妊婦が花火大会に行くとアザのある赤ちゃんが生まれる?コレ都市伝説?

今年もあと少しでやってくる夏!この夏も、風物詩と言える「花火大会」へ行くのを、心待ちににしている方々も多いのではないでしょうか。

でももし、お腹に新しい命が宿っているママさんの場合。「妊婦が花火大会へ行っても大丈夫なの?」と、何となく心配になってしまうものですよね。

「花火大会の音とか煙は、赤ちゃんに影響があるの?」
「妊婦さんが花火を見ると、あざのある子が生まれるって本当に都市伝説?」

今回は、こんな疑問を持っている妊婦さんのために、妊婦さんが花火大会に行くことについて、不安なことを解決するためのアドバイスをしていきたいと思います。

スポンサードリンク

妊婦さんに花火大会の音は大丈夫?

結論から言うと、大丈夫です!妊婦さんが花火大会に行って、花火の大きな音を聞いても、赤ちゃんに直接影響はありません。

赤ちゃんは「羊水」という、お母さんのお腹にあるお水の中につかっていますので、プールにもぐって外の音を聞くような感じです。

なので、花火大会の音や振動がそのまま赤ちゃんに伝わることはありません。ご安心くださいね。

「花火が観られて楽しかった!」と、思えれば行く価値がありますが、「もしお腹の赤ちゃんに何かあったら・・・」と、不安な気持ちがあるなら、妊婦のときにわざわざ花火大会に行くのはやめておくべきですね。

妊婦さんが花火大会へ行くことで心配されるのは、花火の音の影響ではなく、人混みで押されたり転倒したりすることです。

もし、出かける場合には、足元や周囲には十分注意するようにしましょうね。


スポンサードリンク

妊婦さんが花火の煙を吸っても大丈夫?アザのある赤ちゃん産まれない?

妊婦さんが「花火の煙」を吸ってしまっても、特に問題はありません。花火の煙に、有毒ガスが含まれているなどということはありませんので大丈夫です。

ただ、妊娠中はにおいに敏感になったりしますので、煙の匂いで気分が悪くなってしまう可能性はありますよね。

花火大会で、そこまで「大量に煙を吸い込む」といった状況はないと思いますが、体調を考えて無理のない範囲で、妊娠中の花火を楽しんでくださいね。

そして、気になる「煙を吸ったらあざのある赤ちゃんが産まれるか」ということですが、これも安心してください。花火の煙を吸ったからと言って「アザのある赤ちゃん」が生まれることはありません。

妊婦が火事を見たら赤いアザの子どもが生まれる?

ただ昔から、「妊婦さんが火事を見ると、赤いあざのある子が生まれる」という言い伝えがあります。

火事だけでなく、花火も含めた「火全般を見ない方がいい」と信じられていることも多いですね。

これは、妊娠中に危険な場所に行ったり、ショックを受けたりすることを避けるようにという昔の人の教えであり、要するに「戒め的な意味合い」の迷信です。

実際に、妊娠中に花火や火事を見ることと、赤いあざのある赤ちゃんが生まれることには、何の因果関係もありませんのでご安心ください。

アザのある赤ちゃんが生まれないとは言っても…

とは言え「もしお腹の子供に何かあったら…」と心配になってしまうのなら、花火大会は妊婦さんにとって

「危険な場所」
「ショックを受ける出来事」

になり得ますよね。花火大会は、無理してまで行くものではないですし、不安な気持ちは赤ちゃんにもよくありません。

迷信云々も含め、何か気がかりなことがある場合は、花火大会へ行くのは、赤ちゃんが産まれてからの来年以降にした方が間違いないと思います。

と言っても、生まれた赤ちゃんにとって、花火の爆音と人混みは大変ですので、無理に連れていくのはオススメできませんけどね。

「子供のことを第一に考えてあげること」が一番ではないでしょうか^^b

妊婦が花火大会に行くとアザのある赤ちゃんが生まれるまとめ

妊婦さんが、花火大会へ行っても大丈夫なのか。花火大会と妊婦さんの

  • 迷信

についてご紹介しました。

結局のところ、自己責任で自由に決めるしかないことですが、経過が順調であれば、妊娠中でもたいていのことは楽しめるということですね。

でも、やはりお母さんならば赤ちゃんを第一に考えてあげてくださいね

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント