ランドセルへの鍵はどこに付ければなくならない!?

この記事は約5分で読めます。

お勤めなどでおうちが留守状態の中、子どもが下校する場合、鍵はどのように持たせていますか?

私が小さい頃は、鍵に紐をつけて首からぶらさげている子が数人いました。

当時は「カギっ子」なんて言ってました(今はもう言わないのかな)。

今では、ランドセルの肩バンド部分に取り付けることができる便利なグッズがいろいろと売り出されています。

昔のように首から鍵をぶらさげる方法も良いかもしれませんが、不慮の事故が起こらないとも言い切れません。

フード付きの服を禁止している学校もあるぐらいですからね。

首が絞まったり、鍵が体に刺さってしまうという事故も過去にはあったようです。

今回は、小学生に鍵を持たせても失くさないようにする方法をご紹介しようと思います。

スポンサードリンク

ランドセルの鍵が目立たないにはどうすればいい?

近年、登下校中の子どもを狙った犯罪は後を絶ちません。

想像したくないですが、万が一、鍵を持っていることが不審者に気付かれてしまった場合。

あとを付けられて犯罪に巻き込まれることがあるかもしれません。

なくさないように、そして、極力鍵を目立たないように持つことが大事だと思います。

目立たないように持つためには、ランドセルの内側にあるチャック付きの小さな小物入れに入れるという方法があります。

元々「キーホルダー掛け」として引っかける部品がついているランドセルもあります。

しかし、そこに鍵を付けていると、玄関の前で一旦ランドセルを下ろして、ランドセルのフタをあけてガサゴソしなければいけません。

私のお向かいの子供は、鍵をランドセルに入れているのですが、まさしくこのように一旦ランドセルを玄関前に置いてガサゴソして鍵を取り出しています。

一番無くしにくい方法なのかもしれませんが、正直に言うと、その姿を見れば「鍵を探しているな、家に大人はいないな」ということばバレバレですもんね。

その姿を見るたびに、怖い大人に見つかってしまうと怖いなとハラハラしてしまいます。

私が考える、目立たないように安全に持つ方法は、

  • 鍵そのものをさらけ出さない
  • 玄関ドアの前でスムーズに握って開錠できる
ということかなと思います。

この点をふまえると、

  • 鍵が直接見えないように「カバーをかけておく」
  • ランドセルの中にしまい込まずに「さっと取り出せる」
という方法を考えれば良いと思います。


スポンサードリンク

ランドセルに付けるカギリターンズが便利!?子どもが使うときの注意点

「カギリターンズ」という商品をご存知でしょうか。

これは、前述したように鍵に「カバーをかけておく」ことができ、さらに「さっと取り出せる」という優れものです。
■「カギリターンズ」の詳細を見てみる

ランドセルの肩バンドにこの商品を付け、中に鍵を収納します。

落下防止に下にストッパーのようなものもついています。

カギリターンズの特徴は?

家に入るときは、カギリターンズから鍵を出し、びよーんと紐を伸ばします。

鍵を取り出してドアを開けるまではわずか5秒です!

紐が伸びるので、ランドセルを下ろす必要もありません。

自動リール式なので、紐はしゅるしゅるっと元に戻ります。

カギリターンズの選び方と使い方

カギリターンズは単色で、キャラクターや柄がついているわけではありません。

できるだけ目立たないようにというのが一番良いので、ランドセルと同じような色を選ぶようにしてください。

ランドセルは毎日学校に持って行って持って帰るものなので、カギリターンズを使うと鍵を忘れて家を出るということはありません。

学校にいる間は、教室のロッカーに入れているので、首からぶらさげていて休み時間に校庭のどこかに落としてしまうという心配もありません。

しかし、教室に鍵をかけない学校であれば、逆に、移動教室の間は教室に放置状態になるので不安と思われるかもしれません。

それに、下校途中で公園に寄り道をしてランドセルをぽいっとその辺にほったらかしにするというのもよくある話です。

その場合は、やはり体につけておく方法しかありません。

ポケットにリール式のキーホルダーをつける方法もあります。

首にぶらさげるよりも事故の心配は減るかなと思います。

ただ、きちんと意識しておかないとトイレのときなどにうっかり外れてしまうこともあるかもしれません。

高学年の子供であれば問題ないかもしれませんが、子供の普段の行動や使い勝手などを考えて商品を選んであげてくださいね。

ランドセルに鍵はどこに付けるとなくならない?のまとめ

ランドセルに鍵はどこに付けるといいのか?ということについて見てきましたが、いかがだったでしょうか?

最後にポイントをおさらいしておきますね!

  • 子どもに鍵を持たせる場合、ランドセルの肩バンド部分に取り付けることができる便利なグッズがあります。
  • 鍵を目立たないようにするには、鍵に「カバーをかけておく」「さっと取り出せる」ことが大事です。
  • 「カギリターンズ」という商品は、ランドセルの肩バンドに取り付けるタイプで、カバーがかかっており上に自動リール方式なので、その場でさっと鍵を開けることができるので大変便利です。
子供にカギを持たせるときに、「どんなことに気を付けないといけないか?」を考える参考にしてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント