流星群とは何なの?子供にもわかりやすく説明するには?

この記事は約3分で読めます。

流星群って言葉をニュースなどで一度は聞いたことがありませんか?

「しぶんぎ座流星群(りゅう座)」
「ペルセウス座流星群」
「オリオン座流星群」
「しし座流星群」
「ふたご座流星群」

どれも日本で見ることのできる流星群です。

想像以上にたくさんありますよね。

でも子供から「流星群っていったい何??」って聞かれて、あなたは答えることができますか?

「流れ星がたくさん見れる日?」
「でも、なんでたくさん見ることができるんだろう?」

考えてみたら、「わからないことだらけ」っていう人のために!

子どもにもわかりやすく「流星群」について教えてあげられるように、「流星群」について解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

流星群ってそもそも何なの?

まず、流星群って言うのは、早い話が「たくさんの流れ星のあつまり」なのです。

「たくさん」ってどのくらいの数だとおもいますか?

流星群の場合、普通の流れ星とは違って、数10秒から数分に1個の流れ星を見られるのです。

多いときは1時間に40個くらいの流れ星を見ることのできる流星群もありますよ。

流れ星っていうのは何なの?

流れ星というのは、宇宙の中にある「ちり」でできているものなんです。

そしてこの「ちり」は、すい星がとおっていく時にまきちらしたもので、たくさんのちりが宇宙にはただよっているんですね。

そのすい星がとおりすぎたところ(すい星の通り道)に地球が入ったとき。

地球の引き寄せる力(引力)にちりが引き寄せられて、ちりと空気とこすれあって光ります。

この光はちりが燃えている訳ではなく、オーロラと同じプラズマの光なんですね。

これが「流れ星」と言われるものの正体なんですね。

どうして流れ星をたくさん見ることができるの?

そして、この流れ星がたくさんふりそそぐ現象のことを「流星群」と呼ばれているんです。

すい星がとおっていった後には、普通よりもたくさんのちりが残っています。

そのたくさんの「ちり」がただよっている毎年おなじ場所を地球が通るたびに、流星群を見ることができるということなんです。

○○座流星群ってどういうこと?

○○座とは、最初に紹介した、たくさんの星座の名前が入ります。

毎年大体おなじ時期に、そのちりの中を通貨するので、地球から見える方角も同じような方角になります。

なので、毎年同じ星座の方角からたくさんの流れ星が見えるので、その星座の名前をとって「○○座流星群」とよばれているんですね。

○○座から流れてきている流れ星ではないんですね。


スポンサードリンク

流星群を見るためにはどうすればいの?

だんだんと流星群のことがわかってくると、実際に流星群を見てみたくなりませんか?

たくさんの流れ星が見えるとはいえ、月明かりには負けてしまいますので、できれば月夜でないほうが見つけやすいです。

流星群の見られる日にちは2~3日ありますので、お月様とも相談してみてくださいね。

そして、目を暗さに慣らしてから夜空を見ることをおすすめします。

明るいところから出てすぐだと、目が暗さに慣れていないために何も見えないので、15分くらいしてから夜空をながめることをおすすめします。

流星群ってなに?のまとめ

「流星群ってなに?」ということについて、子供にもわかりやすく教えてあげる方法などを見てきましたが、いかがでしたか?

「流星群」が観測できる日にはたくさんの流れ星が見えるので、お子さんや大切な人と一緒に、何かお願い事をしてみてはいかがですか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント