自治会の役員なんかやりたくない!メリットなんてあるの?

あなたのお住まいの地域にも「自治会」が存在していると思います。
そして自治会には自治会長さんをはじめ、いろんな役員がいます。

そんな自治会の役員ですが、もしあなたに「自治会役員になってくれないか?」って言われたらどうしますか?

  • なんだかやりがいがありそうだな!
  • まぁ暇だしやってもいいかな~
と思う人もいるでしょうし

あとは

  • 今でさえ忙しいのに絶対にムリ!
  • っていうか何をすればいいのかもわからないから、不安でしかない
  • 忙しい中でわざわざ役員なんて、何のメリットがあるの?
といった風に、自治会の役員をやりたくないと思う理由はいろいろとあると思います。

そこで今回は…

  • 自治会の役員って何をするの?
  • 自治会の役員をやりたくない理由
  • 自治会の役員をすることのメリット
っていうことについて、詳しく見ていきましょう。

ぜひ、あなたが自治体の役員をしなきゃいけないかもしれなくなったとき、「絶対にムリだから!」と拒否する前に、冷静に判断するための参考にされてみてくださいね!

スポンサードリンク

自治会の役員って何をするの?

ではまず、自治会の役員ってどんなことをするのでしょう。私の地区の自治会を例に、ご紹介しますね。

内容が分かれば、もしかしたら「おっくう」でなくなるかもしれませんね。

自治会の役員のお仕事 ①会費の集金

自治会費の集金をしますが、ほとんどの場合が「年払い」なので、年度初めに1回あります。

とはいえ、当然お留守の家庭があれば、何度か足を運ぶ可能性もありますよ。

自治会の役員のお仕事 ②会合への参加

  • 回覧板の配布
  • 行事の打ち合わせ
  • 連絡事項の共有
といったために、定期的な自治会の会合に出席する必要があります。

ちなみに、私の地区の自治会では、毎月1度で、1回あたりの会合の時間は、その月にもよりますが、だいたい1~2時間程度です。

自治会の役員のお仕事 ③回覧板の管理

  • 市内
  • 町内
  • 自治会
からのお知らせを回覧にして回します

基本的には、家の順番に回すので隣の家に持参すれば終わりです。

自治会の役員のお仕事 ④行事のときのお世話

「自治会の役員」というと、これが大変と思われる方も多いのではないでしょうか?

でもこういった行事のときに、他の役員さん同士のつながりを作っておくと、何か合ったときにでも、お互いが助け合って、協力しながら進めていけますよ。

自治会の役員のお仕事 ⑤ゴミステーションの管理

ゴミステーションの管理は自治体によっては、ないところもあります。
マンションなどの場合は、業者が管理を任されている場合もあるようですね。

ゴミステーションの管理を自治体で行う場合でも、自治体全体で当番制になっているところがほとんどです。

自治会の役員をやりたくない理由

自治会の役員って聞くと大変そう!というイメージがありますね。

  • 集金
  • 回覧板の管理
  • 行事のお世話
  • 会合への参加
などなど…。

間違いなく、自分の時間を使わなくてはいけないので、生活のリズムも変わってくる可能性もあります。

自治会の行事予定などによっては、お出かけの予定も減ってしまうなど、役員の任期の間は行動が制限されることも考えられます。

近所付き合いが苦手で、人との関わりが苦手な場合もあることでしょう。


スポンサードリンク

自治会の役員をするとメリットも!

自治会の役員は大変なところもありますが、メリットもありますよ。

災害のとき助け合うことができる

役員として任期を全うしていると、だんだんとお互いに親密になっていきますよね。

そうなっておくと、最近では毎年のように起こるようになった自然災害などのとき、自然と協力し助け合う気持ちが生まれてきますよ。

自分が助けてもらう立場になったときも、役員で培った人脈で、気持ちよく対応してもらえることが考えられますよね。

子どもの見守りをしてもらえる

自治会の役員をすることで、自分の家族のことを地域の人に知ってもらえるメリットがあります。

もしも、なにかしらで自分の子どもが困っていたとき「●●さんのところの子どもだ!」と助けてもらえて、危険なことからも守ってもらうこともできますね。

ここ最近では、知らない子供が困っていても、簡単には声をかけることもためらわなくてはならない日常の中でも、顔見知りになっておくだけで子どもにも目をかけてもらえます。

なので、安心して子どもを外で遊ばせることができますよね。

自治会の役員なんかやりたくない!のまとめ

「自治会の役員は大変」と思われるかもしれませんが、決して一人でやらなくてはいけないわけではありません。

皆さんとの協力によって得られることも多いと思います。

子育て世代の家庭においては、子どもの見守りをしてもらえることは、本当にありがたいことだと考えられますよね。

そういうメリットもあると考えれば、自治会の役員、前向きに考えるきっかけになりそうですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント