妊婦さんは歯科検診をいつまでに受ければいいものなの?

この記事は約5分で読めます。

妊娠が分かると、なにかとバタバタしてしまうものですよね。

そのため自分の健康管理は後回しになってしまうこともよくあります!

私自身は、たまたま妊娠前から歯医者に通っていました。

なので、治療などは妊娠初期に無事終わり、その後妊娠中に歯科検診に行くことはなかったです。

でも、母子手帳と一緒に歯科検診の補助券も入っていました!

地域によっては、このように補助券がもらえたりもしますよね

あまり日頃歯医者に行かないという方だと、妊娠中って歯科検診を受けた方が良いの?ということって気になりますよね。

そこで今回は。

  • 妊娠中に歯科検診を受けるならいつ頃までが良いのか?
  • なぜ妊婦さんは歯科検診を受けた方が良いのか?
などなど、気になるポイントを見ていきましょう!

スポンサードリンク

妊婦さんが歯科検診を受けるならいつまでが良いの?

冒頭でもご紹介をしましたが、妊娠が発覚して出産をすると、自分のことは後回しになりがちです!

赤ちゃんが産まれたら、とにかく赤ちゃんのことに集中しますよね。

そのため、なるべく妊娠中の余裕があるきや体調が良いときに、歯科検診に行くのがおすすめです!

おすすめの時期としては、安定期頃が良いですね。

これはなぜかというと、妊娠後期はいつ体調が急変するかどうかも分からないからです。

歯医者に行っていて陣痛がきた!となれば、大変なことですよね。

妊娠後期は、お腹も大きいですしずっと同じ姿勢というのはよくないので、避けるのが良いですね。

そもそも、仰向けの姿勢で長時間いるというのは、自分自身もしんどいものです。

同じ姿勢でいると、血の巡りが悪くなって、酷いと切迫早産の危険もあります。

実際に私の妹も、妊娠後期に同じ姿勢で長時間いたことが原因で、入院したりととにかく大変でした。

自分の身体はもちろん、赤ちゃんにも負担がかかることは、なるべく防ぎたいですね!

つわりが酷い時期も歯医者は行けない!

私自身もつわりがとても酷かった方なので、その頃のことを思い出すと、絶対に歯医者に行く余裕はなかったと思います!

つわりのときに口に何かを入れられるのは、不快でしかないですもんね。

つわりがある方もない方もいますが、つわりがある場合はつわりが落ち着いてから行くのが良いですね。

初期のお腹が出ていない時期なら、どんな施術でも受けやすいので安心ですよ。

もし妊娠後期から産後あたりに、例えば虫歯などの口内トラブルがあっても、赤ちゃんがいるとすぐに対応はできません!

万が一のことを考えて、早めに歯医者に行っておくと良いですね。

地域によっては無料で受けられるところもありますし、補助券があるところも多いです!

自分の健康状態を把握しておいて、治療できるところは治療しておきましょう。


スポンサードリンク

妊娠中に歯科検診を受けておいた方が良い理由ってなに?

妊娠をすると、ママの栄養も赤ちゃんにとられることが多いと聞きますよね。

もしかしてカルシウムもとられてしまうの?と思う方がいるかもしれませんが、それはないです!

でも、妊娠中は歯のトラブルが起きやすいようです!

これは私自身も驚いたのですが、歯周病菌は女性ホルモンを好むということが分かりました。

妊娠中は、普段とは全然違って、たくさんの女性ホルモンが多く分泌されます。

なので、歯肉炎などが起こったり、虫歯になるケースも増えやすいのです。

妊娠中ってとにかく免疫力も下がりますよね。

普段の生活であればあまり気にしなくて良いことも、妊娠中はケアが必要になります!

安定期のうちに歯科検診を受けておいた方が良い!というのは、これが理由なのですね。

口内環境が悪化してしまうのってつわりも原因になるの?

つわりが直接の原因になる…というわけではありません!

ただ、つわりのときって、漬物など酸っぱい物が食べたくなることも多いですよね。

そうなると、口内が酸性になって、歯周病になってしまう原因になることもあります。

私自身もそうでしたが、食べづわりがある方もいますよね。

食べづわりがあると、とにかくずっと何かを食べている時間というのが増えます。

食べるものも様々で、そのときに口にできるものになるため、菌がたまりやすいですよね。

食べた後に毎回歯みがきができるかと言われると、難しいものです!

普段の生活よりも、なにかを食べる機会が増えるだけでも、口内環境は悪くなりやすいです。

なので、つわりそのものが原因になるというよりも、つわりによって原因ができてしまうとうことになります!

妊婦さんは歯科検診をいつまでに受けるのまとめ

妊娠中は、口内環境が悪くなってしまうということがわかりましたね。

今まで虫歯などもほとんどなくて、歯医者に行ったことがほとんどない!という人もよくいます。

ただ、そのような場合でも油断は禁物です!

妊娠中にいきなり歯周病になったり、虫歯ができることってよくあります。

妊婦さんはただでさえマイナートラブルが多いので、気を付けていきたいものですよね。

地域によっては補助券があったり、歯科検診が無料で受けられます。

そのような場合なら、行ってみても良いかな?と思いますよね!

安定期に行くのがおすすめではありますが、安定期といってもなにがあるかは分かりません。

補助券などを使う場合は良いですが、そうでない場合は、必ず歯科検診を受ける時に妊娠中ということを伝えてくださいね。

中にはお腹があまり出なかったり、服装によっては目立たないこともあるからです。

歯科検診を受けなくて、口内環境が悪化してトラブルが起きてしまった…とならないようにしていきましょう!

スポンサードリンク

コメント