自由研究で消しゴム作り!良く消えるにはどうすればいい?

この記事は約6分で読めます。

子どもたちにとって、とっても身近な消しゴム。

実は「おうちでも消しゴムを作ることができる」ってご存知でしたか?

最近では、カワイイ消しゴムが作れる子ども向けのおもちゃ(オリケシ)が売っています。

私も子どもの頃に、某通信教育の教材で消しゴムを作ったことがあります。

自分の好きな形に成形した、よく消える消しゴムができたら…!

夢はふくらみますよね。

でも!!

残念なお知らせですが、市販のものと同じほどよく消える消しゴムは、おうちでは作ることができません。

市販のものは、様々な研究を長期間にわたって重ね、専用の材料(「ポリ塩化ビニル」や「可塑剤(かそざい)」など)を使って作られます。

そもそも同じ材料は家庭で入手することは難しいですし、専用の設備もありません。

でも、「まぁまぁ消える」という消しゴムは作ることができます。

今回は、そんな「おうちで手作りする(まぁまぁ)良く消える消しゴム」の作り方について、詳しく見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

よく消える消しゴム自由研究で作ろう!コツとポイントは?

消しゴム作りは、理科の要素があります。

そのため、夏休みの自由研究で消しゴム作りを題材にするのも、なかなか楽しいと思います。

そんな消しゴムの作り方と、コツやポイントを見ていきましょう。

一般家庭でも入手できる消しゴム作りの材料とは?

消しゴムメーカーが使っているような、専門的な「ポリ塩化ビニル」「可塑剤」のようなものではなく。

一般家庭でも入手可能なもので、消しゴム作りの材料となるものがあります。

それは、

  • チューイングガム
  • チョークの粉
です。

プラスチック消しゴムは

  • ポリエチレン樹脂
  • 炭酸カルシウム
などが入っているのですが、チューイングガムには「ポリ酢酸ビニル」という似たような物質が入っているのです。

チューイングガムは、それに加えて香料や甘味料が含まれているので、味がなくなるまでよく噛んだり茹でたりしたものが代用品になるんです。

あとは、「チョークの粉」です。

チョークは100均で売っているので、簡単に入手することができまよね。

家庭で作れる消しゴムの作り方

では、家で作る消しゴムの材料と作り方を見ていきましょう。

★消しゴムの材料(4~5個分)
  • チューイングガム(味がなくなるまで噛んだり、茹でたもの):3枚程度
  • 台所用洗剤:小さじ1/2
  • チョークの粉(白):1本分
★消しゴムの作り方
1.ポリ袋にチョーク(白)を入れて麺棒などで叩いて粉々にする

2.別のポリ袋に噛んだあとのガムと台所用洗剤を入れ、ガムが少しだけ溶けるぐらい混ぜ合わせる(混ぜすぎ注意)

3.2のポリ袋に1を入れてまとめる

4.まとまったら袋から出して好きな形に成形する

5.日蔭で2~3日乾燥させて出来上がり

チューイングガムの種類によって、消え方などが違ってきます。

なので、自由研究にするのであれば、いろいろなメーカーや種類のものを買って試してみて、消え方をまとめてみるといいですね。

このとき、一緒に実際の消え具合ものせておくと、わかりやすくておすすめですよ。

ただ、このようにして作った消しゴムはあまりよく消えません(何度もごめんなさい)。

よく消えるもの好きな形にして作りたいと思うのであれば。。。

自由研究にはあまり適さないかもしれませんが、「オリケシ」というキットがおすすめです。

★とってもかわいい「すみっこぐらしのオリケシ」の詳細を楽天市場で見てみる

★とってもかわいい「すみっこぐらしのオリケシ」の詳細をAmazonで見てみる

「自分で作った消しゴム!」ということで、お勉強にも力が入る・・・かも!?


スポンサードリンク

自由研究で消しゴムはんこを作ろう!作り方とアイデア集

ここまでは消しゴム自体を作ることについて見てきました。

でも、既製品の消しゴムに手を加えて「消しゴムはんこ」を作るというのも自由研究の題材になります。

消しゴムはんこは、好きな柄を消しゴムに彫るだけなので、とっても簡単です。

このとき、消しゴムに文字を入れる場合は、逆向きになるのでそれを考慮して彫りましょう。

詳しい作り方は以下の通りです。

★消しゴムはんこの材料
  • 消しゴム(100均では消しゴムはんこ製作用の“消しゴム板”も売っています)
  • カッター、彫刻刀、カッティングマット
  • トレーシングペーパー、鉛筆、インク
★消しゴムはんこの作り方
1.トレーシングペーパーに彫りたい図案を鉛筆で描く

2.消しゴム板の表面を軽く拭いて粉を落とし、トレーシングペーパーの筆記面を下に向けて爪でこすって消しゴムに移す

3.消しゴム板を好きな大きさに切り、彫刻刀で彫る。(インクがついてほしくない部分を彫りましょう)

4.試し押しをして微調整後、完成!

アイデアとしては…

★吹き出し風
吹き出しのイメージのはんこを作りましょう。

はんこを押したあとに、吹き出しの中にメッセージを書き加えられますよね。

★オリジナルTシャツ、オリジナルバッグ作り
布地に押せるインクを使うとオリジナルグッズが簡単にできます。

手紙、年賀状などに押すととてもかわいいです。

今はインクの色もとてもバリエーションが多いので、同じスタンプでも別の色で押すととてもおしゃれに見えますよ。

そしてなんと、消しゴムはんこを専門に作っているアーティストの方もおられます。

極めていくと奥が深いので、大人でもはまってしまうかもしれませんね!

子どもと一緒に、是非挑戦してみてくださいね。

自由研究で消しゴム作り!のまとめ

自由研究で消しゴム作りについて見てきましたが、いかがだったでしょうか?

最後にポイントをおさらいしておきましょう。

  • おうちで作る消しゴムは、市販のものよりも消えにくいです。
  • チューイングガムやチョークの粉を使うと家庭でも手作りの消しゴムを作ることができます。
  • 簡単に作ることが出来る消しゴムはんこも奥が深いので、お子さまと一緒にチャレンジしてみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント