を親にあまり見てもらえなくて、低いクオリティーでしあげてしまうとどうなるか。たいていの場合は、その低いクオリティーのやり方から抜け出せず、高学年になってしまいます。

その結果、「夏休みの自由研究の正しいやり方」が身についていないままなので、自分で考えて自由研究を進めるのが難しいんです。

夏休みの自由研究 あきらかに親が手伝ったものばかりが賞を取っている現実?!

「自由研究の最優秀作品!」なかには、どう見ても「ほとんど親が手伝ったんじゃないの?」と、いうものがあるのも事実です。

こういう時、「これで賞をとっても仕方がない」と、考える人がいますがどうなんでしょう。

もしもそうなら、親が手伝ったことがわかる自由研究は、最初から賞を取れないはずですよね。なのに、実際は親が手伝ったものでも高く評価されています。

実際、「親がほとんどやったな…」というのは、担任の先生にはバレバレだそうです。普段、子供と接して言えるので当前といえば当前ですね。

それでも表彰されるということは、「それでも構わない」ということなのです。

親と一緒に自由研究を進められるということ

ここで重要な真実があります!それは「子どもが親のいうことを聞いて、指示通りに自由研究を進められるのは、素晴らしいこと」ということです。

というのも、仮にクラスの子供全員が、親に自由研究を手伝ってもらったとして、全てクオリティーの高い自由研究を仕上げられるわけではないからです。

親がいくら一生懸命手伝っても、全く興味を示さない子供も必ずいます。親の言うことを聞かない子供も必ずでてきます。つまりは、親と一生懸命作る努力のできる子供さんなのです。

「子供が、親の言うことを聞いて研究することができる」この時点ですでに、かなり大きなアドバンテージです。

なので、もしも子供が求めるのなら、あなたも積極的に自由研究に関わっていきましょう。


スポンサードリンク

夏休みの自由研究で自由研究キットは買った方がいい?

子供の夏休みの自由研究を考えるときには、もう1つ「夏休みの自由研究用に売られているキットを買うべきかどうか?」という問題がでてきますが、これもすなわち、親次第ということです。

「確固たる自由研究のテーマが思いつかない」という時は、市販の自由研究キットなども、どんどん活用するのもありでしょう。

留意すべきは、自由研究キットを選ぶ時、100%子供に選ばせるのではなく、親自身の興味も、十分に考慮することです。

あなたが「これなら自分としても十分フォローできる」と、思えるようなものを選ぶようにしたらよいでしょう。

自由研究キットは、ネット通販や、ホームセンターなどで、千円くらいからで購入することができます。

ぜひ、子供と一緒に、楽しみながら、選んでみてください。6~7月ぐらいから目を通しておけば、直前になって慌てずに済みますよ!

夏休みの自由研究に親はどこまで手をだすべきかのまとめ

「親が夏休みの宿題を手伝うなんて子供のためにならない!」というのは一昔前の考え方で、先生も「自由研究を親が手伝うこと」を勧めています。

子供の成長に合わせて、自由研究のやり方を教えていくのは理にかなっています。

親も興味のあるテーマで一緒に研究し、出来ないところがあったらその時々で子供をフォローしていけば、きっと素晴らしい作品になることでしょう。

子供にとっても、すばらしい夏休みの経験になりますよね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント