クエン酸の飲み物は妊婦が飲んでも大丈夫?妊娠中に嬉しい飲み物集

この記事は約5分で読めます。
スポンサードリンク

妊娠中は、とにかくマイナートラブルが続きますよね。

私自身も、つわりが本当に酷かったので、当時は大変でした。

今まで好きだったものも一切受け付けなくなりますし、辛いものです!

つわりが始まると、食べ物もなかなか喉を通らない日々が続きます。

そして酷くなりすぎると、水さえも受け付けないことがありますよね。

そんなときには、白湯など水の温度を変えるのがおすすめです!

炭酸水なども胃が落ち着くので個人的にはよく飲んでいました。

しかしながら、水自体がなにをしても飲めない場合もあります。

そんなときには、他の飲み物にチャレンジしてみてください!

今回は、貧血になりやすい妊婦さんに飲んでほしい、飲み物を3つご紹介します。

水分を摂取する方法などもご紹介しますので、是非ご覧になってくださいね。

スポンサードリンク

妊婦の鉄分補給でおすすめの飲み物は?貧血を防ぐ飲み物3選!

つわりが始まると、体もとてもデリケートになりますよね。

今まで大好きだったものも全く受け付けなくなり、逆に今までだめだったものがOKになることも。

日によって食べられるものや飲めるものも変わるので、無理せず過ごしてくださいね。

妊婦さんは、様々なマイナートラブルを抱えることが多いです。

そしてわりと多いのが鉄分不足。

つわりが酷いと貧血にもなりやすいので、気を付けたいところです。

ここでは、貧血を防ぐための飲み物をご紹介しますね。

飲めそうなものがあればチャレンジしてみてください!

妊婦におすすめ!貧血を防ぐ飲み物①豆乳

貧血を防ぐのにおすすめなのは、豆乳です!

私自身、日頃から豆乳が好きでよく飲んでいるのですが、もちろん苦手な人もいますよね。

シンプルな調整豆乳がおすすめではありますが、味がついているものも多いです。

もしかしたらつわりのときでも、飲める味があるかもしれません!

調整豆乳であれば飲みやすいのですが、つわりの状況によっては難しい場合もあります。

いろいろな味にチャレンジしたり、温めたりして飲んでみてください。

妊婦におすすめ!貧血を防ぐ飲み物②のむヨーグルト

プルーンが入った飲むヨーグルトはおすすめです!

プルーンは鉄分不足を解消してくれるので、貧血も防ぐことができます。

ただ、これもつわりの状況によっては、飲めない場合もありますよね。

ゼリーやヨーグルトなら食べられるという状況であれば、飲めることが多いです。

これも無理せず、状況を見ながらチャレンジしてみてくださいね。

妊娠におすすめ!貧血を防ぐ飲み物③野菜ジュース

これも、私自身日頃からよく飲んでいるものです。

豆乳やのむヨーグルトは少々重たいな…というときに、さらっと飲めるのでおすすめですよ。

野菜ジュースといっても、様々な種類がありますよね。

パッケージに、

「鉄分」

と大きく書かれているものが、特におすすめです!

例えばビタミンCや葉酸などは、鉄分の吸収を助けてくれる働きをします。

野菜ジュースには、これら全てがバランスよく含まれていますよね。

野菜ジュースも温めても美味しいので、好みの温度を見つけてみるのもおすすめです。


スポンサードリンク

妊娠初期で水分を飲みたくない!妊婦必須の水分を摂る方法

たまに、つわりが酷くて飲み物の飲めず、入院しなければならないことがありますよね。

私自身、つわりが酷くても飲み物は飲むことができました。

しかしながら、時には水さえも体が受け付けないことがあります。

例えば、水が飲めないというだけで水分がOKであれば、先ほどご紹介をした飲み物もおすすめです。

私自身がよく飲んでいた、白湯や炭酸水なども良いですね。

ただ、全く水分が取りたくない場合でも、なにかしらの方法で摂取するしかありません!

水分を飲みたくないときの水分補給方法①フルーツで水分補給

水分を飲みたくないときには、食べ物で水分補給をしましょう。

例えば、フルーツは水分が多い食べ物です。

イチゴなどは葉酸もとれるので、一石二鳥ですよね。

その時期にもよりますが、なるべくみずみずしい果物を摂取するのがおすすめです!

水分はママの体にとっても、赤ちゃんの体にとっても必須です。

そのため、フルーツがOKであれば、積極的に食べてくださいね。

水分を飲みたくないときの水分補給方法②食べられるなら野菜でもOK

例えばトマトやきゅうりなどもそうですが、水分たっぷりの野菜もありますよね。

もし水分が飲みたくなくてフルーツも受け付けなければ、水分を多く含んだ野菜を食べてみてください。

シンプルな味付けであれば、つわりのときでも食べられるかもしれません!

水分を飲みたくないときの水分補給方法③可能であればスープや味噌汁もおすすめ

例えば水分が飲みたくないときに、料理であれば大丈夫なこともあります。

スープや味噌汁であれば、水分もしっかり摂取できますよね!

もちろん匂いがだめなときもあるので、必ずとは言えませんし、つわりの状況にもよります。

私自身もつわりのときや産後など、水分を摂らければならないときは、よく飲んでいました。

特に和食は体に良いので、お味噌汁はおすすめですよ。

クエン酸の飲み物は妊婦でも大丈夫?のまとめ

つわりが酷い方は、とにかく飲み物や食べ物選びが大変です。

私自身も、食べづわりも吐きづわりもあったので、とても苦労しました。

日によってOKな飲み物や食べ物も変わりますし、温度を変えるだけで受け付けることもあります!

また、少しでも水分が摂れるようであれば、サプリもおすすめです。

妊娠初期から産後まで、特に葉酸は摂取して方が良いと言われています。

その他、ビタミンなど他の栄養素もバランスよく摂りたいものです。

なかなか食べられない時期でも、飲み物やサプリで調整をするのが良いですよ!

ただ、無理をしないということが一番大切です。

ただでさえつわりのときは辛いので、自分を追い込まないように、できるときにできることをやってみてください。

スポンサードリンク

コメント