ケーキのデコレーションにイチゴ以外!苺がない季節の誕生日ケーキ

ケーキの果物の定番といえば、やっぱりイチゴですよね!!

そしてデコレーションケーキを作る時には、見栄えだってイチゴがあると、とっても鮮やかに見えていいですよね♪旦那も息子もイチゴが大好きなので、誕生日ケーキは苺のショートケーキにしたいのですが…ここで問題発生!!!

そうです。スーパーにイチゴが並ぶ季節って、だいたい11月から始まって5月に終わるんですよね。よりによって旦那も息子も、誕生日がスーパーにイチゴが並ばない時期なんです。笑

どうしようと考えた結果、旦那の誕生日には手作りケーキは諦めて、「大好きなイチゴを優先」ということで、ケーキ屋さんで毎年買う事にしています。笑

でも息子はまだ3歳なので、私としてはまだまだ手作りでお祝いをしたいんですよね。

そんなときに「イチゴがないシーズンにある、子供の誕生日に作る手作りケーキのデコレーション」で、私が実際に工夫して作ったアイデアを、ご紹介したいと思います。

同じように、お子さんの誕生日が「イチゴのシーズンじゃない」なんていうママさん!ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサードリンク

苺のない季節に作るイチゴを使ったデコレーションケーキ

子供の1歳の誕生日には、イチゴの缶詰を使いました。この「苺の缶詰」普通にスーパーにおいてあってビックリ!

でも、この缶詰に入ったイチゴは「シロップ漬け」なんですよね。なので、イチゴの形はしていますが、本当のイチゴに比べると柔らかいので、ケーキの上に乗せる「トッピング用」には向いていないんですよね。

しかーし!この柔らかな缶詰のイチゴも、ケーキの中に挟む分なら、全く問題なしです!

そして息子の場合、このイチゴ缶を使ってケーキたのが「まだ歯の生えていない1歳の誕生日」だったので、柔らかかったのはちょうど良かったです。

ただ、シロップにつけられているものなので、かなり甘いため、食べさせたのは少しにしましたよ。

スポンサードリンク

イチゴを冷凍保存

あと、2歳の誕生日には、イチゴがスーパーに置いてある期間の最後に、イチゴを買って冷凍保存しときました!

私が試した限りでは、1ヶ月くらいは大丈夫でしたよ。

ここだけの話…その翌年の「3歳の誕生日」には、なんと!まさかの「イチゴを冷凍していたのを忘れてしまっていた事件」のため、結局イチゴのトッピングなしの誕生日ケーキとなりました。笑

イチゴ以外のフルーツを使ったデコレーションケーキ

「缶詰や冷凍はやっぱり…」という方にオススメなのは、リンゴやピンクグレープフルーツです。

ケーキにはやっぱり「イチゴ」がないと、色あいが寂しくなりますよね。

でもリンゴを皮ごとウサギの形にカットしたり、ピンクグレープフルーツを添えたりすると、見た目も鮮やかになるんです!

あとはパイナップルやメロンの盛り合わせなんかも、スーパーによく置いてあるので、まるごと買わなくても量的にもちょうどいい量を買うことができるので、とっても便利です♪

苺のない季節の誕生日ケーキの手づくりアイデアのまとめ

デコレーションケーキといえば、やっぱりイチゴ!というイメージが強いですが、イチゴ以外のフルーツでも沢山乗せたら、見た目も豪華で美味しいデコレーションケーキの出来上がり♪

カットされている果物を買えば、お子さんの好きなフルーツを乗せ、一緒にトッピングを楽しんだりする事も出来ますよね。

世界に一つしかない、美味しいデコレーションケーキが出来ますように♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。