桜の押し花は危険って本当?!花びら遊びで子供と安全に楽しむ方法

この記事は約5分で読めます。
スポンサードリンク

お花見で子供と一緒に花びら遊びをしてみませんか?

桜がさくと大人はお花見だ~とワクワクします。

子どもはというと

「お弁当食べて」
「お菓子を食べて」
「ジュースをのんで」

まさしく花よりだんご!!

そんな子どもですから、お花見に行っても食べてのんだらおしまい。

「もういいでしょ?早くかえろー」こんなことになってしまいます。

せっかくのお花見なのに、ゆっくりできないというのはとても悲しいので、子どもと一緒に遊ぶことを思いつきました。

そこでこの記事では

  • 桜の花びらを使って子供と一緒に楽しめる遊び方
  • お花見に持っていくと助かる!子供の時間を持たせるアイテム
っていうことについて、詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンク

お花見ならでは!桜の花びらを使って楽しもう

お弁当やおやつも一通り食べて、満足してしまっている子供たち。

そんな子供たちに

「ひらひらと散ってくる桜の花びら、じょうずにキャッチできるかな?」

とさそってみました

桜の花びら遊び!意外と難易度が高い花びらキャッチ

これが簡単そうに見えて、以外とむずかしいのです。

花びらは、まっすぐに落ちないでゆらゆらするものだから、子どももどこに立てばいいのかがつかめないようで…

子どもって不思議なもので、上から落ちてくるものには、手を差し出して取ろうとする習性があるみたいなのですよね。

地面に落ちてしまう前にキャッチしようとして、いっしょうけんめいです。

夢中になっているのでパパさんママさんは、ほんの少しですがゆっくりすることができますね。

桜の花びらをお家に持って帰ることに

「キャッチした花びらをお家にもって帰りたい!」と子どもが言うので、きれいな花びらだけをもってかえることにしました。

せっかくのきれいな花だったので、ティッシュに包んでかえりました。

持って帰った桜の花びらでの楽しみ方

家についてから桜の花びらをどうしようか?と考えてみました。

ママは桜の花びらで押し花で

まず私はというと、数枚の花びらを押し花にしてみました。

新聞紙にベビーパウダーをまいて、花びらを一枚ずつのせます。

その上からベビーパウダーをまいて、新聞紙ではさんで、その上から本や雑誌をのせておもしにします。

数日後、新聞紙をひらいてみると、きれいな押し花ができていました。

できたものはアルバムに収めました。

お花見記念ですがこれはわたしの好みですね

子どもは桜の花びらで自由自在な作品づくり

子どもはどうしたかといいますと…

  • 自由帳に花びらをたくさん並べてペタペタはったり
  • クレヨンで絵を描いたり
そんなことを自由に楽しそうにしていましたよ。

桜の木の下よりも、家に帰ってからのほうが集中していました。

桜の押し花が危険!?子供と作るとき何に注意すればいい?

「桜の押し花を作りたい!けれど、危険だって聞いたことがあるような…」

と思ったそこのあなた。

安心してください。

桜の押し花づくりに大きな危険はありません。

ただし、注意しないといけない点はあります。

そちらについて解説していきますね。

桜の花に危険はありませんが、桜の葉っぱには「クマリン」という名前の毒が含まれています。

しかし、人間にはあまり害のない種類の毒です。

例えば、桜餅と言えば思い浮かぶあの香り、これはクマリンの香りなんです。

桜餅を食べてもみんな元気でいるように、人間ならば子どもでも多少の摂取は問題ありません。

むしろ桜餅のおいしさに、みんな笑顔になってしまうくらいですね!

ただし、一度に食べ過ぎてしまうのは要注意です。

解毒を行う肝臓に大きな負荷がかかり、調子を落としてしまう可能性が高くなってしまいます。

桜餅に関わらず、どんな食べ物でも食べすぎはよくありませんね!

このように人間にはほぼ害のないクマリンですが、注意しなければならないのは、ペットを飼っている場合です。

ペットがクマリンを大量に摂取してしまうと、けいれんなどの症状を引き起こす危険があります。

数グラム程度であれば特に問題はないですが、ペットは私たちの知らないうちに物を口に入れてしまうもの。

ペットを飼っている場合は、配慮をしてあげるようにしてくださいね。


スポンサードリンク

お花見で子供の時間を持たせるおすすめアイテム

お花見のときの話にもどりますね。

最初のうちは楽しそうに遊んでいた花びらキャッチですが、それだけではあまり時間はかせげないので、わたしはしゃぼん玉を一緒に持って行きます。

ただ、お花見の人の多いところではできないので、場所を選ぶ必要がでてきます。

桜の花びらとしゃぼん玉の競演です

しゃぼん玉だけでも子どもはワクワクなのですが、花びらとしゃぼん玉が偶然にもくっついたときには、それはもう大喜びですよ。

お子さんがしゃぼん玉にあきたら、今度はパパさんママさんがお手伝いしてあげてください。

パパさんママさんがシャボン玉を吹いてあげて、しゃぼん玉&桜の花びらキャッチにステージアップ。

花びらだけであきていたお子さんも、しゃぼん玉が入ることによって、又ちがう楽しみにかわりますよ。

桜の花びら遊びのまとめ

桜のお花見のとき、子どもの楽しみと言えば「お弁当とお菓子」くらいですよね。

せっかくのお花見です。

子供にも楽しんでもらって、パパさんママさんも少しでもお花見を楽しめるように、ご紹介した内容をぜひ参考にしてみてくださいね^^

スポンサードリンク

コメント