娘の彼氏が家に来るときご飯はどうする?温かく迎える心構え

この記事は約9分で読めます。

大切な娘に、ついに彼氏ができたらしい。

でも、そんなまだ見ぬ娘の彼氏に対して

「本当にその彼氏で娘は幸せなんだろうか?」
「もしかしたら、娘はだまされていいように使われているだけじゃ…」

と、気にしはじめたらきりがありませんよね。

そしてついに、初めて娘の彼氏と会う時・・・。

親として緊張もするでしょうし、どういう心構えが良いか分からないですよね?

そこで今回は、娘が彼氏を家に連れてきて初めて会うとき

「どんな料理を出せばいいのか?」
「どのようにもてなせばいいのか。」

その心構えと、おすすめのおもてなしをご紹介していきたいと思います。

せっかく、あなたの大切な娘さんが選んだ相手です。温かく迎えてあげて、良い関係を築いてあげましょう。

スポンサードリンク

娘の彼氏には家であう?外であう?

実際に、自分の娘の彼氏に会うときは、どうする方が多いかというと

  • 家でもてなす人
  • 外へ外食しにいく人
の2通りに分かれるようです。

まずはどんな相手でも歓迎する

自宅でもてなすにしろ、外で会うにしろ、まず基本的なスタンスとしては、まず最初は、どんな相手でもとりあえず歓迎しましょう。

もちろん、色々思うことがあるでしょうし、特に見た目がチャラ男だったり、Tシャツで来るような男だったら「帰れ」と言いたくなるかもしれません。

でも、できるかぎり普段通りのふるまいを心掛け、2人が進んで話してくれる雰囲気を作り、話を聞いていくスタンスをとりましょう。

見た目は大事ですが、決してそれが全てではないので、どういう方か見極められるとよいですね。

自宅で娘の彼氏と会う場合の食事

お家で迎える場合、ご飯を出す出さないもありますが、まずはお茶してから見極めましょう。

その上でご飯を作ったり、デリバリーを取ったりも可能ですので、その辺りは慌てずに状況に合わせて判断しましょう。

話が盛り上がれば、自然と長居してもらうことになるでしょう。相手に気を使わせず、なおかつ自分たちも自然で対応出来るのがいいですね。

そうしているうちに2~3時間なんて、あっという間にすぎてしまうでしょう。

外で娘の彼氏と会う場合の食事

外で会う場合は、豪華なところや厳かなところより、喫茶店に近いようなところか、ファミリーレストランがよいかもしれません。

普段行きつけの料理店があるなら、そこでもいいでしょう。相手の好き嫌いやアレルギーに配慮できれば最高ですね。

ちなみに、「初めて彼氏彼女を自宅に連れてきたのはいつ?」というアンケートでは

  • 小学校低学年、幼稚園及び小さい頃 … 9%
  • 小学校高学年 … 6%
  • 中学生 … 5%
  • 高校生 … 29%
  • 大学生 … 6%
  • 社会人 … 25%
「高校生」が一番多く、次に「社会人」、同率で「中学生」と「大学生・短大生・専門学校生」が続きました。

驚くべきは「小学生」は、低学年や幼稚園と高学年を合わせると全体の第3位!

最近の子どもは、やはり大人びていると言っていのではないでしょうか。


スポンサードリンク

娘の彼氏を自宅でおもてなしする時のおすすめ料理

では、次にお家で簡単に手料理を出す場合の、おすすめのメニューを見ていきたいと思います。

作業時間5分!?簡単 筍ごはん

ご紹介する筍ごはんは、簡単に準備しておけば、サッと作ることができますよ。味も激ウマ!娘の彼氏も満足間違いなしですよ。

材料 (3人分)
  • 米1合
  • たけのこ(水煮)100g
  • 日本酒大さじ1/2(◆A)
  • しょうゆ小さじ2(◆A)
  • 和風顆粒だし 小さじ1/4(◆A)
  • 塩ひとつまみ(◆A)
作り方
1.米をといだら炊飯釜に入れ、1合ラインまで水を入れたら浸水する。

2.炊飯釜に◆Aの調味料を入れ、混ぜる。

3.たけのこの水煮を食べやすくくし切りにし、米のうえに乗せて炊飯する。

4.炊き上がったら、全体をしゃもじでよく混ぜてきれいに盛り付ける。

はまぐりのお吸い物

材料 (4人分 )
  • はまぐり8~12個
  • 菜の花2本
  • 水600cc
  • 薄口しょうゆ  大さじ2
  • 酒大さじ1
  • だしの素  小さじ2
  • まつもお好みで
作り方
1.はまぐりは砂抜きする

