出生届に必要なものは?里帰り先の役所でも出生届は出来る?

スポンサードリンク

出産が近づいてきて、入院バッグを用意したり、陣痛が来た時の対応を考えたりし始めると、いよいよだなと感じますよね。

育休や産休、出産一時金など様々な手続きをここまでしてきたと思います。

でも、まだすることがあります。

赤ちゃんが産まれましたよという届出「出生届」です。

この出生届は、出産してから1日~14日以内に提出する必要があります。

里帰りしていなかったり、実家が自宅と近い場合はどこに出したらいいかなど迷うことはないかと思います。

居住の市区町村の役所に提出すればOKです。

もし、遠方に里帰りした場合はどうしたらいいのでしょうか?

まず出生届提出に必要なものは、

  • 出生届
  • 出生証明証
  • 届出人の印鑑
  • 母子健康手帳
  • 身分証明書
の5点です。

提出場所は居住地や本籍地のほかに一時滞在地でも可能、つまりどこでも出せます。

もし、出産前最後の旅行と思って出掛けて、その旅先で産気づいたとしても、その旅行先で書類さえ揃えれば出生届の提出は可能です。

居住地や本籍地でしか提出できないのかと思ったら、そうでもないのですね。

出生届に必要な出生届や出生証明書はどこでもらえる?

スポンサードリンク

先ほどの必要なものリストに見慣れないものが2つありました。

「出生届」と「出生証明書」ですが、どこでもらえるのでしょうか?

この「出生届」と「出生証明書」は、出産した病院だとか産院でもらうことができます。

出生証明書は医師や助産師による本当に生まれたという証明です。

この出生証明書と一体になっているのが出生届です。

医師や助産師が先に記入した出生証明書の横の出生届に書かないといけないので、書き損じには注意してくださいね。

もしも間違えてしまった場合は、二重線と訂正印で修正しましょう。

また、出生届には捺印欄があります。

出生届を提出する際には出生届に捺印した印鑑を持参するのがおすすめです。

さらに役所で手続きするときは、身分証明書を求められることが多いです。

なので、健康保険証や運転免許証などの「住所と氏名がわかる書類」を持って行くようにしましょう。

出生届の提出に必要なものは里帰り先などで揃うことが多く、自宅が遠方な場合は書類のやり取りが必要になります。


スポンサードリンク

出生届に母子手帳は必要?住所地であとから出すことも出来る?

出生届を出すときの必要のあるものの中に母子手帳が入っています。

母子手帳は、出産後の入院中は病院が預かっていることも多いです。

退院した後も赤ちゃんの1ヶ月健診まで困った時に見るページがあったり、赤ちゃんの成長を書かないといけないことも。

里帰り中に自宅にいる旦那さんに出生届を出してもらうためには、使う機会のある母子手帳を数日預ける必要ある点がネックになります。

出生届に母子手帳が必要な理由は?コピーでも大丈夫?

母子手帳はどうして必要なのでしょうか?

役所で出生届出済証明を記入するために必要になります。

コピーなどで代用することも不可能です。

基本的には出生届の提出の際に母子手帳を一緒に持って行くのが一番いいです。

でも、里帰りなどの理由で提出が難しい場合は、行政によって後日母子手帳を持ってきてもらえれば大丈夫としているところもあります。

一度里帰り出産をするので母子手帳が後日でも大丈夫か問い合わせてみておくのがおすすめです。

スポンサードリンク

出生届を里帰り先で出すデメリットは?児童手当の手続きに注意!

出生届を提出するために必要な書類は里帰り先でよく揃います。

なので、書類のやり取りが少ない里帰り先で出生届を出すのが楽なのは楽です。

ではデメリットはないのでしょうか?

里帰り先で出生届を出すデメリットは?

1点気をつけてほしいところがあります。

それが児童手当の手続です。

児童手当は出生届を産まれた月の間や、15日以上経って提出した場合に1月分の児童手当をもらい損ねる可能性があります。

これは居住地で出す場合は14日以内に普通に提出すれば問題ないのですが、里帰り先で提出する場合は注意が必要です。

里帰り先の役場で出生届を提出したあと、居住地の役場で出生届が提出されたことを確認します。

里帰り先でギリギリに提出してしまうと、産まれてから14日以内に居住地の役場で確認できなかったりすることも。

里帰り先で出生届を出すことに決めた場合は余裕を持って早めに提出するようにしましょう。

スポンサードリンク

出生届に必要なもののまとめ

出産はかなりの大仕事ではありますが、その後も手続きがたくさんあります。

出生届自体はそんなに難しい書類ではありませなん。

必要な書類を揃えて役所に持っていきましょう。

産後の経過が悪くお母さんが提出に行けそうにない場合は祖父母にお願いすることも可能です。

出生届で一番緊張するのは子供の名前です。

生まれる前にこれにしようと考えていても顔を見て「なんだか合わないな」と感じる人もいるようです。

絶対この名前!と決めておくのもいいですし、候補を挙げておいて、赤ちゃんに会ってそれからこれと思う名前をつけてもいいですね。

里帰り出産で早めに出生届を提出する必要があります。

なので、前もって候補を決めておいて、パパにリモートや数日でも赤ちゃんに会いにきてもらって、名前を決めるようにしましょう。