子供のダメな叱り方…感情的になって後悔しないしかり方は?

この記事は約5分で読めます。

子育てで一番重要なんだけど、一番難しいのが「子供のしかり方」ですよね。

子供を叱った後で

「あんな事言わなければよかった」
「ついつい感情的に叱っちゃたなぁ」

と、よく後悔していたものです。

でも、どうしたら感情的に成らずにしかれるのでしょうか。

そこでこの記事では「感情的になって叱ってしまって、あとから後悔してしまわないための叱り方」について、詳しく見ていきたいと思います。

子供に対してやってはいけないしかり方

子どもを叱る時は、どうしても声が大きくなってしまいますよね。

大声でしかる親を見て

「私はあんな風に感情的に叱るような親にはならないぞ!」

と思っていたのに、結構自分も感情的に大声を出して叱っていました。

大きな声は子供に恐怖心を与えてしまうだけ

大声を出して叱ってしまうと、子供にとっては「ただ恐怖を味わせるだけ」になってしまうんです。

そして子供はいったん恐怖を覚えてしまうと、自分が今、なにを叱られているのか理解できなくなってしまうんです。

私なんかも、時間がない時なんかに子供が何かやらかしてしまうと、ついつい感情的になってしまって、声を大きくして叱ってしまうことがあります。

親が感情的に叱ってしまうと、子供は「自分はママ(パパ)に嫌われているんだ」と思ってしまうんです。

なので叱る前に、ひとつ大きく深呼吸しましょう。自分の気持ちだけを押し付けても、後から後悔するだけですよ。

子供を叱るときにはまず理由を教えてあげる

子供のことを叱る時は、まず子供にきちんと「何で叱るのか」その理由を教えましょう。

なぜ叱られているのかをきちんと教えないと、子どもは「なんで自分が怒られているのか」すらわかりません。

叱ることで、イライラする親の気持ちだけをスッキリさせても、子供がしかられている理由をきちんと理解していないままだと、何のしつけにもなりませんよね。

  • 良いこと
  • 悪いこと
をきちんと教えるのが、親の仕事なんです。

私もつい「なんでわかんないの?ダメでしょ!」と、理由も言わず怒ってしまっていました。

子供は、最初はキョトンとしていていました。そのあとになって、急に怒られたことでびっくりして泣いていた感じでした。

これって、全然「しつけの効果」なんてないですよね。

それと、叱るときの基本は「その場で叱る」なのは間違いないのですが、「大勢の前では叱らない」ようにしましょう。

大勢の前で突然叱られると、子供はパニックになってしまいます。

なのでその場から離れて、できるだけ早く叱るといいですね。

  • 「褒める時もすぐ褒める」
  • 「叱るときもすぐ叱る」
この2つが、子供を叱るときの基本です。

できるだけ、2人きりになれる場所を見つけましょう。


スポンサードリンク

感情的にならない子供の上手なしかり方

育児書などには
ikujisyo-umakuikanai

  • ちゃんと理由を説明して叱る
  • 子どもと同じ目線で叱る
  • 傷つけない言葉を選ぶ
  • [/su_list] などと理想が書かれています。

    でもこういった「理想」って、頭ではわかっていてもなかなかそのとおりにはいきません。

    「こんなの所詮、専門家の人が言ってるだけのキレイごとやん」って思ってしまいます。

    ただてさえ、やる事がいっぱいでイライラしている時。

    そんなときに「冷静に叱る」なんて、誰にだって本当に難しいんです。

    子供の自尊心を尊重した叱り方

    小さい子を叱る時には「自尊心」を尊重してあげることが、とっても重要です。

    子供の「人格」や「能力」を全否定してしまうような叱り方をしてしまうと、子供は簡単に自信を無くしてしまいます。

    「あなたのやった、今の行為は悪いことなんだよ」という感じの「何が悪かったのか」が子供にもわかるような叱り方にしましょう。

    感情的になってしまい、つい子供に否定的な言葉を言ってしまったら、必ず後でフォローする事を忘れないようにすることがポイントです。

    子供にはあれこれ一緒に叱らない

    子供を叱る時は、「ひとつのことに絞って叱る」ようにしましょう。

    叱っていると「今叱っていること以外にも、欠点がいくつも見えてくる」。

    そしていつの間にか「叱っていたこととは、別のことでも叱ってしまっている」なんてこと、ありますよね。

    でも、叱るのは「今いけなかったこと、ひとつ」に対してだけ叱るようにします。

    他の気になったこともついつい言いたくなりますが、そこはグッと我慢が必要です。

    子供は短い時間で叱るようにする

    子供を叱るときには、短い時間でしかりるようにしましょう。

    30秒位で叱るのが、上手な叱り方です。

    あまり長い時間叱っていると、子供は叱られている内容よりも、恐怖のほうが大きくなってきてしまうんです。

    「叱っている理由」をしっかり説明する事も、忘れないで下さい。

    子供の叱り方がわからない!のまとめ

    子供の叱り方について、ご紹介してきましたがいかがでしたか?

    感情的になって頭ごなしに叱るのは簡単なんですが、実はそれだと「なんで自分が叱られているのか」がわからないままになってしまいます。

    子供を叱るときのポイント

    • 感情的にならないように
    • 短い時間で叱って
    • なんで自分が叱られているのか」がきちんとわかるようにする
    これらのことに注意して、「しつけとしての叱り方」ができるようにしたいものですよね。

    最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

    スポンサードリンク

    コメント