離乳食への片栗粉の上手な使い方!とろみをつける他の材料は?

この記事は約4分で読めます。

子供が出来るまでは、離乳食の知識などほとんど無かったという方が多いのではないでしょうか。

それに片栗粉と言えば「とろみ付け」というイメージが一番強く、あんかけなんかを作るときに用いるものだと私は認識していました。
皆さんはどうでしょうか?

ところが、「片栗粉が離乳食に使われることが多い」という事実を知ってもですね。

なんとなく想像はつくような気はするものの、「具体的にどんなふうに使うの?」と興味がわいてきます。

クックパッドで「離乳食 片栗粉」と検索をかけてみると、なんと3600以上のレシピが掲載されていたのです。

これはもしや、世のお母さんたちにとって「離乳食に片栗粉を使う」のは常識なのかも?!

使い方によっていろいろ出来ちゃう片栗粉に注目です。

スポンサードリンク

片栗粉を使った離乳食!簡単に出来るレシピをご紹介

ではまず、片栗粉を使って簡単にできる「離乳食のレシピ」をご紹介していきますね。

その①ハンバーグ

鶏のひき肉と絹ごし豆腐をビニール袋に入れてもみもみ。

さらに片栗粉を投入し、食べやすい大きさに形成して焼く、というもの。カンタ~ン!!
簡単にできる離乳食の「ハンバーグ」の詳しいレシピを見てみる

その②かぼちゃとひじきのおやき

かぼちゃは柔らかくなるまでレンジで加熱し、ひじきはこまかく刻み、ツナをほぐす。

すべて混ぜ合わせ、片栗粉を投入し形成して焼く。
ひじきが苦手な子でも食べやすく、栄養もたっぷり。
簡単にできる離乳食の「かぼちゃとひじきのおやき」の詳しいレシピを見てみる

その③あんかけうどん

  • 食べやすい大きさにカットしたうどん
  • ミックスベジタブル
  • だし汁
を鍋にかけて煮て、片栗粉でとろみをつけるだけ!
簡単にできる離乳食の「あんかけうどん」の詳しいレシピを見てみる

いかがでしょうか、この手軽さ!
気になったものがあれば、是非真似してみてくださいね。


スポンサードリンク

片栗粉がない!!離乳食にとろみをつける代用品はないの?

先ほどご紹介したとおり、片栗粉を使った離乳食レシピはとっても沢山あるようです。

しかし! 「今ちょうど片栗粉がない…」なんて場合にも使える代用術を調査してみました。

片栗粉だけじゃない!とろみをつける代用品

そもそも片栗粉とは、カタクリという植物の根茎から作られた粉のことですが、現在ではじゃがいもを主流に製造されているんだそう。

とろみを出すために片栗粉の代用として使える食材は、ズバリ

  • 小麦粉
  • じゃがいも
  • コーンスターチ
です。

小麦粉は片栗粉と同じように水に溶かして使用すれば、とろみをつけることが出来るそうです。

片栗粉よりも焦げやすいことに気を付ければ、問題なく代用できそうですね!

コーンスターチも同じように代用できますが、とろみが少ないためあんかけなどには不向きかもしれません。

じゃがいもを使う場合は、すりおろしたじゃがいもと水を混ぜて放置しておき、うわずみの水を捨てると片栗粉の代用になるんだそう。

ちょっぴり手間ですが、先ほどお話したとおりじゃがいもから作られている片栗粉により近いかたちで代用することが出来ます。

片栗粉の保存に◎使い勝手サイコーの100均アイテム!

そんなこんなで、出来ればキッチンに常備しておきたおい片栗粉。

最近ではジップのついた商品を見かける事がありますが、やはりまだまだ少ないのが現状です。

たくさん買い置きしておきたい場合、大容量になるとさらにジップがついているものが少ないです。

そこで、100均で手軽に手に入る保存グッズをチェックしてみました。

①まずはやっぱり!ジッパー付きの袋
密閉できるので衛生的で、長持ちにも期待が出来ます。

スプーンも一緒に入れておけば、使う分だけサッと取り出し可能。

②密封ビン
片栗粉のみならず、いろんな調味料を入れて並べてみるとキッチンがスッキリ、おしゃれに変身!

こちらもスプーンを入れておくと使い勝手が良いです。

③密閉クリップ
こちらは容器ではなく、袋の口をしっかり閉めるためのクリップです。劣化を防ぎますし、容器に入れ替える手間もありません。

最近ではクリップをつけたまま中身が出せるというハイテクなグッズもあるんだそうです。

100円ショップに行ったら是非チェックしてみて下さいね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント