奥さんの呼び方って他人からは何と呼ぶのが正解なの?

この記事は約5分で読めます。

会話の中で、話し相手の奥さんのことを話すときになんと呼んで良いのか迷うことありませんか?

私は、話し相手が友だちやフランクに話ができる人であれば「奥さん」と言います。

目上の方や、ビジネスシーンであれば「奥さま」と言います。

でも「奥さん」の呼び方って他にもいろいろあるので、私の使い方が正しいのかどうかはわかりませんよね。

でも、ほとんどの方はこのように言っているのではないでしょうか。

スポンサードリンク

奥さんの呼び方を敬語で言うと何?不自然にならないための注意点

奥さんの呼び方はたくさんあります。

「奥さん」
「奥さま」
「妻」
「嫁」
「家内」
などなど…。

数ある中から、多くの人が相手の妻を敬語で表現するときに、不自然なく使っているのはダントツで「奥さま」だそうです。

普段の会話でも、ビジネスシーンや接客中でも、どんな年代の方に対しても一番自然に使いやすい敬語表現がこの「奥さま」です。

なので「奥さま」と呼ぶのは一番ベターだと思います。

「奥さん」は、「奥さま」の少しくだけた言い方なので、友人や同僚の妻であれば「奥さん」でも問題ありません。

「妻」
「嫁」
「家内」

などは、自分の妻のことを表現する言葉なので、他人の妻に対して使うと失礼にあたるので、使ってはいけません。

「ご令室様(ごれいしつさま)」
「令夫人(れいふじん)」

という言葉を聞いたことはありませんか?

これらは「奥さま」よりも、もっと最上級の敬語表現なのでは?と思いがちです。

でもこれらは、主に書き言葉として使われるものなので、口語表現では不自然に聞こえます。

まず「ご令室」「令夫人」は共に第三者の妻を表す言葉です。

特に、「ご令室」はお葬式の弔辞で使われ、「令夫人」は結婚式などの慶事で使われることが多いようです。

うっかり間違って使ってしまうと、相手が気分を害してしまう可能性があるので、充分気を付けてくださいね。

この他にも「奥方様」なんていう表現もあるようですが、これはとても古い表現です。

現代で使うと時代錯誤だと思われてしまいそうですよね。

突然時代劇の世界に入りこんでしまったような感じになって、とても不自然です。


スポンサードリンク

妻の呼び方でジェンダーレスな言い方にはどんなものがある?

今は、職業の呼称についても、ジェンダーレスな言い方が浸透してきています。

メジャーなところで言うと、

  • 「看護婦」は「看護師」
  • 「助産婦」は「助産師」
  • 「スチュワーデス」は「CA」
などです。

他にも、特に女性の医師のことを「女医」

女性の警察官のことを「婦人警官」と呼ぶことが過去はありましたが、最近は減りましたよね。

このような感じで、呼称によって性別が限定されるようなイメージのある「妻」も、これからの時代にそぐわないような気もします。

悲しいことにまだまだ少ないですが、同性婚も認められている自治体が出てきています。

そんな時代なので、あなたがおしゃべりをしているお相手の結婚相手が、必ず女性/男性であるかどうかはわかりませんよね。

そこで、いろいろな専門家の方が新しい「妻」や「夫」の呼び方を考えておられるようです。

意見は様々あるようですが、私がしっくりくるなぁと思ったものがあるのでご紹介します。

「お連れ合い」
「ご伴侶」

…どうでしょうか。

この呼び方は、性別関係なく使えますよね。

それに、誰も嫌な気持ちにならないのではないかなと思います。

私は女子大に通っていたのですが、当時の先生はジェンダーに配慮して相手の配偶者のことを

「お連れ合い」

ととてもナチュラルに仰ってました。

結婚相手ではなく付き合っている相手のことも「あなたのお連れ合い」と表現していました。

普段はあまり聞きなれない言葉ではあるので、意識的に使っていかないと自然に使うのは難しいと思います。

しかし、ナチュラルに使うことができるようになればなんとなくかっこいいなと思いませんか?

この他にも

  • 「パートナー」
  • 「○○さん(下の名前)」
という表現もあります。

実際に使うとすれば

「あなたのパートナーの○○さんはお元気ですか?」

のような感じですね。

人間は、挨拶をするときであっても、自分の名前を呼ばれるととても嬉しい気持ちになる生き物です。

なので、親しい間柄であれば下の名前で呼ぶのもアリだと思います。

ただ、日本では突然他人から自分の配偶者のことを下の名前で呼ばれると、びっくりする人も多いのも事実です。

特に、年配の方に使うと「ん??」と不思議がられたり、馴れ馴れしいなと思われることもあるかもしれません。

そこは、(難しいですが)空気を呼んで、お相手の年齢や考え方などに合わせて表現方法を柔軟に変えていくと良いかなと思います。

奥さんの呼び方って他人からは何と呼ぶのが正解なの?のまとめ

奥さんの呼び方についてみてきましたが、いかがだったでしょうか?

最後にポイントをまとめておきますね。

  • 他人の奥さんの呼び方は「奥さま」が一番自然な表現です。
  • ジェンダーレスな「妻」の呼び方は「お連れ合い」「ご伴侶」がスマートだと思います。
  • 「パートナー」「〇〇さん」などの呼び方もありますが、年配の方には不自然に聞こえる場合があります。
あなたにとってしっくりとくる表現は見つかったでしょうか?

これからの時代に合った、あなたにもしっくりとくる呼び名が見つかると幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント