bbqでのトングの使い分けのポイント!どんなトングを選べばいい?

この記事は約5分で読めます。

bbqといえばトングですよね。

火を使うのでトングが一番便利です。

トングにも種類がたくさんありますし、値段もピンキリです。

おおまかに分けると、炭火用と調理用は最低限必要となりますが、調理用は複数あるといいかもしれません。

というか生肉用ととりわけ用で分けることが大事ですね。

生肉エキスには菌がついていますから、調理ととりわけで一緒にしちゃうと、菌を口にいれてしまう可能性もあります。

100均にもトングはありますし、ホームセンターやキャンプ用品売り場などにも置かれています。

本当に1度きりしかつかわないなら、100均のものでもいいと思いますよ。

ただ、やっぱり安い分だけ安定感がない気はします。

炭などはちょっと重たいのでがっちりつかみたいところですが、薄っぺらい作りだとつかんでも落としてしまったりすることも。

100均のトングは、全部がステンレスでできたものが多く売られています。

ですが、こういった100均のトングはつかみづらいのと、手のひらをたまにはさんだりして痛いです。

いくつか種類があるので、できれば持ち手の部分がプラスチックとか樹脂でできたものを選ぶといいですよ。
BBQに人気のトングを見てみる

値段のいいものと安いものの差は、持ちやすさとか長時間持っていても手が疲れないとかそういう構造上の問題ですかね。

また、火のついた炭をいじるので、短いトングだとやけどしますので、長めのものを選ぶのも大事ですね。

スポンサードリンク

bbqのトングの選び方は?炭用や調理用など用途で使い分け!

bbqトングは炭用や調理用で使い分けるのが大事と書きましたが、調理用でもさらに種類別でのトングもありますよ。

大体の人は家庭でも使われるような普通のトングを使う場合が多いですが、先が細いものとか幅広のものとか先がフォーク状のものなど豊富です。

bbqトングの選び方①先が細いトング

先が細いトングは、スライスしたお肉などを焼くときに重宝します。

けっこう網にくっついちゃったりするので、細い方がつかみやすく、ひっくり返しやすいです。

bbqトングの選び方②幅広タイプのトング

幅広タイプは、魚などを焼いたときに胴体を丸ごとつかめますので身崩れせずにひっくり返すことができます。

ブロック肉を焼く時などにもがっちりつかめますのであると便利です。

bbqのトングは肉の種類で使い分けを!いくつあると良いの?

何を調理するかによってトングを選ぶのも大事ですね。

調理用のトングでも、肉の種類で使い分けるほうがいいかなと思います。

牛肉は半生とかでも食べられるので、ちょっとあぶって食べちゃうって人もいるのです。

ですが、鶏肉と豚肉はちゃんと火を通さないとおなかを壊しますよね。

豚肉焼きながら牛肉ひっくりかえしてすぐ食べちゃったりすると、場合によっては豚肉の肉汁が牛肉についてしまっている可能性もあります。

鶏肉もやはり肉汁がついていると危険です。

ちょっとおなか壊すくらいならいいですが。

でも鶏肉のカンピロバクターに感染すると、最悪はギランバレー症候群という難病を発症することもあり、慎重にしたいところですね。

じゃあどこまで分けるかですが、牛肉用で1、それ以外の肉と魚介類で1、とりわけ用に1あれば十分かと思います。


スポンサードリンク

bbqのトングの置き場はどうする?トング置きに使えるグッズ3選

bbqのトング置き場も気になりますね。

案外気が回らなくて、bbqを始めてから「どこにおけばいい?」なんてことになったりします。

食べ物をつかむわけですから、地面にはおけませんしね。

そんなときに使えるグッズをご紹介しちゃいます。

bbqのトング置きグッズ①「トングホルダー」

ダイソーのbbqコーナーに売られています。

見た目はステンレスの棒が2本ですが、これをバーベキューコンロのふちに引っかけます。

トングホルダー1つでトング2個かけることができますので、トングの数に合わせて購入してください。

bbqのトング置きグッズ②「BECK」

網上げとトングかけフックが1体となっています。

トング置き場もけっこう困りますが、網を持ち上げるのもけっこう難しいんです。

炭火を足そうかなって時に、網をどかさないと入れられないわけですが熱いじゃないですか。

トングじゃつかめないし、割りばしを突っ込んで持ち上げたりなんてこともありますよね。

ですが、このBECKを使えばスムーズに網を持ち上げることができるんです。

購入者のアイデアで、BECKを2個引っかけて、缶ビール幅の板を渡せばドリンク置き場になっちゃうんだそうです。

なんでもひらめきが大事ですね!

bbqのトング置きグッズ③「トングスタンド」

これはbbqに限らず、スーパーのお惣菜コーナーなどにもおかれているもので、絶対みんなみたことがある商品ですが。

口で説明するのが難しいのでツイッターからお借りします。

こういうのがあれば、けっこうな数のトングをかけることができますよ。

ただ、全部同じ種類のトングにしちゃうと、肉用だか取りわけ用だかわからなくなっちゃいます。

なので、色や形を変えてバラバラのトングを買う方がいいと思います。

bbqでのトングの使い分けのまとめ

bbqトングは、炭用、肉用、とりわけ用で分けて使いましょう。

そして食中毒の危険があるので、適当にはしないでくださいね。

bbqはたまにしかしないつもりというのであれば、100均の道具で十分です。

ですが、実際に使ってみないとこういう形は使いづらいなとか、こうなってればいいのにというのがわかってくると思います。

そうしてbbqやキャンプにはまった人たちは、どんどんいい道具を集め出すのです。
BBQに人気のトングを見てみる

一見ありきたりな趣味でもあり、奥が深いものでもありますね。

スポンサードリンク

コメント