2.菜の花をさっと湯通しして、水気を切り、食べやすい大きさに切る

3.1と水を鍋に入れ、沸騰させ、貝が開いたら取り出す

4.3に薄口しょうゆと酒、だしの素を入れ、味付けをする

5.汁椀にはまぐりと菜の花、お好みでまつもを入れ、4を注いで完成

これならお手軽に出来そうですね。水煮缶を使う事で春だけでなく、年中可能なメニューとなります。

また、はまぐりは砂抜きだけしっかりやれば食べやすく、タケノコご飯にもとっても合いますよ。

娘の彼氏に食事後のデザートは何がいい?おすすめ簡単レシピ4選

食事後のデザートも悩みどころですよね。

彼にアレルギーや嫌いなものがあれば、それを避けた方が良いので、娘さんにそのあたりの好みを聞いてみましょう。

チョコレートが苦手、卵アレルギー、などいろいろあると思います。

以下に私がよく作るおすすめレシピを4つご紹介するので、試してみてください。

おすすめ簡単レシピ①カルピスゼリー

【材料】

  • 粉ゼラチン…1袋(5g)
  • お湯(60℃以上)…60ml
  • カルピス原液…80ml
  • 牛乳…160ml
  • レモン汁…適量

【作り方】
1.お湯を入れた容器に粉ゼラチンを入れ、よく混ぜて溶かす。

2.カルピス原液、牛乳、レモン汁を混ぜて1に加えて混ぜる。

3.お好みのカップに流し込んで冷蔵庫で固める。
※かためる時間は1時間ほど必要ですが、材料も少ないし本当に簡単にできます。

おすすめ簡単レシピ②なめらかプリン

【材料】

  • 砂糖…30g
  • 牛乳…400ml
  • 卵(全卵)…2個
  • バニラエッセンス…適量
  • 塩…少々

【必要な道具】

  • 耐熱ボール
  • ザル
  • 茶こし
  • 蒸し器
  • 耐熱容器

【作り方】
1.耐熱ボールに砂糖、牛乳を入れ混ぜて600wの電子レンジで3分40秒入れる(ラップなしで)。

2.卵を割って塩を入れ、白身を切るようにして混ぜる(あまり泡立てないように)。

3.電子レンジから出てきたボールは沈殿している砂糖をさっと混ぜ、2とバニラエッセンスを入れる。

4.3を普通のザルで濾し、次は茶こしのように目の細かいもので濾す。(卵液が冷めないように手早く)

5.蒸し器を温め始める。

6.耐熱容器に分けて入れ、泡ができたらスプーンで取り除く。

7.耐熱容器一つ一つにラップをかけ、蒸し器に入れて強火で4分加熱したら火を止めて8分放置。

8.蒸し器から取り出して粗熱を取ったら冷蔵庫で冷やして完成。
※これは、私が数えきれないほど作ってきたレシピです。

 
手順を書くと面倒に思いますが、慣れると簡単です。
 
蒸し時間は短いし、放置している8分間で使った道具を片づけることもできます。
 
驚くほどなめらかで売り物のようなプリンができます。

おすすめ簡単レシピ③型抜きクッキー

【材料】

  • 薄力粉…240g
  • バター(マーガリンでもOK)…100g
  • 砂糖…80g
  • 卵…1個

【作り方】
1.薄力粉は振るう。バターは室温に戻す。卵はしっかり混ぜる。砂糖はかたまりになっている部分を手でほぐす。

2.バターと砂糖を合わせてよく混ぜ、卵を3回ほどに分けて混ぜる(もったりするまで)。

3.2に薄力粉を加えてヘラでさっくり混ぜる。

4.手でひとまとめにして、あとで伸ばしやすいように板状にしてラップで包み、30分~1時間程度冷蔵庫で寝かせる。

5.5mmの厚さに伸ばし、型抜きをしてオーブンシートを敷いた天板に並べる。

6.オーブンを170℃で余熱し、13分程度焼いて完成。
※型抜きの手間がかかりますが、娘さんと一緒に作りたいということであれば型抜きクッキーも楽しいと思います。

おすすめ簡単レシピ④キャラメルラスク

【材料】

  • 食パン(6枚切り)…3枚
  • バター(マーガリンでもOK)…30g
  • はちみつ…20g
  • コンデンスミルク…20g
  • 砂糖…30g
  • 粗塩…一つまみ

【作り方】
1.食パンを1枚につき6×6(36個)に切り分けてサイコロのようにする。

2.オーブンシートとペーパータオルを敷いたお皿の上に1を重ならないように並べて電子レンジで2分30秒加熱。

3.水分を飛ばすためにペーパーを新しく取り替えて2の手順をもう一度繰り返す。

4.120℃(余熱なし)のオーブンで20分ほど加熱してさらに乾燥させる。
※1~4の手順は前日に行っても良いです。

5.テフロン加工のフライパンに●の材料を全て入れ、中火にかける。

6.バターと砂糖が溶けるまで混ぜる(3分程度)。

7.細かくて白い泡が全体に出てきたら火を止め、1と粗塩を入れて手早く混ぜる(パンが吸収するので急いで!)

8.オーブンシートを敷いた天板に6をくっつかないように並べて140℃(余熱なし)で15~20分程度焼き、きつね色になれば完成。
※前日から下準備ができます。

 
材料を見ればわかりますが、ものすっっっごい甘いです。(でも手が止まらないほどおいしい)
 
ラスクが自宅でできるという驚きと、なんとなくおしゃれな雰囲気を味わいたいときはおすすめです。

娘の彼氏を温かく迎える方法のまとめ

娘の彼氏に出す料理や、温かく迎えるおもてなしについて見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

家でも外でも「初めて会う、娘の彼氏をおもてなしをする」というのは大変だと思います。

でも、やっぱり「歓迎してこそのおもてなし」なので、見た目や癖、仕草などには多少目をつぶって。

まずは娘さんの選んだ相手を、温かく迎えてあげられたらいいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント