小学校に同じ保育園のお友達がいない…3人の子供たちの体験談

スポンサードリンク

親としては、子供が小学生に上がるのはもちろん嬉しいことなんですけどね。
でも、子供が通う小学校に、同じ保育園からの友達が1人もいないと

  • 小学校に行っても仲の良いお友達がいなくて、寂しい思いをするんじゃないだろうか?
  • 他の子たちは知り合い同士で仲良くなって、うちの子だけ一人ぼっちになったりするんじゃないだろうか?
と、どうしても心配なものです。
でも、はたして当の本人の子供はどうなのでしょうか?

この記事でお伝えしたいこと

  • 入学してしまえは・・・
  • 子供の順応する力って本当にすごい
  • 実は親のほうが大変だったりするかも
っていうことについて、お伝えしていきますね。

スポンサードリンク

同じ小学校に知ってる友達がいない 心配は入学するまで

保育園の近くの子達は、当然そのまま同じ小学校になります。
でも、学外の保育園に通っていたり、突然の引越しなどで保育園のお友達がいない時があります。

私も仕事の都合で子供達を3人とも学外に入れたので、3人とも小学生になる時は同じ保育園の友達は1人もいませんでした。
年長組になると子供達同士で小学校の話をするようになって、どうして自分だけ違う学校に行かなければならないのか、○○君と一緒がいいと言ってきたものです。

入学式前日までは子供だって不安いっぱい

そんな子供も入学式の前の日までは

  • お友達できるかな
  • ひとりぽっち寂しいな
と不安を口にしていましたが、その度に大丈夫だよと笑顔で対応していました。

スポンサードリンク

そして、いざ迎えた入学式の当日。
親も子供も緊張してしまっていましたが、その日が過ぎれば不安は飛んでいきました。

同じ保育園のお友達がいなくても大丈夫!子供は順応するのが早い

3兄妹でも性格は様々で、1番おとなしくて自分から人に話しかける事をあまりしない娘でも、楽しそうに学校の話をしてくれました。
小学生になって寂しい思いをするのは、ほんの一瞬のようです。
クラスが違っても、帰り道が一緒の子とは自然と仲良くなっていくようです。

おとなしい性格の娘は、すでにできあがっているグループのには、積極的に進んで話の輪に入ろうとはしなかったようです。
でも、そんなグループに加わっていない

  • 席が近かった子
  • 他に1人でいた子
とかもいて、テレビアニメの話とかおもちゃの話をしているうちに、すぐに打ち解けたといいます。
そうやっているうちに、既にできているグループの子達とも、自然に受け溶けていったといいます。
子供も入学式当日は、新しい環境に緊張していたようですが、すぐに慣れたようです。

同じ保育園のお友達がいない小学校 実は子供よりもママが大変

子供は、親が心配をよそに周りに知らない子ばかりでも順応するのははやいようです。
親は入学準備や情報収集を始め、子供のより、慣れるまで時間がかかるかもしれません。
出来上がったママさんのグループに入るのはちょっと抵抗があるし、顔見知りのいない保護者会は最初しんどい感じがしました。

でも時間がたつにつれて、徐々に慣れていきました。

知り合いのいない状況でもメリットはある

しかし、そんな知り合いのいない状況にもメリットもあります。
誰も知っている人がいない分、周囲に先入観を持たずに接する事ができます。
初めてなので、今まで気まずい事が一切ないので、気兼ねがないのてその分楽かもしれません。

小学校に同じ保育園のお友達がいない!のまとめ

子供が通う小学校に、同じ保育園だったお友達がいないときについて、私の我が家の体験もとにご紹介してきましたが、いかがでしたか?
子供は始まて見るもの聞くものをすぐ吸収します。

もともと、子供って、なんの抵抗もなく初対面でもすぐ仲良くなれちゃうものなのかもしれません。
親は心配しすぎない程度に見守る事が大事です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント