昔の年賀状は捨てる?保管しておく?みんないつまで持っているの?

この記事は約4分で読めます。

お正月恒例の行事となっている年賀状。

最近ではメールで済ませる人も増えているみたいですね。

でもまだまだお正月の習慣として、年賀状のやりとりをしている人の方がまだまだが多いのではないでしょうか。

我が家では、私は主にメールで済ませていますが、主人の方は毎年

  • 会社の関係者の方
  • 親類縁者の方々
と、あわせて100枚を超える、大量の年賀状のやり取りをしています。

そして、出したのと同じ量の、毎年大量に届く年賀状は捨てられずどんどん溜まっていってます。

そして現在では、保管場所に困る状況になってきています。

同じような状況で、「昔の年賀状、そろそろ何とかしなきゃなぁ」と思っている方、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

まず結論から言うと、年賀状って「ずっと保管しないといけないといけない」なんてこともないですし、「処分してはいけない」というルールもありません。

とあるサイトの調査によると、捨てる人、捨てない人の割合は「ちょうど半々」だったそうです。

なので、「昔の年賀状を捨てるかどうかは、各家庭の事情で判断ですれば良い」とされています。

保管期間についても「家庭によってバラバラ」です。

毎年捨てる方もいれば、なかなか捨てられず長期保管している方もどうちらも多いようですね。

個人的には、近況や新年の抱負が書かれていたり、家族写真付きの年賀状は特に「送ってくれた相手の気持ちを考えると、なんだか捨てにくい」というのが本音です。

とは言っても、いつまでも取っておくと保管スペースの問題もありますし、やはりどこかで踏ん切りを付けて処分するのが良いと思います。

年賀状っていつまで保管してる?10年前の年賀状って見ることある?

では年賀状を保管しておく場合、いつまで取っておくものなのでしょうか。

基本的には決まりはないため、各家庭の保管スペースや考え方によって最適な期間を設定すればいいです。

ただ客観的な視点から考えると、2~3年が目安と考えて良いでしょう。

そもそも年賀状の役割は、直接年始の挨拶ができないため、挨拶代わりとして送るもの。

年始の挨拶の期間は、一般的には関東は1月7日、関西では14日までとされていますので、それを過ぎれば処分しても問題はないものです。

しかし、翌年の年賀状を書くときに見返すこともあるので、最低でも1年。

その年に喪中だった方のことも考慮すると、2~3年は置いておくと安心ですね。

それ以降になると、5年や10年前の年賀状はよほどのことがない限り「見返したことがない」という方がほとんどだと思います。

なので、全て保管しておく必要はないですよね。

ただし

  • 結婚や出産などの特別な報告を兼ねたもの
  • 写真付き年賀状で、アルバム代わりに取っておきたい
といった年賀状だけは、数年後に見返す機会があるかもしれないので、とっておいても良いと思います。


スポンサードリンク

年賀状を処分できないあなたに!年賀状を捨てるおすすめのタイミング!

とは言えやはり年賀状を捨てられない方に、処分するおススメのタイミングを紹介します。

一般的な視点からいくと、先述した通り2~3年で処分するのが良いでしょう。

また風水の視点から見ると、年賀状を処分することは不要なもの断捨離することで運気を呼び込むため良いそうですよ。

新しい一年が始まる時期、その年の春分の日に年賀状を処分することで、古い気を取り除いて新しい気を取り込むことができるため、吉とされています。

運気を上げたいと思っているのであれば、ぜひ風水の考えを参考にして、年賀状を春分の日に断捨離してみてはいかがでしょう。

古い年賀状を捨てる?捨てない?のまとめ

相手の気持ちを考えると、捨てるに捨てられない年賀状ですが、年賀状はあくまで新年の挨拶です。

「昨年お世話になった感謝」と「今年もよろしくお願いします」の気持ちが伝わったのであれば、年賀状としての役割は終えています。

なので処分したからといって、相手との関係がマイナスになるわけではありません。

逆にいつまでも無足の年賀状を貯めておくと、どんどん処分が大変になります。

自分の中で期限を決めたら、定期的にバッサリと処分していきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント