赤ちゃんのカラオケデビューは何歳から?年齢制限はあるの?

みなさんは、カラオケは好きですか?

私はカラオケ大好きで、独身の頃はしょっちゅう友達と一緒にカラオケにくりだしていました!!

ですが、結婚して子供が産まれてからは、中々行く機会もなくなり寂しい思いを感じていました(><)

そんなカラオケですが、実は、育児中のママのストレス解消の一つとして「カラオケ」は、人気スポットの一つなんです。

でもいざ実際に赤ちゃんと一緒にカラオケに・・・と思っても「赤ちゃん連れでカラオケに行っても大丈夫なのかな?」と気になる点も多いですよね。

そこで今回は、赤ちゃんと一緒に行くカラオケについて、詳しく見ていきたいと思います!

スポンサードリンク

赤ちゃんにカラオケの大音量は影響はあるの?耳が悪くなったりしない?

基本的に、カラオケに年齢についての制限はありません。

しかし、赤ちゃんをカラオケに連れて行くことについては、皆さん意見はバラバラです。

赤ちゃん連れでカラオケってどう思う?

赤ちゃんと一緒にカラオケに行くことは、ママ達の間でも賛否両論です。

賛成派・反対派それぞれの意見をご紹介します。

★カラオケ賛成派
  • スピーカーの音量を小さめにして、時間帯を考えて行けば問題ないと思います。
    ストレスをためて赤ちゃんにあたってしまうよりは、よっぽど良い!
  • 赤ちゃんとカラオケに行くのは、音量を下げれば問題ないと思います。
    衛生面は少し心配なので、除菌ティッシュは必須ですが。
    大音量のテーマパークに比べたら、よっぽど音はおさえられると思います。
    カラオケの音量がダメだというなら、テーマパークのアトラクションもダメなのではないでしょうか?
★カラオケ反対派
  • 赤ちゃんは、カラオケに行ってもなにも楽しくありません。
    ただ横になって寝ているだけなので、衛生的な面はもちろん、たばこ臭さなど、赤ちゃんにとっては不快な要素ばかり。
    子供本人が歌って楽しめる年齢になるまでは、行かなくていいと思います。
  • 赤ちゃんにとって、大きな音は不快なはずです。
    また、もともと赤ちゃん連れ向けで作っているわけではないので、衛生的な面が一番心配。
    なので無理して連れていくものではないと思います。
    どうしても行きたいのなら、赤ちゃんを預けていくべき!

様々な意見がありますよね。

私の個人的な意見としては、あまりに小さな月齢では行かない方が良いと思いますが、歌を認識して楽しめるくらいになったら行っても良いと思います。

お座りができるくらいの月齢になると、赤ちゃんも歌や音楽に興味を示してきますよね!

カラオケに行っても、子供の歌や、アニメ番組の歌など、聞くだけでも喜ぶようになってきます(^^)

我が家は3人子供がいるので、三人目は赤ちゃんの頃にカラオケデビューをしました。

上の子たちが行きたがるので(^^;

最近では「ファミリールーム完備のカラオケ」も増えていますので、赤ちゃん連れで行く場合は、そのような部屋を予約してから行くのがオススメです。

カラオケの大音量 赤ちゃんの耳への影響は?

赤ちゃんと一緒にカラオケに行く場合、一番気になるのが「大音量による赤ちゃんの耳への影響」ではないでしょうか?

赤ちゃんの耳はとても繊細ですが、音量を小さめにしたカラオケの音では、赤ちゃんの耳に大きな影響はないと思われます。

「音響外傷」という突発的な難聴のおそれは、すこ~しだけありますが、この音響外傷になるのは、かなり大きな音量で長時間音を聞き続けた場合です。

赤ちゃん連れでカラオケに行った場合、大きな大音量で長時間歌い続けることはあまりないと思いますが、「そのような症状も起こりうる」という事は覚えておいて下さい。

なのでいつもよりも小さめの音量で、短時間で切り上げるようにしましょうね(^^)


スポンサードリンク

赤ちゃんとのカラオケで耳栓は使える?安心してカラオケデビューするには?

「赤ちゃん連れでカラオケに行く時、やっぱりどうしても音が気になる・・・。けどカラオケには行きたい(><)」という場合は、赤ちゃんに防音処置をするしかありません。

私個人的には、「そこまでして行かなくても。。。」という思いもありますが(^^;

そのような場合、大人であれば「耳栓」を使うと思いますが、子供用はあまり販売されていません。

あったとしても、耳に異物をいれることを嫌がる赤ちゃんは多いです。

そんな時は、“イヤーマフ”を使いましょう。

「イヤーマフ」とは、ヘッドフォンタイプの防音保護具で、子供用のタイプも色々販売されています。

見た目はヘッドフォンですが、外界の音が小さく聞こえるようになる防音保護具で、射的場やヘリコプターの操縦士などが使っているものになります。

これを使えば、外界の音を6割程度におさえることが出来ますよ。

なのでカラオケに行った際に、寝ている赤ちゃんに着けてあげれば、大きな音を気にすることなく一緒にカラオケに行けますね!

でも、いくらイヤーマフをつけているからといって、あまりに大音量にしては意味がありません。

「小さめな音で短時間」という所は忘れずにいてくださいね!

赤ちゃんのカラオケデビューはいつから?のまとめ

赤ちゃんのカラオケデビューはいつから?ということについて見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

カラオケは、個室で防音完璧で、飲み物や食べ物もありますので、実は子連れで行くにはとても行きやすい場所です。

私も、主人が留守で1人で3人の子供達と週末を過ごす時は、たまにカラオケを利用しています。

ただ、ずっと歌い続けるわけではなく、

  • お昼ご飯を食べて
  • 気が向いたら子供の歌を歌って
  • 飽きたらおしゃべりをしたり
と、まわりに気兼ねなく子供と過ごせるスペースとして利用しています(^^)

カラオケは上手に使えばとっても便利で楽しい場所です。

赤ちゃんの負担にならない程度に、是非ママも楽しんで過ごして下さいね(#^^#)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント