ブルーベリーは何歳からあげていい?手作りジャム作りの注意点

この記事は約6分で読めます。

ブルーベリーは健康にも良いですし、好きな方も多いですよね。

自分が好きだと、子供にも食べさせたいな…と思うものです。

でも実際のところブルーベリーって、何歳からあげてもいいのでしょうか?

実はブルーベリーは、生後7ヶ月とか8ヶ月頃からあげられます。

ただ、大人と同じようには食べられないので、下処理は必要ですよ!

そしてジャムに関しては、市販のものは甘すぎるので、1歳を過ぎてからがいいですね。

でも手作りのジャムなら生後7ヶ月は8ヶ月頃からあげられますよ!

この記事では、赤ちゃんにブルーベリーをあげるときの食べさせ方を解説します。

他にも、冷凍ブルーベリーは何歳からあげてもいいのか。

加熱方法や、ジャムのあげ方についてもお話をしていきますね。

ブルーベリーを赤ちゃんに食べさせたい方、必見です!

スポンサードリンク

ブルーベリーは成長にあわせた食べさせ方をしよう!

ブルーベリーをあげるときは、成長にあわせた食べさせ方をしていきましょう。

ブルーベリーは、早ければ生後7ヶ月とか8ヶ月からあげることができます。

ママやパパが好きで食べている場合は、一緒に楽しむことができますね!

ブルーベリーは、ものによってはちょっと酸っぱいこともありますよね。

甘みがないと赤ちゃんは食べてくれないかもしれません。

ちなみに我が家の場合だと、1歳頃に一度ブルーベリーをあげてみたことがあります。

私が食べてもそこまで酸っぱいとは感じなかったのですが、娘は食べなかったです!

その後あまりあげる機会もないまま娘は成長し、1年が経過…。

2歳前ぐらいのときにもう一度あげてみたら、なんと食べました!

個人差もあるかもしれませんが、味の好みもだんだん変わるのかもしれません。

もしかしたら我が家のように、早い段階ではまだ食べないこともありますよね。

そのときは、ちょっと日をおいてチャレンジするのがおすすめですよ。

成長にあわせたブルーベリーの食べさせ方をご紹介!

ここでは、成長にあわせたブルーベリーの食べさせ方をご紹介していきます。

ブルーベリーの食べさせ方~生後7ヶ月~8ヶ月~

まずは、あげ始めてもOKといわれる生後7ヶ月~8ヶ月頃です。

このときは、必ず皮をむきましょう!

そしてそのままあげるのではなくて、すりつぶすのがおすすめです。

もし種が入っているような場合は、取り除かないといけないですね。

心配なら裏ごしをしてからあげる!というのが安心ですよ。

甘みがあれば果汁だけあげるのもいいですよね。

ヨーグルトに混ぜるとか、ソースとして使うのもおすすめです。

ブルーベリーの食べさせ方~生後9ヶ月~11ヶ月~

そしてその次が9ヶ月~11ヶ月の、いわゆる離乳食後期ですね。

このときも、基本的なあげ方は中期と同じですね。

でも後期だと、すりつぶす必要はないかなと思います!

そのままであげるのはあまりよくないので、少しきざむぐらいがおすすめです。

「歯ぐきでつぶすことができるくらいの固さ」というのが目安です!

ブルーベリーの食べさせ方~生後12ヶ月以降~

最後に、離乳食完了期といわれる生後12か月以降についてです。

この時期は、もう手づかみ食べも進んでいますよね。

少量であれば皮をむかずにあげることもできるようになります。

でも、できるだけ食べやすいサイズに切ってあげるのがいいですね。

一度にたくさんあげすぎると、お腹をこわすこともあります!

様子をみながら、少しずつあげて下さいね。

ブルーベリーで食物アレルギーがでる場合もある?

ブルーベリーで食物アレルギーがでる場合もあるのでしょうか?

アレルギーに関しては、絶対にない!とも言えないようです。

例えば「たまご」とか「乳製品」とか、アレルギーに注意しないといけないものもありますよね。

ブルーベリーは、アレルギーに注意が必要な食べものリストには入っていません。

でも、だからといって絶対にアレルギー症状がでない!とも言えないです。

離乳食で初めて食べさせるものって、慎重になりますよね。

ブルーベリーを初めてあげるときの注意点は?

ブルーベリーも同じで、最初は少量からあげてみて下さいね。

他の食材と同じで、初めて食べさせるときは午前中にしましょう!

もしなにか症状がでても、すぐに病院に行けるようにしておきたいものです。

我が家では、娘は食べ物のアレルギーはなにもありませんでした。

でも、ママ友の中には子供のアレルギーに悩む人も多いです。

月齢が低いときにでるアレルギーって、成長とともに治るとも言われますよね。

ただ、いつなにがあるかは分かりません!

いつでも慎重に、子供の様子をみながら食べさせたいですね。


スポンサードリンク

冷凍ブルーベリーは何歳からあげていい?やっぱり加熱した方がいいの?

冷凍ブルーベリーは何歳からあげてもいいのでしょうか?

加熱した方がいいのかも気になりますよね。

調べてみたところ、冷凍ブルーベリーも、生のブルーベリーと同じでした!

なので、早ければ生後7ヶ月とか8ヶ月であげられます。

でも最初は皮をむくとかすりつぶすとか、きざんであげることも大切です。

そして、できれば加熱をした方がいいですね!

時間があるときは自然解凍でもOKだと思います。

凍ったままのものは、与えないようにして下さいね。

そのまま飲み込んだりしてしまっても、危ないです。

冷凍ブルーベリーは保存も楽ですし、手軽に使えるものですよね。

加熱したり少し手を加えれば、離乳食にも使えるので便利だと思います!

ブルーベリージャムは何歳からあげていい?砂糖を入れなければいつ?

ブルーベリージャムは、何歳からあげてもいいのか気になりますよね。

砂糖を入れなければいつから食べさせてもいいのでしょうか?

ジャムって、市販のものはとにかく甘いですよね!

砂糖が多いですし、あまり赤ちゃんには食べさせたくないものでもあります。

そのようなときは、ジャムを手作りする方も多いです。

赤ちゃんにおすすめなのは手作りしたジャム

手作りのジャムであれば、甘さを調整できますよね!

甘さひかえめのジャムであれば、生後7ヶ月頃でもあげられますよ。

ヨーグルトに入れるとかトッピングとして使うこともできますね!

手づかみ食べができるようになれば、パンにつけてもいいですよね。

ちなみに我が家では、ジャムを手作りしたことはありません。

なので、初めてジャムを食べさせたのは市販のものでした。

1歳半ぐらいに少しだけ与えてみましたが、娘は甘すぎることにびっくりしたようです!

2歳を過ぎた今でも、市販のジャムなどはあまり食べません。

でも、手づくりのものだったら素材の美味しさを楽しめていいですね!

時間がある時に作り置きをしておくのも、便利そうだなと思いました。

ブルーベリーは何歳からあげていい?のまとめ

ブルーベリーは離乳食中期からあげてもOKなフルーツです!

目にもいいと言いますし、甘みがあれば赤ちゃんも喜びそうですよね。

でも食べさせ方には注意が必要です!

1歳前までは、ちゃんと皮をむくとかすりつぶす作業も必要になります。

なるべく成長にあわせて、食べさせ方を変えていけるといいですね。

アレルギーも絶対にでないとは言い切れないです。

食べさせる量や時間帯は考えてあげると安心です。

冷凍ブルーベリーとか手作りジャムをストックしておくのもおすすめです!