赤ちゃんがお風呂で使う浮き輪!いつからなら危険じゃない?

スポンサードリンク

赤ちゃんがお風呂でプカプカ浮いてる姿ってかわいいですよね。
「インスタグラム スイマーバ」で検索すると、たくさんの癒し画像を発見することができます。
「あのかわいい姿を写真におさめたいから」という理由で購入する親御さんも多いみたいですもんね。

私は上の子(現在小学校2年生)が産まれる前に、従姉から「めちゃくちゃ可愛いから貸してあげる!」と【Swimava(スイマーバ)】を貸してもらいました。

上の子が産まれ、ベビーバスを経てお風呂デビューをしてしばらくした頃(2~3ヶ月だったと思います)、スイマーバを使用してみました。
最初、本人はわけがわかっておらず、短時間だけ浮いてくれましたが、すぐに嫌がるようになり使うことがなくなってしまいました。
使っていた期間や時間が短すぎて写真も撮れないレベルでした。笑

その後、従姉のところに二人目が産まれることになり、スイマーバを返却したので、下の子に対しては使用していませんが。
でも、従姉のところの子供たちは、二人ともスイマーバがお気に入りだったようです。

要するに、「気に入る子と気に入らない子がいる」ということですね。

スイマーバは、浮き輪にアゴがきちんと乗るようになってから使えます。
公式サイトには、「生後18ヶ月かつ体重11kgまで」という制限は明記されていますが、使用開始の月齢や体重の明記はありません。
おそらく、赤ちゃんによって体格が違うので、きちんと親が責任をもって確認した上で使用する必要があるからだと思います。
生後1ヶ月から使い始める方もいると思いますが、きちんとサイズを確認して使うようにしてください。

間違った方法で首浮き輪を使うと、取り返しのつかない事故が起こることがあります。
そのため「生後○ヶ月以降なら、危険なく安全に使用できます」という言い方はできません。
大事な赤ちゃんのために、使用方法は必ず守るようにしてくださいね!

スポンサードリンク

赤ちゃんがお風呂で遊ぶ浮き輪は危険がいっぱい!?正しい使い方は?

私が使ったことのある「Swimava(スイマーバ)」のサイトを見てみると、“装着中は保護者の目と手が届く範囲でご使用ください”と書いてありました。

スイマーバを使う理由は「赤ちゃんとの入浴のときに、お母さんが頭や体を洗う時間を待たせるため」という方もいるでしょう。
でも、実は、その使い方はNGなんです。

そのように使っておられる方は、すぐにやめてください。
公式サイトのよくある質問のところにも“首リングは、赤ちゃんを待たせておくアイテムではありません”と書いてあります。

実際、赤ちゃんから目を離したたった1~2分の間に、赤ちゃんが溺れてしまう事故が起こっています。
上の兄弟が見ていたとしても、ダメです。
万が一赤ちゃんが溺れたとしても、「あっけにとられて、救出どころか見ていることしかできない」というお子さんがほとんどなんです。

そもそも、スイマーバはエクササイズのために作られた“知育スポーツ用具”です。
お母さんのお腹の中(羊水)にいたときの記憶があるうちに、水の感覚に親しんだり、バランス感覚を養い、好奇心をはぐくむためのアイテムなんですね。

なので、正しい使用方法は、


①空気をしっかり入れる

②水の中に1分間沈め、空気が抜けないかチェックする

③赤ちゃんに首リングを着ける
※首と浮き輪の間には指2本分のゆとりが必要です。
※アゴが抜け落ちてしまう場合は使用不可です。

④水は足がつく深さに調節する

⑤水温を確認する(35℃~41℃)

⑥入水させる

このときのポイントとしては

  • 5分程度から始める
  • 目を離さない
  • 手が届くようにしておく
  • コミュニケーションを取りながら使う
  • 嫌がったらすぐにやめる
などです。

スイマーバをすることで赤ちゃんから手が離れる、ということではなく、赤ちゃんと向き合って使用するものだということがおわかりいただけたと思います。
親が目を離さずに使う分には、赤ちゃんにとっても刺激的な運動になり、新しいコミュニケーションもとれるので良いと思います。

今回は、スイマーバについての使用方法をご紹介してきました。
他の製品であれば、その説明書を熟読(個人的には、穴が空くほど読んでほしいです)して使用してください。


スポンサードリンク

赤ちゃんがお風呂で使える安全浮き輪!人気ランキング!

ランキング、と言いましたが、現在お風呂で使える浮き輪を発売しているメーカーは少なそうです(私調べ)。
なので、二つのメーカーを調べました。

①Swimava うきわ首リング
一番有名なのは、やはりこれです。
実際に、私はこれしか知りませんでした。
■人気の「Swimava うきわ首リング」を見てみる

②&monotone ベビーフロート
赤ちゃんがなめても大丈夫な素材を使っています。
モノトーン、とあるように、商品の色合いはモノトーンで落ち着いた印象です。
■人気の「&monotone ベビーフロート」を見てみる

実際に「赤ちゃん お風呂 浮き輪」で検索してみるとわかりますが、ほとんどがSwimavaばかりですね。
■楽天市場で「赤ちゃん お風呂 浮き輪」の検索結果を見てみる

■Amazonで「赤ちゃん お風呂 浮き輪」の検索結果を見てみる

赤ちゃんがお風呂で使う浮き輪はいつからなら危険じゃない?のまとめ

赤ちゃんがお風呂で使う浮き輪はいつからなら危険じゃないの?ということについて見てきましたが、いかがだったでしょうか?


  • それぞれの製品の取り扱い説明書を熟読し、親が責任をもって使用してください。
  • 使用方法を誤ると、取り返しのつかない事故が起こります。
  • スイマーバは、お風呂で赤ちゃんを待たせるためのアイテムではありません。

親の目や手が届く範囲のみで使用する、バランス感覚や好奇心を刺激するための知育スポーツ用具です。

首浮き輪は使用方法を誤ると命に関わるので、怖いことをたくさん並べてしまいましたが、もしこれを読んで少しでも不安に思うのであれば、使用するべきではないと思います。
ちなみに、お母さんが頭や体を洗う間に赤ちゃんを待たせるためのアイテムや方法は他にもたくさんあります(バスチェアなど)。

正しい使用方法であれば楽しんで使えるものなので、大事な赤ちゃんのため、責任をもって商品を選んであげてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント