穴もあいてない風船がしぼむのはなぜ?簡単にしぼまない方法って?

イベントで見かけることが多くなった、バルーンアート。細長い風船を自在に操って、いろんな形をつくっていくのは、見ているだけでも楽しですよね~。

もちろん子どもにも大人気で、見かけたが最後、「あのかわいい風船、ほしい!!!」攻撃が始まってしまいます。笑

男の子には「剣」や「くま」が人気だったり、女の子には「ハート」や「花」「プードル」も人気ですね。色だってたくさんの中から選べるので、好みの色で作ってもらえるのも魅力的ですね!

…が、せっかく素敵な風船を作ってもらっても、時間の経過とともにしぼんでしまって、悲しい思いをしてしまうお子さんも多いのではないでしょうか?

「いずれはしぼんでしまう風船」ですが、少しでも長持ちできる方法があるのであれば、試してみたいですよね。

そこで今回は、簡単にできるけど効果抜群な、「風船を少しでも長持ちさせる方法」をお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

穴もあいてないのに風船がしぼんでしまう理由

きれいに膨らんでいる風船が、穴もあいてないのにしぼんでしまうのは何故でしょうか?

しぼんでしまうのは空気がもれてしまうから

風船がしぼんでしまう理由。それは、早い話「空気がもれているから」なんです!

口の結び目がゆるくて空気がもれることも考えられますが、風船自体にも小さな穴が開いていて、表面からじわりじわりと空気がもれていることが理由です。

「穴なんてどこに開いているの?」と思われますが、もちろん目に見えるような穴ではありません。分子レベルの小さな穴なんです。

押し縮められた空気が外へでようとする力

風船の中の空気は、普段私たちが吸っている空気と同じですが、気圧にちがいがあります。

風船の中の空気は圧縮されているので気圧が高く、気圧の低い「外へ外へ」と逃げようとするのです。

そのときに、風船の表面のわずかな分子と分子のすき間から、すこーしずつ空気がもれて、そしてしぼんでしまうんですね。

風船を長持ちさせるための簡単な方法

「そんな分子とかみたいな話になったら、どうしようもないじゃん」と、あきらめる必要はありません。簡単にできる、ふうせんを長持ちさせる方法があるんです。

風船の劣化を遅らせる

風船の素材は天然ゴムでできています。ゴムは日にちがたつと次第に劣化していきますよね。

輪ゴムを保存していていざ使おうと思ったら、ゴムが朽ちていて使えなかった経験はありませんか?それと一緒なのです。

そんな風にゴムが劣化していくことで、風船から空気が抜けやすくなってしまいます。いずれは劣化する風船ですが、劣化を遅らせる方法ならあるんですね。

直射日光を避けること
ゴムは天然素材ゆえ分解されて土に還ることができます。

日光を浴びることで劣化が進みやすくなるので、直射日光を避けた場所に保管することをおすすめします。

風が直接当たるのを避けること
風船に風が当たることで、ゴムの劣化が進みやすくなります。

エアコンの風などがなるべく当たらないところに風船を置いておくことで、劣化を遅らせることにつながりますよ。

スポンサードリンク
結び目を確認しておきましょう
風船の結び目がゆるいと、空気がもれるのは当然です。増し締めしておくと安心ですね!

ただし、強くひっぱりすぎて結び目に傷がつくことがあるので、力加減はほどほどに!

風船をコーティングしてみよう

「ゴムの表面から空気がもれてしまうこと」をお伝えしました。そんなとき、ゴムの表面をコーティングすることで、分子レベルのすき間をふさぐ効果があるんです。その結果、風船内の空気が逃げるのをいくらか防ぐことが可能になりますよ。

風船をコーティングする方法

風船へのコーティングには、身近にあるヘアスプレーがおすすめです。

全体にスプレーをして、乾くまでまつだけです。スプレーをするときには、風船と風船の重なった部分にもスプレーが届くとなお良いですね。ソフトタイプよりも、ハードタイプの方が少しだけですが長持ちしますよ。

このとき注意したいのが、ヘアスプレーの成分です。アルコールが含まれているものの場合、逆に風船のゴムを溶かして割れやすくなってしまう可能性があるんです。

こういった「ノンアルコールのヘアスプレー」を選ぶようにしましょう。

穴もあいてない風船がしぼむのはなぜ?のまとめ

風船が長持ちする方法について、お伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか?

風船の置き場所に気をつけたり、簡単な方法で風船が長持ちするのであれば、お子さんの笑顔のために試してみてはいかがですか?

この記事が、少しでも、お子さんの笑顔が増えるためのお役にたてれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。