男の子を優しい子に育てるには?優しさや思いやりはどう学ぶもの?

子供が産まれると、性別に関係なく「優しい子に育って欲しい」と皆さん、親として思いますよね。
私も自分の息子が「みんなから愛されるような優しい子に育って欲しいなぁ」と思い、夫とも色々子育てへの考えなどを話し合ってきました。

優しい子になるのは、子供本人だけでは出来ないと思います。
親や関わった方々の優しさがあるからこそなんですよね。

そこで、我が家が取り組んでいる

  • 男の子を優しい子に育てるために意識して取り組んでいること
  • 人に対する優しさや思いやりはどうやって学んでいくものなのか
といったことを、ご紹介していきたいと思います。

同じように「わが子には、優しい子になってほしい」と思っているパパさんママさん、ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサードリンク
  

優しさや思いやりの気持ちはどこで学ぶの?

私は優しさは、教えてもらうものではなくて「自然に感じるもの」だと思っています。

でもまだまだ小さい子供にとって、「何が優しさなのか分からない」っていうことの方が多いですよね。

なので、子供の言動だとか、誰かの言動で「優しい」と思ったことは、まずは私自身が子供に対して「優しいね^^」と、口に出して教えるようにしています。

優しさが何なのかまだ分からない時からでも、優しさというものの大切さを感覚的に伝えていって、少しずつ感じてもらえるように努力しています。


スポンサードリンク

優しい男の子に育てるために意識して取り組んでいる3つのポイント

優しい子に育てるために、わが家で意識して取り組んでいる3つのポイントをご紹介していきますね。

まずは自分が優しくなる

これは絶対ですよね!

自分自身が優しくないと、その姿は子供の目に映り自然と「人に対して優しくない姿」が当たり前だと思ってしまうようになります。

「優しさとは何なのか」っていうことを、いつもそばにいる両親から学ぶことが一番のポイントです。

なので、常に優しさは忘れないようにしています。

おかげで、独身時代とは比べ物にならないくらい「優しくなった私」になってます^^

感情を口に出して伝える

  • ありがとう
  • 楽しい
  • 嬉しい

などの感情は、些細な事であっても感じた度に口に出して、目を見て伝えるようにしています。

そして「よくできたね」と、今のが優しさだよということを教えるようにしています。

  • こうすると喜んでもらえるんだ
  • こうすると人は嬉しいんだ
  • ありがとうって言われると、自分も嬉しい気持ちになるんだ

と子供自身が感じ、そして学んでくれると嬉しいですよね。

人との関わりを大事にする

家にずっといると、子供にとってお手本となるのは親だけとなってしまいます。

でも外に出かけると、子供も色んな刺激を受けながら過ごせますよね。

なので、私は出来るだけ外に出て、子供の他人への関わりを増やしてきました。

実際、外でお友達と遊ぶことで

  • 一緒に遊ぶ楽しさや嬉しさ
  • 逆にしては行けないこと
  • されて嫌なこと

など、色んなことを学んでくれています。

嫌だなぁと感じたり経験したりすると、「自分がされて嫌なこと、悲しいことはしない」と、自然と身に付いてくれますよね。

さいごに

それぞれが感じる優しさを、そのまま子供に伝える事が大事だと思います。

口にするまでもないと感じたことは、そのまま口に出さず自分の中でとどめていること、多くないですか?

これからは、些細な事でもお子さんに対して、言葉にして伝えてみてあげて下さい。

子ども自身も、褒められると嬉しいと思ってくれますし、お互いが気持ちの良い1日となりますよ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント