小学生の夏休みの自由研究はカブトムシ!観察日記の書き方教えます!

あなたの家のお子さんは、夏休みの自由研究に何をするのか、もう決まってらっしゃいますか?
それとも、まだ決まらずに苦悩してらっしゃいますか?

お母さん方も手伝ってあげたいところですが、そんな甘えは子供のためにはならない??…こともあるでしょう。笑

しかし、手伝うことはしないにしても、「夏休みの自由研究の研究対象」を提案するだけならばいいのではないでしょうか。
そして、私がオススメする研究対象が、「カブトムシの飼育」です。

虫好きな子どもにとって、カブトムシはとても魅力的!
そして、カブトムシを飼育すれば、夏休みの自由研究はもちろん、「生き物を飼う」という経験も学べます。
何より、カブトムシは子供達にとっては「カッコいい大好きな昆虫」なのです。

ということで、今回はそんな小学生のお子さんの夏休みの自由研究にぴったりな「カブトムシの飼育」について、ご紹介していきます!

この記事を読めば、カブトムシの飼育のことだけじゃなく、観察日記の書き方もバッチリですよ^^b

スポンサードリンク

カブトムシ観察のやり方手順

カブトムシをゲットしよう

まずは、カブトムシを入手することです。近くに森や山があるなら、子どもと一緒に採集に行きましょう。
それだけで、立派な自由研究のテーマになります。

自力で難しいなら、夏場にはホームセンターのペットショップコーナーなどで、カブトムシが販売されていますので、そこでゲットしましょう!

せっかくなら、オスとメスを夫婦で飼育するのがオススメです。
オスとメスで飼育すれば、いずれ産卵しますので。
卵から産まれた幼虫を成虫になるまで育てれば、来年の夏休みの自由研究にも活用できますので一石二鳥ですよ。

カブトムシの飼育に必要なグッズを準備しよう

飼育に必要なもの
  • 飼育ケース
  • 昆虫マット(土)
  • カブトムシが捕まれる木
  • エサ(果物や昆虫ゼリー)

水分の多い果物(スイカなど)は、カブトムシが体調不良になるケースもあるので避けましょう。
オススメは、昆虫ゼリーを使うこと!これもホームセンターで手軽に手に入ります。

カブトムシを観察してみよう

カブトムシの飼育に必要な準備がそろったら、後は観察するだけです。
小学1~2年生の場合は、特に難しいことをする必要はないでしょう。

まずは、カブトムシというこの生き物を「生で見て知る」ということが大切ですので、まずはひたすら観察!
子どもに毎日のエサ替えをしてもらったり、あまり力を入れすぎないようにだけ伝え、好きなように触らせてあげましょう。

自由研究でのカブトムシ観察日記の書き方

では、実際に自由研究としてまとめる書き方を見ていきましょう。

まず、小学1年生だと「飽きずに毎日、観察日記を付け続ける」というのは意外と難しいです。
途中で飽きてきてしまったのに、親から無理矢理言われ書き続けるのでは、意味があまりありませんよね。

カブトムシの詳細を観察して記録しよう!

ですので、小学1年生の時は、カブトムシの体を細かく観察しながら絵を描かせるのがオススメです。
あくまでも、自分の意志を尊重させるようにして

  • ツノの形はどうなっている?
  • 口の形は?どうやってエサを食べている?
  • 足はどこから生えている?
  • 飛ぶときの羽はどうなる?羽の枚数は?
  • オスとメスの違いは?ツノだけ?
  • よく見ると足に細かい毛が生えている?
このようなことに注意しながら絵を描いてひとこと添えていくだけで、これで立派な自由研究になりますよ


スポンサードリンク

自由研究のカブトムシ観察テーマの例

それでは、ここでカブトムシを用いた観察テーマの例を紹介します。
一日でできるような、夏休みの自由研究テーマをお探しの方も、ぜひ参考にして下さいね。

カブトムシの力の測定

カブトムシは「力持ち」ということで有名です。
なんと「自分の体重の20倍」の重さのものを引っ張ることができるそうです。

大きめのカブトムシで重さが約10g、つまり約200gの重りを引くことができる計算になります。
200g…ステーキで考えると、かなりのボリュームですよね。笑

あれを引っ張れるなんて、カブトムシってスゴイですね~

カブトムシの力測定のやり方
カブトムシの短い方のツノに紐をひっかけて、重りを引かせてみましょう。

カブトムシの体重を測定した後に、引いた重さと比較すればデータが取れますよね。

大きさの違う2匹のカブトムシを使えば、さらに面白いデータが取れそうです。

この結果をまとめて、カブトムシが実際に重りを引っ張っている姿を絵に描けば、立派な自由研究の出来上がりです。

カブトムシの好きな食べ物観察

カブトムシは、普段は木かた出ている樹液を吸っています。

でも、実は果物の果汁も大好物なんですよね。
「甘ければ何でもいいのかな?」と、色んな果物はもちろん、様々な食べ物で「カブトムシの大好物」を探してみるのも楽しいですよ。

カブトムシの好きな食べ物観察
細長い形の箱を用意して、箱の中の端っこに何個かの食べ物を並べます。

その反対の端に、カブトムシをおけば準備OK!後は、カブトムシがどの食べ物を食べるか観察するだけです。

何回かやってみて、その結果を「○○は3回、△△は1回…」という風にまとめて、カブトムシがその食べ物を美味しそうに食べている絵を描いてやれば、オリジナリティーあふれる自由研究の完成です。

どれも簡単なので、小学1年生からでも興味を持って取り組めそうですね!

小学生の夏休みの自由研究はカブトムシ!のまとめ

カブトムシはオスとメスの夫婦で飼うと、「卵→幼虫→成虫」の様子を観察することもできます。

実際に卵からカブトムシの成虫になるまでの過程を見ることができるので、お子さんにとって貴重な体験になりますよ^^

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント